退職後のハローワーク手続きなど

求職中にやってはいけない過ごし方とやるべきこと

2019年8月2日

求職中にやってはいけないことはとてもシンプルです。

なにもしないことです。

・・・とはいっても、長い人生のなかでずっと走り続けられる人は少ないです。時には、休息の意味で休む時期があっても良いと思っています。
しかし、子供の夏休みや冬休みにも期間が決められているように、無期限に休むわけにはいきません。休むなら休むできちんと期限を決めるべきです。

退職をすると、どうしても社会から取り残されたような疎外感を感じます。回りの友人や知人は働いていますので、取り残されたような切ない気持ちになります。
しかしもう、会社勤めの時とは違い、だらけていても叱ってくれる上司も、相談できる同僚もいません。

生活もだらけてきて昼夜逆転するようになると、「毎日こんなことをしていて良いのだろうか?」と自己嫌悪に陥ります。

もちろん、すぐに転職活動をして就職先が決まればベストですが、なかなかそううまくいくことは少ないでしょう。

そんな風に、燻った日々を送っているとしたら、派遣で働くことをお勧めします。

求職活動の時間を確保できる

派遣とは、派遣会社に登録して求人を紹介してもらい、派遣先企業で働ける制度です。バイトやパートとは違い、雇用主は派遣会社となり、業務においては派遣先の業務責任者の管轄下において労働力を提供するのが派遣スタッフの役割です。

求職者にとって好都合なのは、繋ぎで就業しやすい特性があることです。有期雇用契約なので期間を区切って働けますし、残業のない求人が多いので仕事終わりに就活を進めることも十分可能です。
前もって求職活動中であることを派遣会社に伝えておけば、企業面接が決まった時などに休み希望の申請もしやすいでしょう。

一方、バイトやパートのように直接雇用で働くとなると、雇用先は「自社の従業員」という感覚ですので、こういった希望が通せるかどうかは雇用先のさじ加減になります。

きちんと対応してくれる派遣会社を探さなければなりませんが、派遣スタッフなら求職活動の妨げにならないようにバランス良く働くことが出来ます。
ただし!!あくまでも派遣は短期的なキャリア形成に向いている雇用形態です。以下のタイプに当てはまるようなら、利用はおすすめ出来ません。

関連ページはこちら ↓

ある程度は気楽に働ける

「気楽」というのは、不真面目という意味ではありません。あくまでも、正社員や社会人経験のある人なら、自分の力量に合った案件であれば働くことは苦にならない、ということです。

例えば朝9時から夕方5時までの7時間労働なら、仕事が終わってから企業へ書類を送ったり求人サイトを閲覧できる時間くらいは確保出来るでしょう。転職エージェントの無料支援サービスを受けるのも良いかもしれません。

正社員の時はなかなか空いた時間に転職先を探すというのは、時間的に厳しい環境の人が多いと思いますが、派遣ならその時間を捻出することが可能です。

もう一度話を戻しますが、求職中にやってはいけない過ごし方はなにもしないこと、つまり離職期間を出来るだけ作らないことです。

離職期間アンケートグラフ

図はマイナビ転職の「離職期間」に対してのアンケート結果を引用したグラフです。転職するまでにかかる離職期間は

  • 「1年以上:35%」
  • 「6ヶ月以上~1年未満:23%」
  • 「2ヶ月以上~3ヶ月未満:13%」

という結果から見て、多くの求職者は長い離職期間を経て次の転職先を見つけていることが分かります。

半年から1年以上も離職期間が空くと、企業からの印象は当然良くないものですし、何より危険なのが社会人としての感覚が鈍っていくことです。

体力的なこともそうですが、長く離職してからの社会復帰は仕事の緊張感を取り戻すのに非常に時間がかかります。正社員として長く働いている人にはピンとこない話ですが、頭がボケているというかスイッチがなかなか切り替わらないのです。

僕は、離職してから再びスイッチが入るまでに半年以上はかかりました。こうしたことからも、とにかく離職期間は作らずなんでも良いので働いていた方が生活にハリも出ますし、好循環に転じます。

派遣やバイトは職歴を汚すのか?

