主婦派遣

パートでノルマを達成できない

2019年8月2日

パートであるにもかかわらず、会社から無茶なノルマを課せられて苦しんでいる人向けの記事です。

結論からいうと、パートのお仕事に固執する理由がないなら、派遣で働くことをオススメします。

ここでは、ノルマに苦しむ主婦層に、派遣をオススメする理由をお伝えします。

ノルマと目標の違いを確認する

パートでノルマを課せられるのは、ネットで調べてみると主にスーパーやコンビニなどの販売職に多いようです。

ここでは、ノルマを達成できないことに対して自分を卑下したり周りへの迷惑を気にしてしまう気持ちは無視します。

ノルマを達成できない自分を責める前に、会社として「ノルマ」と「目標」をどう捉えているのかを知っておかなければいけません。

私も正社員として働いていた経験があるので分かりますが、会社がバイトやパートに数値目標を設定するのは、そこに向かって自律的・意欲的に行動して欲しいからです。

仕事として日々目標数値を追いかけていると、その目標達成の責任を負う社員のプレッシャーもありますし、達成できていないと職場に緊張感も走ります。

パートやアルバイトも、自分に数値責任を負わされるのはおかしいと思いながらも、愛社精神や責任感から自分が頑張って会社の業績を上げたいという純粋な気持ちも持っています。

よって、最初は目標としてあっただけなのに、それがノルマにすり変わるという現象は往々にしてあると思っています。
例えば、個人の売上目標を達成できないパートが早出残業するといった行為です。

ノルマとは、ロシア語が語源で「強制的にやらなければいけないもの」という意味だそうです。

まとめると、目標とノルマの違いはこういうことです。

  • 目標…会社が従業員を自律的・意欲的に行動させる為に設定する数値
  • ノルマ…会社として達成しなければならない売上数値の責任を従業員に課す行為

目標達成するとノルマ達成にはない充実感を味わうことが出来るという意見もありますが、それは自発的に目標設定をした人だけです。
会社が立てた目標を達成しても、充実感はありません。

営業マン前田
仕事を円滑に進める為に計画的に目標を立てて進めることはどの職種においても存在します。

まず、仕事を始める前にそのような目標があるのかどうかを確認しておくことが重要です。

企業と応募者のトラブルで多い事項の1つとして「こんな仕事、こんな目標、聞いてない」ケースです。
双方で契約前にしっかりと確認を行う必要があります。

ノルマから逃れる為には

そもそも、従業員にノルマを課して自腹で補填させる行為は、労働基準法において完全な違法行為です。

それにも関わらず、自腹を切ってでもノルマ達成に向けて頑張る人がいるのは、退職したら次の仕事が見つからないという不安や、頑張っている周りの従業員に対する劣等感などが理由だと思います。

ノルマから逃れて働くためには、採用される前にノルマの有無を確認するしか方法はありません。

先ほども述べたように、数値目標のない会社はありません。
よって、目標達成の為に社内で取り組んでいること(※例えば個人目標の設定や個人毎の売り上げデータグラフの貼り出し等)は必ずあるはずなので、これを雇用契約前に確認します。職場見学があるとベターですね。

補足

ただ、個人的には、目標と称してノルマのように責任を個人に転嫁させるやり方を選ぶ、会社の考えも分からないではないです。

なぜなら、同じ時給金額で働くパート・アルバイト間であまりにも売上成績に差が開いていると、頑張っている方としては「こんなに売っているのに同じ時給」であることを不満に感じるのは間違いないからです。

残念ですが、ノルマのある会社へ入ってしまったら、目標達成に向けたアクションには参加せざるを得ません。
ノルマという責任転換をされたくなければ、最初に確認することと、ブラック企業だと判断したら入社を拒否するしかありません。

そして、すでにノルマのあるブラック企業のパートとして入社してしまった人は、大変ですが次の仕事探しをしなければ、ノルマの悩みはずっと解決できません。

営業マン前田
最近は企業担当者も「うちはノルマはありません!(小さい声で)仕事をする上で目標はありますが…」的なズルイ表現もありますので細かく全てを確認出来るとは限りませんが、
少なくとも仕事の話を聞いている中で「怪しいな」「どうなんだろう」と疑問がある場合は、しつこく質問をしてください。

また、回答に納得いかない場合は思い切って他の仕事を探すという選択も検討された方が良いと思います。不安な予感とは意外と当たるものです。

事前に予測できるトラブルを避ける

当サイトでは派遣社員という働き方を推奨しています。
派遣で働くなら、このようなノルマ問題を回避できる可能性は高いです。

なぜなら、派遣の業務内容は(※派遣先の環境にもよりますが)単純明快に文書化されているからです。

派遣で働く場合、就業条件明示書という文書において、

「就業曜日」
「就業時間」
「業務内容」
「派遣先責任者」
「派遣先業務指示者」
「派遣元責任者」
「時給額」
「時間外時給額」
「社会保険加入の有無」

など、派遣会社によってフォーマットは結構違いますが、とにかく細かい取り決めがなされます。

パートタイム労働法にも罰金制はありますが、派遣法は違反すると更に重いペナルティが課せられることから、派遣元と派遣先双方は、基本的に派遣社員の就業から期間満了までの対応は慎重であり丁寧です。

文書にない業務内容であったり、就業時間が違うとなったら大問題となりますし、派遣元へ相談をすれば必ず対応してくれるはずです。

期間満了と共に、契約更新がなければ次の仕事を探さなければならないデメリットはありますが、少なくともパートにノルマを課すようなブラック企業に当たる可能性は低くなります。
ただし、その可能性を低くできるかどうかは、その派遣会社の力量に左右されるので、派遣会社の選び方も重要です。

ちなみに私も派遣は長いですが、結構小さなトラブル経験を重ねてきました。
下記に内容をまとめていますので、ご参考までに。

資料にうんざりする女性
主婦パートのネックはサービス残業

今や、ブラックバイトなどという用語が流行っています。 これと同義語で、パートで働く主婦が残業を強いられる職場をブラックパートなどと呼ぶそうです。 違法なサービス残業など、黙って我慢している主婦パートは ...

続きを見る

営業マン前田
社員、パートやアルバイトと異なり派遣では自分が気が付かない点も営業マンやコーディネーターが質問をしてくれます。
また、派遣スタッフが多く働いている派遣先ならば、仕事内容や職場環境はある程度把握が可能ですからノルマのような問題に悩まされる可能性は極めて低くなります。
そういう観点からすると派遣はリスクが少ないと言えるのではないでしょうか。

子育て主婦におすすめしたい!派遣情報はこちら➡ 派遣主婦

-主婦派遣

Copyright© 派遣タカラ島 , 2020 All Rights Reserved.