派遣体験記

【パソナ主催】地域人材育成事業の選考会へいってみた

2019年8月4日

最速一日で仕事を退職してしまった件についてから翌日。「と、とにかく仕事しなきゃ・・・!」と思い立ち、とりあえず求人雑誌を片っ端からチェックします。

当サイトは派遣業界に関する情報発信サイトですが、もう派遣とか雇用形態に拘らないでとにかく仕事しないと生活が破たんします。もう崖っぷちです(((゜Д゜;)))。

そんな時に目に止まったのが、表題にある「地域企業共同人材育成事業」という求人です。これは一体何なんでしょう?

ググってみると、こちらの→地域企業共同人材育成事業に色々と説明がありました。なにやら小難しい内容がいっぱいありますが、要するに市からパソナへ業務委託した「職業訓練」のような感じだと思われます。ビジネスマナーや技能習得の為に実施される座学研修から企業で直接働く実務研修までカリキュラムに組み込まれ、研修期間においては賃金も発生します。

応募資格を見ると「求職者(被災者も含)」とだけ書かれているので、意を決して電話してみました。

電話で話してみると、当日の必要な持ち物(履歴書と職務経歴書)の確認と、現在求職中であることの口頭確認がありました。そして、当日は20分程度の面接が行われるそうです。希望の選考会日付を伝えてアポをとって電話を切りました。

そして選考会当日。スーツにて会場へと赴きます。

時間ギリギリに会場へ到着し、中へと入ると研修室の様なブースへと通されました。そこで、今回の育成カリキュラムについての説明を一通り受けます。その説明とは、以下の内容でした。

まず、めでたくこの育成カリキュラムの選考に合格すると、入社式を経てパソナの派遣社員として2ヶ月間の社内研修を受けます。座学研修でビジネスマナーの基礎やプレゼンなどが授業内容になるそうです。そして、2ヶ月間の内1ヶ月を経過した頃には研修後働くこととなる企業さんとの「マッチング会」なるものが行われ、そこで企業説明や自分を売り込むチャンス(貴社で仕事したい!とアピールするということですね)があるようです。

そこで双方の合意を得たら、残りの5ヶ月間の研修は企業で直接受けることになります。実際に企業で働きながら、仕事に必要な技能を習得するといった期間が設けられます。ここから雇用形態は紹介予定派遣となり、賃金もアップします。

合計7ヶ月間の研修期間となり、この間にルールとして守ってほしいこととして以下の3点の説明を受けました。

  • 体調不良や事故などの明確な理由がない限り休まないこと
  • 研修中に他の派遣スタッフに「宗教」への勧誘を禁止
  • 研修期間はとにかく最後までやり抜くこと

研修は最後までやり抜けたとして、一体どんな企業で働くことが出来るのかが僕らの知りたいところでありポイントなのですが、企業名はさすがに教えてもらえませんでした(。-∀-)。

ただし、僕が以前色んなことがあった事務系求人(※関連ページ→派遣先で9日目にしてクビです)は、昨年度の実績においては5割程度あったそうなので、もし機会があったらもう一度挑戦してみたいものです。男性で事務系求人となるとほぼ需要はないでしょうけど・・・。

昨年度は、平均で一人当たり3件程度の求人から選べたということなので、まずまずなのではないでしょうか?

一通り育成カリキュラムの概要について説明を受けたら、後は一人づつ別室へ通されて面接が始まります。僕が行った選考会では僕を含め4名しかいなかったので、すぐに僕の番がやってきました。

「きばっても結果は変わんない」とある意味最近悟りを拓けている為、面接では全くと言っていいほど緊張しません(・∀・)。要するに開き直りです。頑張っても、今までのキャリアや持っている能力は変わらないですから、素で質問に答えればいーやと今では考えます。

面接では男性×2名と女性×1名の計3名での面接でした。質問された内容は、覚えている限りで以下の内容でした。

  1. 今回の育成カリキュラムに応募した動機は?
  2. 座右の銘は?
  3. 趣味は?
  4. パソコンのスキルはあるか?
  5. 希望しない職種はあるか?
  6. 希望月収はいくらか?

まー最初の応募動機でしょうね。一番の審査基準は・・・。後は年齢や経歴で判断されるんだと思われます。

応募動機への返答は、まず僕は正直に派遣先で9日目にしてクビですで綴った内容を全てお話しました。「その経験から、これから働くときは就業先でしっかりと研修期間などで学べる環境で仕事がしたいと思い、今回ご応募致しました。」という感じに伝えました。

さて、この応募動機が審査にどう影響するのか・・・?約10日後に合否の連絡が来るそうなので、結果がわかるまでとりあえず日雇いのバイトでも始めようと思います。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区


!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

転職・キャリアランキング

-派遣体験記

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.