働く主婦に必要な基礎知識

求職中の保育園入園申請とお仕事の進行手順や優先順位など

2019年8月2日

そろそろ、子どもを保育園に預けて働き始めたいと考える、求職中の主婦の方に向けて、お仕事探しと入園を同時進行で行うやり方や手順、優先順位などをまとめました。

この記事の内容がお役に立てれば幸いです。

保育園の空き状況や料金、預かり期間を確認

まず真っ先に、お住まいの自治体へ

「保育料」
「保育園の空き状況」
「求職中の預り期間は何ヶ月あるか」

を確認することです。

空き状況は、都市部は待機児童で埋まっていますし、地方なら定員割れしている園もあります。
求職状態のまま、子どもを預けられる期間はおおむね3ヵ月ですが、期間延長の相談ができる自治体もあるようですね。

お仕事をする意思があるので、「求職中」として認可へ申し込みたいところですが、扱いは「休職中」となり、ランクは一番低くなります。

認可の入園は、勤労証明がある主婦が優先されます

営業マン前田
情報収集は早めに行うにこしたことはありません。
マイナス情報だとしても早く知ることで別の行動を行う一歩目がスムーズに出て行きます。
常にアンテナを張り情報収集と早い行動を意識しましょう。
仕事にも役に立ちます。

就活の準備と子どもの預け先をリサーチ

保育園に預ける時期としては、毎年4月がもっとも募集が多く(※競争率も高い)、一般的です。

大前提として、子どもの預け先が決まってから、就活をスタートさせた方が良いです。
採用側としても、働けるかどうかわからない人材に内定を出すことはまずないですからね。

しかし、入園前に、準備することやリサーチなど、やるべきことがあります。

お金が足りるかどうか

もし、4月に子どもを保育園に預けられると仮定した場合、

step
1
前年度(※入園を希望する年からみて)の秋頃に申し込み

step
2
来年の1~2月頃に結果が出る

step
3
ならし保育を経て、入園スタート

といった流れで進みます。

1~2月ころに入園が決定してから就活を始めて、3ヵ月以内にお仕事が決まれば問題はありませんが、申し込みの段階でうまくいくかどうかは分からないですよね。

たとえば、

「ならし保育で子どもがイヤがり、認可に入れなかった」
「お仕事がある日に、子どもが風邪をひいたときに頼む病児保育」
「定時に帰れなくなったときに利用するファミサポ」

など、色々なサポート制度を調べて把握しておくことが大切です。

一番のポイントは、認可に入れなかったときや、緊急時などに子どもの世話をどこに(誰に)お願いするのか、就活前にリサーチが必要ですね。
一般的に、以下の方法が考えられます。

認可以外の預け先

  • 認可外保育園の見学、仮申し込み
  • 一時保育やファミリーサポート(ファミサポ)利用時の費用確認

また、保育園に預けることが目的ではなく、まずは働けるところを確保したいのであれば、託児所のある仕事先を検討しても良いでしょう。

フリーランス向けとして、一時保育を利用しながら、在宅で請負などのお仕事をするやり方もあります。

営業マン前田
今や「保育園を探すことは仕事を探すことよりも難しい」とさえ言われています。
預かって貰えないと働きに出られないというジレンマ。
待機児童0という数字も「ホントですか?」と疑いたくなるお母さん達の方が多いのではないでしょうか。
無認可の園や企業内で運営する園が増えていく為に法律面は国会議員、実務面は行政が知恵と努力を積み重ねて解決して欲しいです。

休職中の状態で保育園に入園できたら次にやるべきことは

運よく、休職中の状態で入園が決まったら、今度は3ヵ月以内にお仕事を決めなければ、退園することになってしまいます。

もし、マザーハローワークなどを経由しても、なかなかお仕事が決まらない方には、人材派遣をおすすめします。

おすすめする理由としては、派遣登録は誰でも無料で何社でも申し込み可能であること。
入園が決まっていて、就業意欲がある主婦であれば、多少のブランク期間があっても好条件の求人を紹介してもらえる可能性は十分にあります。

入園後にお仕事が見つからなかったらハロワの職業訓練を検討する

面接を受けても、人材派遣からの仕事紹介を受けても、イマイチ決め手がなく、お仕事が決まらない方には、ハロワの職業訓練をオススメします。

ハロワの職業訓練を受講すると、訓練期間分だけ預かり期間の延長ができるケースがあるためです。

営業マン前田
現在、職業訓練も民間企業が国から授業内容を受託して訓練実務を提供しています。
このような企業も人材募集をしていたり、あるいは派遣事業を行っていますのでハローワークの一般募集と共にこのような講師の方々からも学習内容以外の就活に関わる情報を貪欲に取得することがオススメです。
私の取引先も受講者を社員や派遣社員で採用したというケースは沢山聞いております。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-働く主婦に必要な基礎知識

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.