派遣で働く

夜勤アリの工場派遣で女性が働くメリットデメリット

2019年8月2日

これまで、派遣で半年くらいの工場勤務を2度経験があります。1度はアルミ製品(トラックなどに使われる部品となる製品)を取り扱う製造工場、もう一度は食品工場です。
今回は、その体験から得た知識で、工場派遣のメリットデメリットについて、女性目線から解説します。

工場派遣に強いおすすめ派遣会社 ↓

荷物を届ける作業着姿の若い女性1
工場・製造・軽作業系求人に強いおすすめ優良派遣会社ランキング

ここでは、派遣のお仕事の中で、「工場・製造・軽作業」系の求人数を集計(※グラフデータは2020年1月調べ)した後に、ランキング化をしたコンテンツをシェアします。 「派遣で働こうと決めたものの、どこを選 ...

続きを見る

女性が工場で働くメリット

笑顔の作業着姿の若い女性(屋外)4

重たいものを持って消耗することが少ない

まず見ていて思ったことは、工場内にはたくさんの業務があるわけですが、その中で力仕事に分類されるところに女性は回されないというところ。まぁ、当たり前といえば当たり前なんですが・・・。

食品工場などはむしろ男性よりも女性が多いですし、商品の仕分けや選別作業といった女性向きの細かい仕事が多いので、男性(僕)はそれ以外の重たいものを運搬するポジション、例えば高く積み上げられた大量の食材を運搬するとか、そういったところは男性が担当していました。

ただ、そもそも「力仕事なんて男がやって当たり前でしょ」と思われる方にとっては何のメリットも感じない話ですね。
力仕事に不安のある方は、食品系の職場の方が良いかもしれません。
一概にすべてとはいえないですが、力仕事というより細かい作業を黙々と繰り返すタイプの求人が多いように感じます。

学歴不問で雇ってもらえる

工場系の求人は、基本的に学歴や職歴、スキルなどを問わないケースがほとんど。
そもそも派遣の場合、学歴を評価の対象としないところが多いです。

(※事実、今まで20社以上受けた派遣の登録面談で、学歴について触れたことはほぼありません。)

工場・製造系の派遣会社が求めるのは、基本的に一つだけです。
真面目に長く(期間満了まで)勤めてくれること。どんなことでも継続するというのは人間にとって最も辛いことですが、逆にいえばそれさえ出来ていればある程度評価はされる分野だと思います。

女性が工場で働くデメリット

作業服をきたビジネスウーマン

体力的な問題・事故や怪我

体力的な問題と一言でいっても、色々な角度から考えるべきです。
たとえば、立ちっぱなし業務が無理な女性もいれば、先ほど触れたように重たいものを持つ腕力に不安を抱える方もいると思います。

僕が今まで経験してきたお仕事や人から聞いた話などを総合すると、おすすめはやはり食品系工場かなと思っています。
僕が勤めていたところも、ふと違う階の部署に目をやると少人数で走り回って作業しているハードなところもありましたが(^ ^;)、基本的に女性は動きの激しい業務や重たいものを持つような仕事は誰もしていませんでした。

あと絶対に避けるべきは業務上の怪我です。
脅すわけではないですが、以前一緒に働いていた派遣スタッフの方は、前に勤めていた工場で作業中に誤って製品加工の為に炎を燃やしている場所に入ってしまい、焼け死んで亡くなった事故を目の当たりにしたことがあったそうです。

大袈裟でも夢でもなく、実際に死亡事故は現場で起こっています。
人間が機械を扱う以上どこにいても安全とは言い切れないので、自分が被害に合わないよう自分の身は自分を守るのが鉄則です。

(死亡まではいかなくとも、身体に重度の障害を負ってしまったとなれば、今後の人生に多大なる影響を与えることになります。)

作業着やヘルメット着用なのでオシャレは無理

基本的に、工場内は頭を何かで覆うことになります。
食品工場ならヘルメットは免れても、帽子を被って髪の毛が工場内に入らないように対処します。
特に食品系は異物の混入に対して神経質になっているので(当たり前ですけど)、オシャレに気を使うような生活は難しいかもしれません。

ちなみに食品工場の時は、二重に帽子をかぶって顔にはマスクを着用するのですが、それでも一部の方はバリバリの化粧をして作業をしておられました(^ ^;)。
ただ、職場によっては衛生面の観点から化粧も禁止しているところもあると聞いたことがあります。気になる方は就業前に確認してみましょう。

金属を扱う工場にいた頃は、女性はやはり自分の髪のことが気になってしまうのか、ヘルメットのあごヒモをゆるくして被っている方も多かったです。
上司から注意喚起がありましたが、これが原因でケガを防げなかったとなればツライですね。

蛇足ですが、ヘルメット着用によりハゲてしまうことを懸念する方もいると思います。
僕が約半年いた職場では、女性比率が少なかったのですが、男性はいわゆるてっぺんハゲの方は非常に多かったです。
長期で働く方は、髪のケアを真剣に考えた方が良いかもしれないです。

不況や企業の業績悪化による派遣切り問題

これは、派遣だけに限ったことではないですが、切られる時に対象になりやすいのが非正規であることは間違いありません。
ここ最近も自動車の不正燃費問題によって車が全く売れなくなったと報じられていましたが、今回のように商品が売れなくなれば仕事だってなくなります。

今回の件は特殊なケースだと思いますが、働く上でそういうリスクを負っているということは忘れないようにして下さい。
個人的には工場・製造系のお仕事は短期的な働き方には向いていても、何十年もキャリアを積んでいくのは難しい職種だと思います。

工場内の臭いがキツイ!

