ハケンの品格

ハケンの品格第3話「社員の友情 ハケンの仁義」あらすじ・ネタバレ・感想

2020年3月18日

ここでは、2007年に放送された「ハケンの品格」第3話のネタバレ含むあらすじを解説します。

ハケンの品格第3話「社員の友情 ハケンの仁義」あらすじ・ネタバレ

会議の中で、水産部が提案する国産マグロ買い付けを聞いた東海林は、販売は自分たちがやると宣言します。

森に来たメールを勝手に変身する大前出典:ハケンの品格

会議室にお茶を持って行った森 美雪(加藤あい)は、誤って男性社員にこぼしてしまいました。
オフィスに戻った森は失敗して落ち込みますが、彼女を気に入った数名の男性社員が、森宛にメールを送ります。

しかし、ナンパ目的のメールは大前のパソコンに送られてきたため、森のふりをして勝手に返事を送ってしまうのでした。

女性派遣グループに入れてもらえない森は、一人でランチに行けず困っていると、同じように女性一人でいる黒岩の姿を見つけて声を掛けました。
一瞬、笑顔を見せる黒岩ですが、そんなヒマはないと断られてしまいます。

その後、森は里中 賢介(小泉孝太郎)に誘われて社食へ行くことになりました。
里中と仲良さそうにしている様子を見た女性派遣グループの一人は、里中を狙っていたため、嫉妬します。

マグロ解体ショーの会議出典:ハケンの品格

再び、水産部と国産マグロの会議が始まると、小笠原 繁(小松政夫)が孫を連れて観に行ったマグロ解体ショーをやっていたツネさんの話をしました。
マグロの神様といわれるツネさんの話を聞いた東海林は、前回売り場を確保した緑川店長のデパート売場でマグロ解体ショーをすると宣言します。

その後、森を仲間に入れることにした女性派遣グループ。
合コン強化月間などと言って誘われた森は、ついていった店でツネさんを偶然見かけます。

打ち合わせをする東海林とツネさん出典:ハケンの品格

ツネさんがいる店に向かった東海林は、勧誘に成功し、何とか一日だけ時間を空けてもらえることになりました。
会社にツネさんを連れてくると、大前と顔見知りのようで、二人はあいさつを交わします。

東海林は前回大前と一緒に行った取引先へ、マグロ解体ショーの打ち合わせに行きました。
店長の緑川から、当日大前が来ないことに不安な態度を見せます。

東海林は、自分がメインで仕事を進めているにも関わらず、ツネさんも緑川店長からも、大前ばかりをもてはやす状況を面白くないと思っていました。
桐島部長に飲みに連れてこられたときに、東海林は自分たちを家族だと思ってもらえて嬉しかったこと、派遣はワガママで一緒に仕事をしたくないとグチをこぼします。

森から連絡を受けた浅野 務(勝地涼)は、里中へツネさんがいると連絡を入れました。
東海林と里中は、急いで店に行くと、見事交渉に成功します。

森は、女性派遣グループと再びランチに行こうとしますが、2,000円コースのお店に誘われて迷います。
大前に相談すると、そんなのは本当の友達じゃないと突き放されてしまいました。

東海林は、ツネさんと築地でマグロを仕入れるキロ数のことで口論になり、立ち去ろうとしたときに事故に遭い右腕を骨折してしまいます。

車内で孤立する東海林出典:ハケンの品格

東海林は、会社にツネさんの事故と、マグロ解体ショーの代役を探すと桐島部長へ報告しました。
広告も打ち後には引けず、代役なんて無理だと言われた東海林は、社内で孤立してしまいます。

飲食店や築地を回るも、ツネさんの代役が見つからず、途方に暮れる東海林と里中。
東海林は、夜のオフィスで一人、退職願を書いて覚悟を決めていました。

里中は、大前の元へ向かうと、マグロ解体ショーが中止になったことを告げました。
デパートに謝罪へ一緒に行って欲しいと頼みます。

小泉孝太郎出典:ハケンの品格

しかし、大前はいつもの調子できっぱりと断ります。
里中は、感情を前面に出し、初めて声を荒げ、大前に訴えました。

里中が帰った後、部屋で考え込む大前。
そのとき、大前の携帯にツネさんから電話が入りました。

デパートのマグロ解体ショーのステージでは、たくさんの客が集まっていました。
東海林を始め、里中らは謝罪を始めます。

そこへ、大前がハッピと大きな包丁を持って現れます。

大前の活躍により、マグロ解体ショーは大成功に終わりました。

東海林がツネさんの元へ謝罪に向かうと、そこには大前がいました。
大前は、ツネさんの道具を借りてマグロ解体ショーへ出ていたのです。

出社した大前に、好きなだけ手当を付けると言う桐島部長でしたが、大前はあれはビジネスではないから、手当はいらないと断ります。

翌日、森は女性派遣グループの前へいくと、2,000円のランチは高くて行けないとはっきり断りました。
大前の姿を見た森は、自分の意思をしっかり伝えることにしたのです。

