派遣の人間関係

やりたい仕事がない・・・という人は派遣で繋ぐのもアリ

2019年8月2日

自分の親や周りの友人には黙っていたけど実はやりたい仕事がないという人は結構いるのではと思っています。

しかしそれでも、働かなければ人は生きていけませんし、「やりたい仕事がない」=「仕事は何でも良い」ということにはなりません。誰だってなるべく自分に合った仕事を見つけたいですよね。

僕自身派遣でダラダラと数年間働いてきましたが、きちんと目的意識を持って派遣を利用している人は成功出来ると思っています。仮に、今やりたいことがないとしても、派遣の仕事を通じて方向性がガチっと定まったり目標が出来ることはあります。

複数の仕事を経験するには派遣が便利

やりたい仕事がないのなら、まずは色んな仕事を経験してみて、それから自分の進む道を決めるのは悪くないやり方です。

と・・・このように言うと「派遣は即戦力だから」「世間のイメージが悪いから」と否定的な意見を言う人は多いです。

そういった批判を言う人の中で派遣スタッフとしての経験がある人がどれだけいるのか知りませんが、真剣に探せば自分の身の丈に合った仕事というのは見つかります。

平成23年度に日本人材派遣協会から公表されたアンケート結果によると、「今まで働いたことのある派遣就業先は何社あるか」という質問に対して、「2~3社」と回答した派遣スタッフの割合が42.5%と最も多かったそうです。

出典:
https://www.jassa.jp/employee/enquete.html

良い悪いは別として、派遣スタッフとして働くとこのようにたくさんの就業先を渡り歩く環境になることが多いです。

僕自身、特別優秀な人材というわけではありませんが、約2~3年の期間内でラウンダー業務や製造業・家電販売員など、様々な仕事を経験してきました。その経験から言えることは、知らない業界や職種を経験するということは、新たな気づきがありますし、価値観が広がるメリットはあります。

社会に出て考え方や価値観が変わるタイミングとして、人との出会いというのがあると思います。派遣で色んな職場で働くと、これまで会ったこともないような人との出会いや付き合いが生まれるので、そういった意味では一社に勤める正規雇用者よりは恵まれていると感じます。

僕の場合、別に「色んな仕事がしたい」と思ってそうなったわけではないですが、周りの職歴を見ていても色んな経験をしてきている派遣スタッフは多いです。

派遣で働くよりも無職期間を過ごす方がマイナス

「やりたい仕事がない」からといって、アクションも何もなくただ無為な日々を過ごしていると社会復帰の時に必ずマイナスとなります。

僕も約1年の無職期間を経験しています。何もせずダラダラと過ごす時間はあっという間ですし、休むほど行動を起こすのにパワーが必要となります(※なのに、休むほどパワーは出ません(^ ^;)。

派遣では紹介予定派遣を利用したキャリアアップの道もありますし、働くことで見えてくるものは多いです。何か目的があって仕事をしないならともかく(※病気を治す為の療養期間など)、心身共に健康ならやりたいようにやれば良いと思います。

派遣のデメリットもきちんと理解する

派遣のデメリット

派遣は色んな体験が出来ますし、プライベートとしっかり分けて働けるのが魅力ですが、雇用の安定度という面から見ればあまり良い環境とは言えません。派遣は不安定だと言われる原因として、離職期間の問題が挙げられます。

平成24年度に1万人の派遣スタッフを対象として集計されたアンケート結果によると、「現在の人材派遣業界に必要なことは?」という設問に対して最も多かった答えが切れ目なく仕事を紹介し続けられること(51.9%)だったそうです。

派遣は有期雇用契約で働くことになります。契約が切れると、次の仕事を探さなければならなくなりますが、都合良く見つかることは稀です。派遣スタッフが仕事をしていない期間を待機期間といいますが、この期間中の派遣会社からの給与保証などはありません(※一定の条件を満たせば失業手当を受給出来る可能性があります)。

待機期間中は転職活動をしようが無職で過ごそうが個人の自由です。しかし、安定度でいうと働いておらず収入がゼロなわけですから、低いということになります。

不安定と言われるもう一つの理由として、「派遣切り」の問題です。一時期には住む場所も仕事も失った派遣スタッフが社会問題にまで発展した経緯もあり、ここに不安を感じる派遣未経験者は多いと思います。

しかし派遣業界全般でいうと、過去と比較して今は規制や法整備が強化されてきています。よって、コンプライアンスや福利厚生面の制度がしっかり整っている大手派遣会社を利用して働いていれば、酷い環境で働かされるということはまずないといって良いでしょう。

ただ、それでもなお、現代でも派遣切りというのは起こり得ることです。

それは何故かといえば、大義名分として派遣は「即戦力」として雇われているからです。派遣先の求める戦力に満たないと評価されれば、契約更新されずに仕事を失う危険は常に伴います。

僕自身、未経験から事務業務をやった経験がありますが、途中で戦力外と見なされてしまった苦い経験があります。

関連ページはこちら ↓

これは、派遣先の業績によっても左右されます。業績が悪ければ経費削減を考えるのは当然の流れですし、人件費に注目した時に真っ先に切られる対象となるのが派遣であることを忘れてはなりません。

まとめ

これまで、色んなジャンルに挑戦するなら派遣という環境が適しているということと、それに伴うデメリットについて説明してきました。

もしかしたら、やりたい仕事を見つけるのは派遣ではなく何となく始めたバイト先かもしれませんし、どこで自分の人生が変わるかは分かりません。ただ大切なことは、何を始めるにしても期限をきちんと決めておくことだと思っています。

人間というのは、期限がないと本来の本気の力を発揮できません。せっかく新しいことにチャレンジするのに明日に余力を残してしまっていては良い結果にはならないと思います。

最後に、とても共感したサイトの記事をここでご紹介します。

「常に目の前の仕事にベストを尽くす」これは、その通りだと思います。目の前にある仕事に向き合えない人は、何をやってもダメです。期限を決めて、やるべきことに積極的に取り組む・・・これが出来る人は、派遣というシステムであっても有効に利用していける人だと思っています。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.テンプスタッフ

テンプスタッフオンライン登録手続き

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.アデコ

アデコ

アデコは、スイスに本社のある総合人材サービス企業で、日本でも活動している外資系派遣会社です。

アデコの求人は、紹介予定派遣を利用した人材紹介サービスが強く、外資企業で語学力を活かしたお仕事や、人気の事務職など幅広く対応しています。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

第3位.パソナ

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

第4位.スタッフサービス

オー人事スタッフサービス

「オー人事」のCMで有名なスタッフサービスは、派遣で人気のオフィス系求人に強い大手派遣会社です。

スタッフサービスは、47都道府県すべてに対応可能なので、利用しやすい派遣会社と言えます。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

第5位.マンパワーグループ

マンパワーグループ

「マンパワーグループ」は、日本で最初に設立された大手人材派遣会社グループです。

マンパワーグループでは、創業から50年以上の長い歴史の中で培ってきた、各地域の優良企業とのパイプが多数作り上げられているのが大きな長所です。
マンパワーグループに登録すれば、他社より有利に求人探しを進めることができます。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


6位.ランスタッド
ランスタッドは、世界規模で実績のある大手です。
主にオフィス系と製造系の求人を取り扱っており、単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい特徴があります。

7位.テクノサービス
テクノサービスは、スタッフサービスグループ内で工場・製造系求人に特化した大手人材派遣会社です。

未経験でも働ける求人を数多く取り扱っている特徴があります。

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-派遣の人間関係

Copyright© 派遣タカラ島 , 2020 All Rights Reserved.