派遣の面接(顔合わせ)体験談

【某派遣先企業での顔合わせレポート】ランスタッド編

2019年8月2日

なんか・・・ダメっぽい・・・?

ここでは、僕が派遣先との顔合わせと称した面接へ行ってきた時の様子をレポートしますー( ー`дー´)。派遣会社 ランスタッド さんから、事務系の求人を案内頂きました。

僕は、事務経験が全くないにも関わらず、ランスタッドさんには第一希望に「事務系」で登録していました。

登録したときは、今ほど派遣業界に詳しくなかったので、未経験で事務の仕事に就業することが厳しいという現実が良くわかっていませんでした。

ですんでそのまま求人紹介されることもなく、僕自身登録していたことを忘れていた矢先、今回の事務系の求人の話が突然舞い込んできました。派遣の求人には良くある話なんですが、忙しい職場で仕事が回らない状態で一人退社されることになったようで、今回増員することになったようです。なのでとんとん拍子に顔合わせのお約束まで話が進みます。

で、顔合わせ当日。派遣先企業の近くで派遣担当Aさん(※仮名です)と初対面。若い男性の方でバイタリティ溢れる感じです。

そこで簡単な事前打ち合わせに入ります。

まず、相手先企業に職歴を提示する旨を話され、了承を求められます(了承を得ることなく勝手に見せる派遣営業の人もいますね)。そして面談対策としてはやはり、事務未経験はマイナス要因なので、タイピング能力があるなど全面に出して強気に受け答えするよう指示を受けます(//∇//)。強気にか・・・うーん・・・苦手だ(。>д<)

現地に到着し、顔合わせと称した面接が始まりました~( ´∀`)。派遣先の社長Yさん(※仮名です)自ら面談です。が・・・どうもYさんの反応が良くありません。経理のスペシャリスト的なスタッフを期待していたようで、僕の様な事務未経験のスタッフを連れてきたことに不満がある様子・・・。

僕はとにかく、派遣営業のAさんの指示通り、質問に対して終始自信満々に受け答えしていました。

派遣先Yさん「取引先の電話対応、結構言動がキツイ人が多いけどその辺は大丈夫?」
僕「えぇ。大丈夫です。(心の声:え~・・・怒鳴られたりとかヤダなぁ・・・)」
派遣先Yさん「事務未経験だけど、結構忙しい職場だよ。出来そう?」
僕「えぇ。大丈夫です。(心の声:そんなこと言われても、経験ないからピンと来ないんだよなー・・・)」
派遣先Yさん「派遣といっても、社員と同じ働きを求めてるんだよ。決められたことだけやる、指示待ちになられるとちょっと、ウチには合わないんだ。」
僕「大丈夫です。意欲的に取り組みます。(心の声:サービス残業させる気じゃねーだろーな・・・)」

後は「資格何かあるか」とか「住居環境」、あと「血液型」についても聞かれました。・・・?意味ある?その質問。

こんな感じで僕の初事務系求人顔合わせが終了しました~( ー`дー´)。通常の面接と一緒で、その場ですぐに採用するか否かは通知されません。派遣担当のAさんには、就業したいという意志を伝えて、その場を後にしました。今後の流れとしては、派遣会社と派遣先企業の話し合いにより、双方の合意があれば僕は就業出来ます。

まー上述したように、とても「採用してもらえる」ような雰囲気には感じられない顔合わせでした・・・。その日は夕方から顔合わせだったんですが、その帰り道自宅前まで歩いてきたところで、さっきまで一緒だった派遣担当Aさんから着信が・・・
「あぁ、不採用ね。」
当日すぐに連絡来るなんて、もう落ちたに決まってる。そう思いました。が・・・まさかの

「採用決まりました。いつから働けますか?」

最初の2週間は研修期間となり、その期間中の一日の就業時間が5時間になってしまったことを除けば、他の条件は文句なしだったので、僕も即決でOKしました(・`ω´・ ●)。そして急きょ、「明日の朝から職場見学に来ないか?」と派遣先のYさんがおっしゃってくださってるそうなので、「是非伺います」と行って電話を切りました。

上述したように、派遣の求人は基本的に急募です。人が辞めてその穴埋めであるとか、繁忙期の大量人員募集などで派遣スタッフに声がかかることが多いです。ですから今回のように急きょ「明日」に時間を取ってほしいなどの指示をされることも少なくありません。

就業してからも問題は起こるかもわかりませんが、とりあえず、仕事が決まってホッとしています(*´∀`*)。

今回学んだこと

ところで僕は、前職も派遣スタッフとして短期契約で約3ヶ月働いていました。その仕事を始める前は、まるまる1ヶ月無職期間が続いていました・・・。その無職期間は、1月で正月を挟んだこともありますが、それ以前に派遣会社に登録している数がちょっと少なすぎました。

派遣求人情報を集約させようと思ったら、当たり前ですが自分の住む地域で案件を扱っている派遣会社をピックアップして、どんどん登録するべきです。僕は今回の休職中は、1日2社ペースでどんどん登録していきました。

そうすると、希望する案件かどうかは別として、一日1~2件はどこかからか求人の案内をしてもらえます。でも、少ない登録数で派遣会社からの求人案内を待っていても、チャンスを掴める確率は一向に高まりません。

一度でも退職経験のある方は分かると思いますが、求職期間中の不安感とは本当に恐ろしいものです。でも、そんな自分にも毎日数件の求人案内が来ると、少し安心できるしモチベーションを保つことにも役立ちます。

今回は、前職の期間満了日から10日間の無職期間を経て就業することが出来ました。1ヶ月かかった前回と違い、自分から積極的に求人にエントリー&派遣会社に登録するという作業を繰り返したからこそ、早めに決める事が出来たんだと思います。

ネットで良く、「登録したのに求人紹介してくれない」という不満が書かれています。しかしこれは、自分と派遣会社との相性もありますから、そういった派遣会社は「縁がなかったんだな」とあまり気にせずに、他の派遣会社に登録して話を聞きに行った方が良いと思います。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-派遣の面接(顔合わせ)体験談
-,

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.