派遣の人間関係

仕事に向いてないと感じるとき

2019年8月2日

仕事でミスをする、昇進できず同期に追い抜かれていく、就業先がなかなか決まらない・・・それぞれ色んなタイミングで「今の仕事は自分に向いていないんじゃ?」と悩んだ経験を持つ人は多いと思います。

特にアブないのは、入社して数年たった若年層の正社員でしょう。一通り色んな経験をしてきて、「本当にこの会社に一生を捧げて良いのか?」あるいは「数年経っても全然成長しないし評価されない」ことから適正がないと判断して、転職先を探す人もいるかもしれません。

人は仕事上色々なタイミングで自分に向いていない!と不安や不満を感じるものです。ここでは、「向いてない」と感じるタイミングに焦点を絞り、対策や考え方などを考察していこうと思います。

そもそも適職って何?

今の仕事が向いていない、とか悩む前に、自分にとって「適職」とは何なのか定義していなければ、仮に希望の会社や業界へ転職出来たとしても、また向いていないと悩むことになります。

適職っていうのは、「天職」とも表現されることもあります。エニアグラム診断や心理テストなど、外部の人間が判定するケースと、自分の経験などから個人の価値観で診断するケースがあります。

個人的には、「この仕事は向いていない」と別の職場を探そうとするだけでも、その人は凄いなぁと感じます。僕の場合、パチンコ業界に正社員に入社して、周りの同期がどんどん昇進していく中で「自分は向いていないんじゃ・・・」などという発想はありませんでした。

というか、そもそもそんなこと考えもしませんでした。劣等感の塊だったので、「スキルも何もない自分が転職なんて出来るわけがないからここで頑張るしかない」という思考でした。

僕にとっては、適職とはフリーランスを除くなら、やっぱり昇進していけるかどうかが判断材料です。

昇進していける人というのは、会社にとって必要とされる人材です。評価されているということは、常に自己重要感が満たされるわけですから、幸せな人生を歩むことが出来ます。

でも入社して数年で退職してしまうと、それまでの経験は生かせるでしょうがまたイチから別の会社でスタートです。こうなるとよほどのキャリアやバイタリティを持った人ではないと、昇進は難しいです。

僕の知っている人は「知り合いに転職勧められて入ってみたら給料が下がった!」を不満を漏らしていたんですが、そんなの当たり前だと思います。会社はその人が過去にどれだけ実績や色んな経験をしてようと、自社で活躍できるかどうかの保障は何もないからです。

少し話が脱線しましたが、こんな風に自分なりの「適職」に対する見解、意見をちゃんと持っていないと、仮に転職をしても天職へは変えることが出来ません。「適職」に対する答えは、自分で考えて導き出すしかありません。

適職に対して、自分の意見や見解をしっかりと持つ

上司や職場の人間関係

しっかり自分で考えて「適職」の定義をしていても、毎日働いているとその軸がブレてしまうケースがあります。それが上司との折り合いや周りとの人間関係です。

仕事上の悩みには、まず人間関係は間違いなく関わってきます。

  • 上司や周りから評価されない
  • 指示を出しても部下が理解してくれない
  • 自分だけが業務スピードが遅い

上司からの評価が上がらないのは、「公平な評価制度が出来ていない会社」なのか「自分が会社から求められる働きが出来ていない」かの2通りしかありません。前者であれば、自分が偉くなって会社の体制を変えるくらいの気概がなければ評価は上がらないでしょうし、後者であれば自分の能力不足を別の問題にすり替えている可能性もあります。

指示通りに部下が動いてくれないのは、「自分の指示がうまく伝わっていない」なら指示の出し方を変えれば業務が効率よく進むかもしれません。しかし社内の足の引っ張り合いで部下が指示を聞かないという環境であれば、転職するとその問題が解決できるかもしれません。

自分だけ業務についていけないのは、「実は自分だけ業務内容を深く理解できていない」から周りのレベルに追い付かないかもしれませんし、「自分の周りが非常に優秀」だから追いつけないだけで、実は自分も同業界で比較したら上のレベルにいるのかもしれません。

何がいいたいかというと、会社という狭いハコに入ると、そのハコの中でしか使えないものさしを渡されて、狭い視野で価値観で物事を判断したり考えるようになるということです。

つまり「思い込み」や「問題のすり替え」です。仕事に向いてないなと感じるタイミングや原因を辿ると、実は根拠の乏しい内容だったりすることが多いです。

自分の中の”向いていない”理由を一度疑ってみる

やりたいこと ≠ 得意なこと ≠ 仕事の向き不向き

得意なことを仕事にしようとする人がいます。

もともと得意なことがあって、それを仕事に生かすのは良い選択だと思います。ただ、入社して数年で得意なことがないという人は、ちょっと視野が狭くなっている可能性があります。

大なり小なり会社って組織なので、それぞれの与えられたポジションによってやりがいや適性が変わってきます。一番分かりやすいのが営業と事務です。

一般的なイメージとしては、営業は外交的で事務系は内向的なイメージから自分の性格と照らし合わせて適職かどうか判断する人が多いと思いますが、これって結局自分で体験してみなければ真実は分かりません。