恐らく、これまで社員としてバリバリやってきた方の多くは、派遣の仕事では物足りなさを感じるかもしれません。
しかし、あくまでもつなぎで就業するわけであり、余裕を持って働きながら転職活動の準備を進めれば良いと思います。

派遣やバイトといった非正規で働く期間が長くなるほど、転職の際に不利になるのではという見方もあります。しかし、これ以上に問題となるのがブランク期間を延ばしてしまうことです。

関連ページはこちら ↓

ブランクが転職市場において、マイナス評価につながるのは間違いありません。しかし、だからといって適当なところでバイトをして凌ぐというのも、将来を考えると不安が残ります。

例えば、経理で就職を目指して簿記の資格勉強をしているという方は、少し業種範囲を広げてオフィス系求人で働くことを検討するといったことです。自分がやってきた仕事に対して「なぜそう判断したのか」を胸を張って答えられるかどうかが大切です。

今後のキャリアに役立つような求人は、なかなか自分一人で見つけるのは難しいです。ハローワークなども当然利用はすべきですが、職員のコーディネートレベルを考えると、正直に言って民間の人材派遣会社を利用した方が、僕は効率が良いと思っています。

ただし、派遣であれば何でも良いという訳ではなく、求人や派遣コーディネーターのレベルが高いところを利用しないと、満足できない条件の求人を紹介されてしまう危険もあります。

関連ページはこちら ↓
登録しておきたい優良大手派遣会社一覧

非正規である以上正規でキャリアを積んだ人材と比べて評価が低くなるのは当然です。
しかし、現状の自分にとって何がベストなのかをまず考えることが重要なのではないでしょうか。

休職期間中アルバイトでつないでも大丈夫?

ただ、自分のキャリアに合う仕事を探した結果、雇用形態がアルバイトだったということもあると思います。

これに関しては、雇用形態がどうのというより自分の都合で休みがとりやすい職場かどうかの一点で判断すれば良いと思います。

バイトであっても、例えば知り合いの自営で働く人がいれば手伝いで働けるか頼んでみるとか、要するに自分の都合に合わせて働ける職場であればバイトでも問題はありません。

最後に補足として。念願の転職が決まったら退職することになるわけですが、その時に気持ち良く「○○に就職が決まりました。今までお世話になりました」と気持ち良く退職出来るように、働く前に転職希望である旨は通知しておいた方が後々良いかと思います。

バイトに関しても、自分が抜けた穴を補充しなければならないのは一緒。なので、迷惑がなるべくかからないよう、退職時期は早めに確定させて伝えることも重要です。

まとめ

求職中の方は、やる気と自信に満ち溢れているという方が珍しいと思います。前職を辞めた理由が何であれ、仕事をしていない期間が長くなるほど不安な気持ちが大きくなりますし、それまで積み上げてきた自信も少しずつ崩れていきます。

僕もそうでしたが、初めからフルパワーで就活に挑むよりも、まずは派遣や転職エージェントなどへゆっくりと登録をしながら、少しずつ自分を見つめ直すことが大事です。方向性が定まらないと、やる気ばかりが空回りすることもあります。

ある程度、例えば「事務をやりたい!」とか「時給の高いところで働きたい!」という風に、具体的な希望条件があるのなら、下記のランキング形式のコンテンツも参考にしていただければと思います。

関連ページはこちら ↓

注意して頂きたいのが、自分を否定しないということです。僕も能力がないクセに完璧主義者な部分があって、出来ない自分を実感する度に否定をして、自分で自分を卑下するようなことをしてしまいますが、経験上そこから生み出されるものは何もありません。

実は、「ダメだ!ダメだ!!」と否定し続けるより、ダメな自分を肯定して認めることの方が辛かったりしますが、まずそこから始めないといつまでも動き出せません。

否定ではなく「出来ないダメな自分もいる」という現実を受け入れてしまって下さい。スッキリしますし、後は進むだけなので迷いが少なくなると思っています。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-退職後のハローワーク手続きなど

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.