夕方、仕事が終わり、バス停でベンチに座る大前のところに東海林が来ると、これまでの非を詫びました。
大前が特別手当を断ったと聞いた東海林は、自分のためにやってくれたと勘違いしている様子です。

東海林は立ち去ろうとする大前を捕まえると、キスをしました。
その場に居合わせた里中は、立ち尽くします。

ハケンの品格第3話「社員の友情 ハケンの仁義」感想

一人ランチに苦しむ森 美雪(加藤あい)の気持ちがわかる女性は多そうですね。
女性はどこでも派閥を作りたがる生きものなので、グループがいると無下に断ることもできません。

このドラマを見て、派遣は2000円ランチが食べれるのかと勘違いした方はどれくらいいたのでしょうか…。
ずっと高時給で働ける保証はないですし、お盆やゴールデンウイーク、正月といった長期休暇に入ると、収入が激減するため、現実はこんなゼイタクまずできないです。

第3話の終盤では、ケガをしたツネさんの穴を埋めるために大前が無給でフォローするシーンがありましたが、派遣同士でこれほど仲間意識を強く持つことは珍しいです。

「ハケンの品格」キャスト

大前春子(篠原涼子)

大前春子

大前春子(篠原涼子)は、大手総合食品会社S&Fに派遣された特Aランクスーパー派遣です。

大型自動二輪車免許から核燃料取扱主任者など、様々な資格を保有しており、速読術やスカイダイビングなど、あらゆる分野に精通しています。

「~ですが、何か?」が口癖で、派遣はスキルが高く、社員は使えないと厳しい態度を見せます。

同時期に派遣された森美雪(加藤あい)や、社員がピンチになると、持ち前のスキルでフォローをするなど、心優しい一面も見せてくれます。

昼食は必ず食べるこだわりがあり、定食屋を好んで選びます。

残業はしない主義で、定時ピッタリに退社しますが、自分の仕事にプライドを持っており、自分のミスで起こった問題は最後まで責任をもって対応します。

東海林 武(大泉洋)

大泉洋

東海林 武(大泉洋)は、大手総合食品会社S&Fで主任を勤める会社員です。

派遣はよそ者という意識が強く、事あるごとに大前と対立しますが、徐々に彼女の実力を認めはじめます。

森 美雪(加藤あい)

加藤あい

森は、大前と同時期に大手総合食品会社S&Fに派遣されてきた派遣スタッフです。

森は事務職未経験ながら、偶然欠員が出たタイミングで半ば強引に紹介してもらいました。
大前と出会ったことで社会人として成長していきます。

里中 賢介(小泉孝太郎)

小泉孝太郎

里中は、大手総合食品会社S&Fで主任を勤める会社員です。

新たなプロジェクトチームを任され、派遣されてきた大前に密かな想いを抱くようになります。

里中は温厚な性格ですが、正義感が強く信念を曲げない性格なため、上司の桐島部長からあまり高く評価されません。

同期の東海林とは仲が良く、親友関係にあります。

浅野 務(勝地涼)

浅野は、大手総合食品会社S&Fの入社1年目の新入社員です。

派遣としてやってきた森に好意を抱いており、彼女のミスを度々フォローする一面を見せます。

近 耕作(上地雄輔)

近は、大前が桐島部長へ社員よりスキルの高い派遣が欲しいと進言したことでやってきた派遣スタッフです。
パソコンスキルAランクの実力を持ち、派遣されてすぐに社内のセキュリティ問題に気づきます。

小笠原 繁(小松政夫)

桐島部長とは同期入社の小笠原は、嘱託社員として働いています。
若いころは営業マンとして活躍していましたが、IT化が加速するビジネスの現場についていけなくなってしまった過去があります。

大前が足繁く通う定食屋「ようじ屋」の常連であり、白米が大好き。

黒岩 匡子(板谷由夏)

