派遣で働く

仕事が決まらず不安で夜も眠れない人へ

2019年8月2日

頑張っても仕事探しがうまくいかず、そんな自分を責め続けた結果、夜眠れなくなるといった症状が現れることがあります。こういった経験をされた方は、意外に多いのではないでしょうか。

僕自身、10数年の社会人生活の中で、色んな失敗や問題に直面しました。そこで、ここでは自分の経験も交えて、精神的に不安定になっている方にお伝えしたい「心を平穏に保つ考え方」について、シェアしようと思います。

実家暮らしは最強の節約術

「無職」とか「失業」などといった言葉とセットで良く耳にするフレーズが、「実家暮らしで親に甘えるのは恥」「親のすねかじりは自立を妨げる」です。

個人的には、この感覚が理解できません。親と同居することの何がいけないのでしょうか?

むしろ、超高齢化社会といわれる今の世の中で、自宅で親と助け合いながら生活を共にすることは素晴らしいと思います。最近では、結婚してマイホームを建てる場所を、あえて実家の近くにする方も増えていると聞きます。

僕は、世の中で唯一甘えたり弱い部分を見せても許される対象が親であったり家族だと考えています。特に、仕事のないツライ時期であれば「頼りたい」「甘えたい」と考えるのは、とても自然な思考です。

睡眠不足などの身体的異常が表に出てきたときには、経験上自分が感じている以上の負荷が心にかかっています。変に、「自立していない自分が恥ずかしい!」とか余計なプライドで自分を苦しめる行為は、誰のためにもならないと思います。
補足ですが、自分が弱っているタイミングで急に近づいてくる知人などにも注意が必要です。世の中には、人の心の弱みに付け込んで騙して利益を得ようとする悪魔のような人間がいます。
怒られるかもしれませんが、実家で暮らすということは本来負担するべき「家賃」「光熱費」「水道代」「ガス代」「食費」といった生活費全般を大きく節約することにもなります。もちろん、出費が少なくなったからと浪費グセをつけるのは好ましくありませんが・・・。

もし、睡眠不足の原因が、実家暮らしをしている自分への叱責が根源であれば、その間違いを正すこと。家族同士、親と共に生きることも一つの選択肢に過ぎません。堂々と毎日を過ごしましょう。

眠れない時期にやってはいけない解消法

仕事も見つからず、うまくいかない日々に不安を覚えてストレスがたまり、つい手を出したくなるのが以下の3つではないでしょうか。

  • たばこ
  • お酒
  • ギャンブル

ギャンブル依存の経験がない方は特に「?お金がないのに何でギャンブルにはまるの?」と疑問に思うでしょうが、貧乏であるほど勝ってお金が増えた時の快感が忘れられず、ますますのめりこんでいきます。

たばこやお酒も同様で、依存している人は「これがないとやっていけない」「止めたらますますストレスが溜まって体に悪い」などと思い込んでしまいます。お酒は寝酒程度なら良いと思いますが、すがる気持ちで体に入れても全くプラスの効果を生みません。

僕自身、過去にはギャンブル中毒、酒・たばこも中毒になっていた一人です。人は弱いですから、こういったものに頼り始めると際限がなくなってしまいますので、どこかで断ち切る決断をした方が良いです。

特に、寝れないからとアルコール量を増やすのは、余計に体の負担が増えるだけなので、おすすめできません。

(もちろん、違法・合法問わずクスリなどに手を出すのは以ての外です。)

どうにもならない領域で悩まない

ハローワークや派遣会社、転職エージェントなど、あらゆる手を使って一生懸命活動しても、仕事が決まらない時はあります。そういった時は、「やるべきことをやっているか?」と毎日自問自答してみて、「きちんとやれている!」と思うのならそれ以上悩まないことです。

(働かないのは甘え。仕事を選びすぎ。こういった周りの声があるかもしれませんが、すべて無視をしていれば良いです。これは、自分の人生の話です。)

仕事が決まるかどうかは、いくら自分がちゃんと活動していても、企業側からの「Yes」が頂けなければ、どうにもできません。そこで変に、「頑張りが足りないから・・・」「甘えがあるから・・・」などと、問題を自分にすり替えてしまうから、ややこしくなります。

仕事がないのに自分に自信を持つことは出来ませんが、かといって必要以上に卑下することは間違っています。

加えて言うなら、変に自分を責めて病気にでもなる方が、余程周りにとって迷惑です。今の自分の状況を受け入れること、堂々と生きていくことは、大人として誰もが背負う義務です。

まとめ

僕自身、たばこやお酒、ギャンブル中毒で失敗してきた人間です。借金も背負いました。親や周りにたくさんの迷惑をかけてきました。

その状況に耐えきれなくて、つい自分を責めてしまうんですよね。僕自身、「自分など世の中に必要のない人間なんじゃないか」と思ったことは何度もあります。

睡眠不足の状態ではメンタルも弱り、転職活動に支障が出るかもしれませんが、コツは明日以降のことを悩まないことです。まずは今日を頑張ってこそ、明日以降も動ける気力が沸いてくるものです。

上述したように、仕事応募の合否は企業が決めることです。学校の受験結果のように、勉強した成果を発揮できれば必ず合格できる保証などありません。気負いすぎず、日々の生活を大切にしていくことが大切です。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-派遣で働く

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.