常用型派遣とは

スタッフサービスエンジニアガイドの登録利用体験談【大阪府在住40代男性H.Hさん】

2019年8月2日

ここでは、人材派遣会社スタッフサービスエンジニアガイドへ登録された、大阪府40代男性の体験談をシェアします。
今後、エンジニア関係の就職・転職をご検討されている方のご参考になれば幸いです。

スタッフサービスエンジニアガイドとの出会い

今までは、世間一般に大企業とよばれる製造メーカーで機械設計エンジニアの仕事をしていました。
もっと多様な技術を手にしたいと言う思いがあり、転職活動を行いました。

これまでやっていた仕事は、機械設計の中でも役割分担があり、外装と中身は別の人が設計していました。
中身の人は中身ばかりで、外装の人は外装ばかり。習得技術に偏りがありました。
多様な技術というのは、製品全体(外装も中身も)設計する技術という意図です。

転職活動中に出会ったのが、スタッフサービスエンジニアガイドです。

公式サイトを見てみる⤵

スタッフサービスエンジニアガイドに出会ったきっかけは、数ヶ月の転職活動の間、無収入になるのは困るので、インターネットの求人サイトで機械設計のお仕事を探していたところ、良いなと思った求人広告を見つけたときでした。

スタッフサービスエンジニアガイド登録の流れ

スタッフサービスエンジニアガイドの登録は、電話で求人広告の内容と、名前・住所・年齢・前職に関する簡単な個人情報を伝えました。

電話で話した翌日には、「詳細の打ち合わせをしましょう」と連絡をいただき、日程調整の上、スタッフサービスエンジニアガイドの担当者と面談になりました。

面談を受ける際には、履歴書と職務経歴書が必要でした。

喫茶店でコーヒーを飲みながら、僕が希望している仕事や、保有スキルについて色々質問を受けました。
特に難しい質問はなく、事前に用意しておく必要もありませんでした。

職務経歴書については、少し冗長だったところもあり、一部添削を行い、面談は完了となりました。

常用型派遣求人へ申し込むことに

私が申込時にみた広告は、スタッフサービスエンジニアガイドの一員となって派遣される常用型派遣ではなく、一般派遣の仕事でした。

僕自身は、次の転職先を決めるまでのつなぎとして考えていたので、一般派遣でいいと思っていましたが、面談後に、「もっといい条件の仕事がある」とお話を伺いました。

このとき紹介されたのが、スタッフサービスエンジニアガイドに入社して出向する常用型派遣でした。

本当は、様々な企業に行って、これまでに経験したことがないような技術的な仕事を色々してみたかったので、短期間で仕事場が変わるのが理想でしたが、給与や条件の差に負けて承諾してしまいました。

スタッフサービスエンジニアガイドへ入社

無事に、スタッフサービスエンジニアガイドへ入社が決まりました。

特にイベントがあったという訳ではなりませんが、辞令をもらって1週間は、出向先で使うCADの練習や、残業の考え方などを社内のチームに加わって色々教えてもらいました。

社内の研修期間に、派遣先の企業へ面談にもいきました。
担当してくださった方が主導してくれたので、非常に楽でした。

面談の内容としては、職務経歴を中心とした自己紹介のあとは、ほとんど雑談に近いような話でした。
期待されているのが、これまでに経験した量産でのコストダウンや新しい技術を取り入れる姿勢・方法ということを明確に伝えてもらえたのも良かったです。

就業条件について

出向先企業との面談当日に、就業することが本格的に決まりました。
その後、残業や休日、給与条件など、詳細な就業条件を確認して、まずは3ヶ月就業で、半年更新の予定となりました。

通常は研修ランクからスタートするそうですが、企業が気に入ってくれたことと、これまでの設計実績が豊富だったことをかっていただき、3ランク上でのスタートになりました。

スタッフサービスエンジニアガイドのランクについて:
https://www.staffservice-engineering.jp/about/system.html

常用型派遣としての仕事は物足りなく

最初は、ざっくりとCADの使い方や企業独自の作業内容に関する説明を受けて、早速実戦に入りました。

正直にいって、思っていたよりも簡単で、ほとんどの日が定時前に仕事が終わっている状態でした。
数日はそのような状態が続いたので、スタッフサービスエンジニアガイドを通じて、「もう少し負荷を増やしてもらってもいい」と伝えてもらいました。

スタッフサービスエンジニアガイドの対応は早く、2週目からはあきらかに仕事内容が変わり、設計補助というよりは設計そのものを任せてもらえるようになりました。

9ヶ月で正社員に

3ヶ月後の更新時に正社員への登用について相談をうけましたが、転職活動を平行して行っていたこともあり、派遣として働くことを継続することになりました。

契約更新して半年は、企業の社員さんにまざって、設計を行ったり、設計内容をレビューしたり、これは派遣がする仕事か?と思うような内容の仕事をするようになりました。

次の更新(入社後9ヶ月)時には、再び正社員の登用要請をうけました。この時は、すでに9ヶ月の実績があったのが良かったと思いますが、正社員としてもかなり高待遇でのオファーをうけました。

スタッフサービスエンジニアガイドの担当の方とも相談した結果、正社員として就業することにしました。

スタッフサービスエンジニアガイドは派遣だけでなく、転職エージェントも行っているため、僕が派遣をやめて正社員になっても通常の派遣会社とは異なり、企業から人材紹介料をもらえるということで、快く送り出してもらえました。

スタッフサービスエンジニアガイドでは、研修で1週間ほどしか働いていませんでしたが、雰囲気も良いし、高待遇にしてもらったり、企業と待遇調整をしてくれたりと、非常に好印象を持ちました。

わたしは今も、紹介してもらった企業で働き続けています。

大阪在住のHさんが利用した派遣会社はこちら⤵

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

第4位.スタッフサービス

スタッフサービス オー人事ネット

「オー人事」のCMで有名なスタッフサービスは、派遣で人気のオフィス系求人に強い大手派遣会社です。

スタッフサービスは、47都道府県すべてに対応可能なので、利用しやすい派遣会社と言えます。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

第5位.マンパワーグループ

「マンパワーグループ」は、日本で最初に設立された大手人材派遣会社グループです。

マンパワーグループでは、創業から50年以上の長い歴史の中で培ってきた、各地域の優良企業とのパイプが多数作り上げられているのが大きな長所です。
マンパワーグループに登録すれば、他社より有利に求人探しを進めることができます。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


6位.ランスタッド
ランスタッドは、世界規模で実績のある大手です。
主にオフィス系と製造系の求人を取り扱っており、単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい特徴があります。

7位.テクノサービス
テクノサービスは、スタッフサービスグループの派遣会社です。
仕事内容は、おもに「製造」「軽作業」などの工場系の紹介を得意としており、派遣就業未経験者でも働ける求人が豊富です。

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-常用型派遣とは

Copyright© 派遣タカラ島 , 2020 All Rights Reserved.