派遣体験記

会社への帰属意識の必要性について考えてみる

普通の正社員から派遣へ移った時に、環境の変化に一番関わってくるのが帰属意識の低下かもしれません。

ただ派遣と言っても、一般事務などの方は自分のデスクが派遣先に用意されているでしょうし、いつも同じ環境、同じ顔ぶれで働いているかどうかなど、職場環境によっても違いは出てくるとは思います。

ただ、派遣に共通していえることは、派遣先=雇用主ではないという事実です。

先日、新聞で「IT系は離職率が以前高く、それは帰属意識が低いことが原因だ」というような記事を見かけました。IT系業界は、勤め先の会社から出向を指示されて客先常駐、つまりクライアント先や親会社などで働く時間が長いらしく、ほとんど自分の会社で過ごす時間がないことから帰属意識が高まらず、これが離職率が高い原因となっているのでは、というような内容でした。

これって、一般業務で働く派遣スタッフにも言えることかもしれないですね。

そもそも、帰属意識とは何なのでしょうか?

ある集団に自分が属している、その集団の一員であるという意識。企業や民族などさまざまな規模・単位について用いられる。
出典:http://www.weblio.jp/content/%E5%B8%B0%E5%B1%9E%E6%84%8F%E8%AD%98

派遣の特性上、雇用主が派遣会社とはいえ、実際に働いているのは派遣先なので、ここでの「属している組織」というのは派遣先ということになるんでしょうね。

職場に帰属意識を持つことはそう悪くもない

正社員を辞めてすぐの頃、こういう感覚を無駄だ、こんなこと大事にするやつは阿呆だと散々考えていましたが、数年経った今考えてみると、そう悪いことでもないのかなと思います。

職場や仕事の悩みって、同調したり共感できる対象は誰が良いかと考えると、やっぱり同僚か上司ということになるんですよね。僕もこれまで派遣で働いてきて、仕事に対する不安がある時に誰と共有していたかなと思い返すと、それはやっぱり派遣先の従業員ではなく、同じ境遇で働く派遣スタッフなんですよね。

これって、生産性のない行為なのかもしれませんが、居場所を作ることで心の平静を保ったり安堵感を得たりすることは大切なんじゃないかなと思います。

もちろん、派遣で働くからにはそういった甘えを捨てて、フリーランス感覚で一人で何でも出来るようにならなければいけないんですが、そういう状態でずっと走り続けられるという人は少ないのではないでしょうか。

しかし現実をみると、派遣先に居場所を求めるというのは少々難易度が高いように感じます。あくまで、僕の今までの感覚からですが。

ただ、同じ派遣で働く仲間というのなら頑張れば作れるのかもしれません。お互いに依存し合うのではなく、お互いに励まし合っていけるような間柄であれば、孤独感や孤立感を和らげながら、意味のある関係性を築くことが出来ます。

派遣会社のフォローなんて、いくら頑張ってもすべてのスタッフをカバーすることなんて出来ないので、だったら派遣スタッフ同士で交流できる場を設けたりしても良いかもしれません。

とはいっても、僕はそういうコミュニケーション力はゼロですし、今後も仲間作りをする予定はないのですが(^ ^;)、もし、これから派遣で働く人で、居場所がないと不安で働けないというタイプであれば、同じ派遣スタッフとお友達になったりそういう方法はどうですか、という提案のお話でした。

僕の通っていた小学校では、最近では少子化に伴い同じ学年で野球チームを作ろうとしても人数が足りないんだそうです。そういう時代なので、帰属意識も大切かも知れないですが、自分から積極的に人と繋がろうとしていかないと、どんどん孤独になっていく時代なのかもしれません。

ネット上の書き込みを見かけたら、派遣で帰属意識なんて・・・と否定的な意見が多いようなんですが、僕が今まで見てきた経験でいうと、人はそれほど強くないと思うんですよね。これまで、早期退職していった人をたくさん見てきましたが、会社に居場所を作れなかったという理由は実際に多かったです。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

7位.テクノサービス
テクノサービスの求人はほぼ製造系。未経験からでも始められる求人が全体の約8割。管理人が初めて利用した派遣会社。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区


!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

転職・キャリアランキング

-派遣体験記

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.