これは、職場見学をしないと分からないですね。
人から聞いた情報は参考程度にしかなりません。何故なら、嗅覚に関する感覚や印象というのは個人によってかなり違ってくるからです。

僕は結構平気な方でしたが、人によってはどうしても気持ち悪くなって酔って吐いてしまう、頭痛が酷くなるといった身体の不調を訴えるケースもあるようです。
特に金属などを溶かして加工する部署などへ行くと、何とも言えないもの凄い臭いでした。
騒音で頭も痛くなってきますし、こういう環境で働ける人はかなりの忍耐力のあるタイプなんだなと思います。

(特に夜勤時の)食事がわびしい…

食事に関しては社食がない職場や、あっても夜勤勤務がある職場だと意外にきついものがあります。

最初の工場は社食があって良かったのですが、夜勤となるとやってないので、工場内にある事務所で食事休憩をとることになります。

もともと僕は一人で過ごすのが好きなので工場に入ったわけですが、食事を取るときに周りが「シン…」と静まり返った薄暗い事務所で過ごすというのは、思った以上にツライものがありました。
周りの従業員は少しでも体力を回復させようと仮眠をとっていましたが、(何となく)重苦しい雰囲気は感じるものです。

工場を希望する女性の中にも「話好き」とそうでない人がいると思いますが、誰とも話せないのは耐えられない!となる人は職場を吟味しないと後で辛い思いをするかもしれません。

 

営業マン前田
家族がある方には向いていない可能性があります。
お子さんが小さかったりするとご主人が協力してくれればクリアできますが、シングルマザーの場合はご両親等の助けが無いと厳しいことが現実です。

まとめ

女性が工場勤務をした時のメリットデメリットをまとめると、以下の通りです。

  • 職場や仕事内容を選べば、力仕事を避けて働くことが出来る。
  • 学歴や職歴に自信がなくとも、意欲さえあれば就業出来る。
  • 体力的な辛さはある。怪我や後遺症の残る怪我をすれば今後の人生に関わる。
  • 外見に気を使う生活を送るのは厳しい。ヘルメットや作業着の着用は避けられない。
  • 不況や企業の業績悪化による派遣切り(雇い止め)問題は常に関わってくる
  • 工場内の臭いがキツく、吐いたり片頭痛といった体調不良となることも。
  • 食事休憩や他の従業員とのコミュニケーションが取りづらい環境もある

・・・こうしてまとめてみると、デメリットばかりが目立つ結果となりましたが(^ ^;)、それは僕自身があまり工場勤務に対して良い印象を持っていないことから、多少色眼鏡で見ているからかもしれません。

食事休憩を含む他の従業員とのコミュニケーションの部分は、性格によってメリットにもデメリットにもなるので一概に言えません。

女性の集まる職場なら大抵は派閥が生まれるものなので、そういったことに巻き込まれない職場を探すには、本当にコミュニケーションがなくても仕事だけやっていれば良い環境を見つけるしかありません。こういったところは、探せばあると思います。

逆に「ある程度話せる環境」となると、やはり食品関係の女性が多い職場が良いのかなと思います。
ただ、僕のいたところもそうでしたがそういう職場に必ずいる年配のパートやアルバイトの主婦層が力を持っていることが多いので、目をつけられたりすると仕事がやりづらくなる可能性はあります。
まぁ、就業前にそんなことまで気にしていたらどんな仕事も出来ないのですが。

女性の社会進出がクローズアップされている世の中とはいえ、製造の分野は女性には過ごしにくい要素がたくさんあると思います。
「工場勤務は底辺」などと心ない誹謗中傷発言を耳にすることもあります。

僕は自分で体験もしていて、やり続けることの辛さも凄さも見知っているので、底辺と思ったことはないですが、女性が続けづらい環境であることは確かです。

そんな中でも、女性向けの分野で探そうとしたら、「製品の検査(チェック)系」、「梱包・ピッキング系」、「食品の盛付・トッピング系」、「軽作業系」あたりかなと思います。

関連ページ ↓

女性が工場で働く場合、個人的にはある程度の期間を決めて短期的に働くのならOKかなと思います。お金を貯めたいという動機なら、夜勤を含む契約内容なら特に稼げる仕事だとは思います。

関連ページ ↓

営業マン前田
あらゆる職種で女性の進出が目覚ましいのは事実です。
男性が多かった職種であるドライバーや警備業でも女性を見かける場面が増えています。
夜勤勤務も今後、企業側の配慮も含めて女性が働きやすい環境に整備され、働きやすくなると思います。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

第4位.スタッフサービス

スタッフサービス オー人事ネット

「オー人事」のCMで有名なスタッフサービスは、派遣で人気のオフィス系求人に強い大手派遣会社です。

スタッフサービスは、47都道府県すべてに対応可能なので、利用しやすい派遣会社と言えます。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

第5位.マンパワーグループ

「マンパワーグループ」は、日本で最初に設立された大手人材派遣会社グループです。

マンパワーグループでは、創業から50年以上の長い歴史の中で培ってきた、各地域の優良企業とのパイプが多数作り上げられているのが大きな長所です。
マンパワーグループに登録すれば、他社より有利に求人探しを進めることができます。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


6位.ランスタッド
ランスタッドは、世界規模で実績のある大手です。
主にオフィス系と製造系の求人を取り扱っており、単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい特徴があります。

7位.テクノサービス
テクノサービスは、スタッフサービスグループの派遣会社です。
仕事内容は、おもに「製造」「軽作業」などの工場系の紹介を得意としており、派遣就業未経験者でも働ける求人が豊富です。

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-派遣で働く

Copyright© 派遣タカラ島 , 2020 All Rights Reserved.