東海林や里中と同期入社の社員である黒岩は、社内で一人だけ女性社員であることに孤独を感じている一面もあります。

黒岩は、森がいつも仕事で足を引っ張っている様子を見て、イヤミばかり浴びせますが、内心では同じ女性同士として仲良くしたいと思っています。

大前にも同じように敵対視する黒岩ですが、彼女の実力を認め始めると、徐々に意気投合するようになります。

永井
話は逸れますが、板谷由夏はドラマ「ハケン占い師アタル」では会社では上司、家庭では母親の環境に奮闘する女性社員役を演じています。

「ハケンの品格」とは真逆で、おどおどしながら周りの顔色を伺っているようなキャラで、とても演技力のある俳優さんだなと思います。

桐島 敏郎(松方弘樹)

桐島は、周りから慕われており、同期の嘱託社員である小笠原を気にかけるなど心優しい性格の上司です。

桐島は、かつて総務部で活躍していた大前の実力を買ってマーケティング課に呼んだ張本人であり、派遣スタッフのスキルの高さや人件費削減の観点から、派遣を利用するのは有効だと考えています。

一ツ木 慎也(安田顕)

一ツ木は、大前や森が登録している派遣会社の責任者です。

いつも派遣先の大手総合食品会社S&Fや就業スタッフへのフォローに奔走しており、物腰が柔らかく面倒見が良い性格をしています。

天谷 眉子(白川由美)

天谷は、大前が居候をしているお店「カンタンテ」を運営しています。
大前の母親とは親友の間柄です。

天谷は、店に来た森を見て、昔の大前の姿と重ね合わせており、気に入っている様子を見せます。

天谷 リュート(城田優)

天谷リュートは、眉子の息子であり、「カンタンテ」ではギタリストとダンスを担当しています。

リュートは、眉子同様に大前の数少ない理解者の一人です。

最新情報はコチラ

2020年6月17日(水)続編放送決定!「ハケンの品格2」の情報はこちら➡ 続編 ハケンの品格2

オー人事スタッフサービス

スタッフサービス オー人事ネット

「オー人事」のCM広告でお馴染みのスタッフサービスは、国内トップクラスのオフィス系求人を掲載している大手優良派遣会社です。
日本全国に拠点があるため、誰でも利用しやすい利点があります。

スタッフサービスは、派遣業界トップクラスの営業力があるため、登録から仕事紹介までのスピードが早く、未経験者から実務経験者まで幅広いユーザーから支持を集めています。


パソナ

パソナ

パソナは、月刊ビジネス主催の派遣スタッフ満足度調査で、「所属している派遣会社を友人に勧めたい」7回連続で1位を受賞した実績があります。

就業中のサポートはもちろん、キャリアカウンセリングや研修・セミナーによるスキルアップ環境が整っているため、「また働きたい」と思える大手の優良派遣会社としてその地位を確立しています。


アデコ

アデコ

アデコは、「月刊人材ビジネス」が実施した第27回派遣スタッフ満足度調査(2017年5月号)において、なんと6つの部門でナンバー1を獲得しました。
また、口コミ率ランキングにおいては、第26回に続いて2回連続で第一位に輝いています。

求人はオフィス系、IT・エンジニア系などの職種に強く、直接雇用が見込める紹介予定派遣の紹介実績が高いため、派遣からキャリアアップを希望する方におすすめしたい大手優良派遣会社といえます。


エリア別おすすめ派遣会社ランキング

関東 東京派遣 | 神奈川派遣 | 埼玉派遣 | 千葉派遣 | 茨城派遣 | 栃木派遣 | 群馬派遣 | 山梨派遣

近畿 大阪派遣 | 兵庫派遣 | 京都派遣 | 滋賀派遣 | 奈良派遣 | 和歌山派遣

東海 愛知派遣 | 静岡派遣 | 岐阜派遣 | 三重派遣

信越・北陸 長野派遣 | 福井派遣 | 石川派遣 | 富山派遣 | 新潟派遣

九州・沖縄 福岡派遣 | 佐賀派遣 | 長崎派遣 | 熊本派遣 | 大分派遣 | 宮崎派遣 | 鹿児島派遣 | 沖縄派遣

北海道・東北 北海道派遣 | 青森派遣 | 岩手派遣 | 秋田派遣 | 宮城派遣 | 山形派遣 | 福島派遣

中国・四国 鳥取派遣 | 島根派遣 | 岡山派遣 | 広島派遣 | 山口派遣 | 高知派遣 | 愛媛派遣 | 香川派遣 | 徳島派遣

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村

-ハケンの品格

© 2020 派遣タカラ島