社内で部署異動をきっかけに、何度も失敗を重ねてスキルアップしていきながら「これが自分のやりたかったことだ!」と道が開けて、そこに没頭することで得意分野へ変わっていく可能性はあります。

不得意だと思っていたことでも、続けると得意になってそれがやりたいことへと変わっていくこともあります。

趣味の世界とは違い、会社で得意なこと、やりたいことってそう簡単に見つけられるものではありません。辛くて苦しいことを続けられた人だけが得意分野を作っていけると思っています。

自分のやりたいことだけをやって、それを得意分野とする道はありません。これを実現したいなら、自分で起業するしかありません。

目の前の業務を得意分野になるまでスキルをあげて、それが「適職」だと感じればそれでいいし、やっぱりつまらないならそこで初めて転職を視野に入れれば良いと思います。

僕の場合、在籍中に一つのことを継続してやり続けたことで、得意分野に変わっていきました。でもその得意分野は、会社の求めるものとは違っていたので退職を決めました(それ以外にも理由はありますが)。

やりたくないことも継続して、その会社で得意分野を身に付けて、それが会社に評価されるのが理想ですが、そうじゃない場合もあります。

ちょっと、話がごちゃごちゃしていますが、まとめると以下のようになります。

得意分野を作るとやりがいが生まれることもある
その得意分野はやりたくないことも継続していかないと身に付かない
身に付けた得意分野にやりがいを感じても、それを会社が求めていない場合(※評価しない)もある

会社のことを人に説明出来るか

これは、興味がないと難しいことですが、一般のビジネスパーソンで自分の会社を事細かに他者に説明出来る人って少ないように感じます。

会社全体がどういう構造になっていて、自分は歯車としてどの部分で稼働しているのかを把握することは、とても重要です。

自分が仕事に向いているかどうかを悩む時に、まず会社の事を知らないと判断が出来ません。例えば仕事が向いてないと感じる原因に人間関係の問題が関わっているなら、社内異動によって問題解決できるかもしれません。

「井の中の蛙」ということわざにもある通り、キャパや視野を広げて物事や会社を見ていかないと、問題のすり替えが起こって「この仕事は向いていない」と結論付けてしまう危険性があります。

会社の事を知るには、まず先輩や上司の話を聞くことや、自分の入社前の業績や事業内容などを社内資料から調べるのも良いと思います。

入社して数年は広い視野を持ち、会社の全体像を把握する

向いていない理由探し

とにかく自分がダメで仕事に向いていないことを証明したがる人がいます。

周りや友人と比べて自分の劣っている部分をひたすら探している人です。本当は出来るようになったこと、成長したこと、実は自分を尊敬している同僚や部下がいる・・・先ほどの「井の中の蛙」ではないですが、狭い視野でいるとなかなか自分で自分を見つめ直す機会がなくなって、勘違いが始まってしまうことがあります。

個人的なことで恐縮ですが、僕はアマリニモ自信が喪失して、モチベーションが上がらなかった時にA5サイズくらいの手帳を購入して、自分の出来たことを箇条書きにしてみたことがあります。

  • 毎朝5時に起きて、出勤することが出来た
  • Webデザインの勉強をして、一から自分でサイトを作れるようになった
  • 派遣先で3ヶ月間、働き続けることが出来た
  • パチンコやスロットなどのギャンブルをやめることが出来た
  • 禁煙することが出来た
  • すぐに思い込む性格を少しづつ改善させることが出来た
  • 失敗イメージばかりではなく、自分の成功イメージが浮かんでくるようになってきた

これは、一年の終わりの節目に書いたメモから抜粋したことです。思うに、仕事に向いていないと悩む人は出来ない自分を責める、ストイックで真面目な性格の人が多いと思っています。

真面目なのは良いし、出来ないことに目を向けるのは悪いことではありません。ただ、こんな風にメモ書きをしてみたことで、出来たことや良かったことにも同じ熱量で目を向けて自己認識することが大事なことだと気付きました。

出来たこと、出来なかったことを同じ熱量で認識する

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

第4位.スタッフサービス

スタッフサービス オー人事ネット

「オー人事」のCMで有名なスタッフサービスは、派遣で人気のオフィス系求人に強い大手派遣会社です。

スタッフサービスは、47都道府県すべてに対応可能なので、利用しやすい派遣会社と言えます。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

第5位.マンパワーグループ

「マンパワーグループ」は、日本で最初に設立された大手人材派遣会社グループです。

マンパワーグループでは、創業から50年以上の長い歴史の中で培ってきた、各地域の優良企業とのパイプが多数作り上げられているのが大きな長所です。
マンパワーグループに登録すれば、他社より有利に求人探しを進めることができます。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


6位.ランスタッド
ランスタッドは、世界規模で実績のある大手です。
主にオフィス系と製造系の求人を取り扱っており、単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい特徴があります。

7位.テクノサービス
テクノサービスは、スタッフサービスグループの派遣会社です。
仕事内容は、おもに「製造」「軽作業」などの工場系の紹介を得意としており、派遣就業未経験者でも働ける求人が豊富です。

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-派遣の人間関係

Copyright© 派遣タカラ島 , 2020 All Rights Reserved.