新卒派遣

新卒から見た派遣と正社員との比較

更新日:

もしかして、新卒だけど正社員の道に背を向けて、新卒派遣として働こうと思っていらっしゃるでしょうか。

だとすると、かなりデメリットを背負う覚悟が必要ですよ。

しかし、デメリットを理解した上で、新卒派遣として働くことが正解な場合もあります。

ここでは、そんな新卒派遣に向いている人物像を提案するとともに、正社員と派遣(登録型派遣/紹介予定派遣/常用型派遣)の比較をなるべく分かりやすく提示いたします。
今後の人生の選択において、少しでもお役に立てれば幸いです。

新卒派遣になってはいけない人

  • 仕事に安定を求めている人
  • 理系技術者の道を目指す人

仕事に安定を求めている人

就活に安定を求めて、「大企業で働きたい」とか「昇進を目指して頑張りたい」といった、会社の一員として働きながら生計を立てていきたい人は、迷わず正社員を目指すべきです。

なぜなら、日本の正社員は、会社を揺るがすほどの業績悪化によるリストラや、犯罪でも起こさない限り、クビになることはあり得ないからです。

加えて、超高齢化社会を迎える日本においては、若いパワーを必要としている会社が多いことから、第2新卒であっても需要が高く、完全な売り手市場です。

就活浪人の期間が3年以上過ぎれば、新卒カードは使えず、不利な立場に立たされるでしょう。

理系技術者の道を目指す人

理系技術者とは、たとえば、IT関連のエンジニア職や、建築関係などで活躍するCADを使った設計業務などの、いわゆる専門職と呼ばれる人たちを指します。

専門職で働く技術者というのは、慢性的な人出不足により人材育成がはかどらず、人材派遣に求められるのは即戦力です。

日々の目まぐるしい現場の中で、新卒派遣が入っていったところで使い物にならず、ジャマになるだけです。

新卒派遣をオススメしたい人

  • 就活で内定がもらえなかった人
  • 就活で内定は出たけど、来年再チャレンジしたい
  • 就活で内定は出たけど、仕事以上にやりたいことや優先したいことがある
  • 自分のやりたいことが分からない人

就活で内定がもらえなかった人

就活で内定がもらえず、あと残された道は就職浪人(フリーター)しかない…そんな状況なら、派遣スタッフとして働きながら、転職活動をすると良いでしょう。

お仕事内容は、適当に選ばず、次の面接で自己アピールにつなげられるような経験ができるところを選んでおきたいところです。

就活で内定は出たけど、来年再チャレンジしたい

就活で希望の企業から内定がもらえず、どうしても来年再チャレンジしたい人もいるでしょう。

自分の夢を実現するために、手段として派遣を利用するのは間違っていません。

就活で内定は出たけど、仕事以上にやりたいことや優先したいことがある

就活の結果を問わず、たとえば、

「早めに結婚をしたいので、恋活を優先したい」
「生まれつき身体が弱く、週3~4で働きたい」
「数年働いてお金を貯めて、バイク日本一周の旅に出たい」

こんな風に、仕事よりも自分のやりたいことを優先できるのは、若いときだけです。

学校卒業後、ダラダラと非正規で働きながら就活をするよりは、やりたいことを思い切りやりきった方が、新しい道が見えてくるのかもしれません。

自分のやりたいことが分からない人

若者はよく「やりたいことが分からない」と悩む方がいますが、まだ何もしていないわけですから、やりたいことがわかるハズがありません。

自分の進みたい道は、まず目の前のことに一所懸命に取り組んでみることで、見えてくるものです。

企業面接ではこんな話はできませんが、派遣会社のコーディネーター(お仕事紹介やカウンセリングを担当する人)なら、相談にも乗ってもらえますし、お仕事紹介もしてもらえます。

新卒派遣にオススメは常用型派遣と紹介予定派遣

結論からいうと、新卒が派遣で働く場合、選ぶべきは常用型派遣(=無期雇用派遣)か紹介予定派遣です。

「登録型派遣」の場合は、有期雇用契約になるので、スキル不足などを理由に雇い止めとなるリスクがあります。
いずれ正社員を目指す新卒にとっては、成長が途絶えるデメリットがあり、あまりオススメできないスタイルといえます。

↓ 関連記事はコチラ ↓

関連記事
【外回り・企業訪問】新入社員・就職活動学生
新卒派遣とは

新卒派遣とは 新卒派遣とは、派遣会社による、まだ社会人経験もスキルもない新卒を対象としたビジネスマナーやOA研修を受講して、基礎を固めた後に、派遣先企業へ派遣される働き方です。 主に、学生が希望の企業 ...

続きを見る

正社員と派遣の比較

雇用形態別に雇用される期間を見ていくと…

  • 正社員…無期雇用
  • 契約社員…有期雇用
  • 登録型派遣…有期雇用
  • 紹介予定派遣…有期雇用
  • 常用型派遣…無期雇用
  • アルバイトやパート…有期雇用

※補足

「紹介予定派遣」のみ、派遣先で派遣スタッフとして1~最長6ヵ月就業後、双方の合意があれば直接雇用が成立するが、すべて正社員募集とは限らない

正社員と派遣を比較すると、さまざまな比較要素がありますが、もっとも大きな違いをズバリ言うと、無期雇用か有期雇用かの違いです。

正社員と派遣の比較表

正社員 契約社員 登録型派遣 紹介予定派遣 常用型派遣 アルバイトやパート
雇用期間 無期雇用 有期雇用 有期雇用 有期雇用 無期雇用 有期雇用
安定性
やりがい・責任
将来性
人間関係
社会保障
昇給
ボーナス
退職金
異動・転勤

雇用の安定度や仕事のやりがい・責任感、昇給制度やボーナスなど、あらゆる面で優遇されているのが正社員です。

対して、有期雇用契約で働く登録型派遣やバイトはいつでも選択ができるので、新卒派遣が働くスタイルではないです。

まとめ

繰り返しますが、雇用形態よりも無期雇用で働ける求人にこだわりましょう。

社会に出れば、就活はやる気や情熱だけでは突破できない壁を乗り越える必要があります。

それが、職歴といわれる経験値。
登録型派遣やバイトでも手に入りますが、紹介予定や常用型派遣で会社に入社をして、責任感のあるお仕事に就いた方が、経験値は溜まっていくのは間違いありません。

↓ 関連記事 ↓

関連記事
【ハンドサイン・OKサイン】新入社員・就職活動学生
新卒におすすめしたい常用型派遣ランキング

新卒におすすめしたい常用型派遣ランキング 事務系おすすめランキング キャリアシード・エル(アデコ) 大手「アデコ」が実施する、無期雇用派遣制度。 第2新卒もエントリー資格あり。 対象エリア 東京都・神 ...

続きを見る

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

7位.テクノサービス
テクノサービスの求人はほぼ製造系。未経験からでも始められる求人が全体の約8割。管理人が初めて利用した派遣会社。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区


!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

転職・キャリアランキング

-新卒派遣

Copyright© 未経験者におすすめ!派遣会社ランキング , 2019 All Rights Reserved.