派遣先の不満から逃亡した派遣社員

派遣社員にかかわる法律について

運命の分かれ道!派遣でバックレたいときは連絡する?しない?

派遣先のお仕事から逃げ出すために、バックレてしまおうと考える方にとって、「バックレた後はブラックリストに載るかも…」「他社で働けなくなる?」「裁判で訴えられたらどうすれば!」と不安な気持ちがあふれ出ていることでしょう。

ですが、あなたの今考えている不安材料は、すべて現実には起こらないので安心してください。

もし、ブラックリストを派遣会社の間で共有していたら、プライバシーの侵害であり100%違法行為ですし、他の派遣会社で働くことだってできますよ。
裁判で訴えるのは、派遣スタッフからはあり得ますが、派遣会社から訴えるのはあまりにもメリットがなさすぎますし、実際に今まで判決事例などありません。

ただし!

電話もメール連絡もまったくなしで、突然バックレ&音信不通となれば、話はまったく違ってきます。

以前、私の在籍していた派遣会社の営業マンが、バックレた派遣社員の足取りを追っていたときに少し話を聞いたことがあります。
本記事では、その経験を踏まえて、派遣でバックレたときにどんなことが起こるのか?リスクについて、解説いたします。

派遣先からバックレたときに何が起こるか

step
1
派遣先から派遣元会社へ連絡がいく

まず最初に、派遣先からあなたへ連絡をします。
電話に出なければ、次に派遣元会社の担当営業マンへ連絡がいきます。

step
2
派遣元会社の担当営業マンから電話がくる

派遣元会社は雇用主ですから、連絡がつかない従業員の安否確認をせずに解雇をすれば法律違反に問われるため、連絡がつく可能性があるあらゆる場所をリストアップして行動します。
具体的には、電話だけではなく、実家を含む住居訪問などをする可能性があります。

  • 派遣スタッフへ電話・住居訪問・メール・手紙
  • 派遣スタッフの実家へ電話・住居訪問
  • 派遣スタッフが指定した緊急連絡先へ電話
  • 近隣の病院へ搬送履歴(※病気や事故の心配)がないか確認
  • 警察へ通報される

派遣元だけでなく、最初は派遣先からも電話連絡が何度かきますから、携帯の着信履歴は下手をすると100件以上になるかもしれません。

派遣元会社によっては、事件の可能性もあると見て警察に通報するケースもあり得ます。

「自宅訪問や警察なんて大げさな…」そう思うかもしれませんが、派遣元会社の営業マンがどう行動に出るか、何日間連絡を取り続けるかは、社内の就業規則によって定められています。
派遣スタッフと連絡が取れなくなった後のマニュアルも整備されているハズなので、どこまでの範囲に迷惑が及ぶかは想像がつかないです。

step
3
派遣先へ新たなスタッフを派遣する

派遣元会社は、バックレたあなたの安否確認と同時進行で、派遣先で抜けた穴を埋める代わりのスタッフを派遣する準備もやっています。
派遣元会社は、このままでは売上が上がらないので、死活問題ですからね。

派遣元会社から損害賠償請求はまずあり得ない、けど問題も

冒頭でも述べたように、連絡なしでバックレたからといって、損害賠償請求をされることはまずありません。

しかし、派遣先や派遣元から支給された社員証や制服、または社内機密情報に関わる書類などを自宅に持ち帰っている場合、話が変わってきます。
これらのモノを持ち帰ったままバックレるということは、盗難や横領にあたる犯罪行為ですから、被害状況によっては裁判沙汰に発展する可能性は大いにあります。

会社の貸出品や備品、書類などは必ず返却する

連絡なしでバックレたとしても、お仕事で使ったあらゆるモノを確認して、私物以外を必ず郵送で返却することをおすすめします。
「どうせ派遣だし」と自己判断で完結すると、思わぬトラブルが発生するかもしれません。

実際に、派遣先や派遣元会社の社外秘情報(※外部に漏らしてはいけない情報)を抜き取り、ある団体へ郵送したとして、企業が元社員を告訴をした事例も起こっています。

告訴状によると、元社員はデジタル販売局所属だった2012年10月、日経本社内で総務局員の業務用パソコンを分解してハードディスクを抜き取り、営業秘密にあたる社員約3千人分の生年月日、基準内賃金などを記録したデータを私用パソコンに転送。17年12月、同データなどを保存したUSBメモリーを月刊紙を発行する団体に郵送した。同団体は18年1月、運営するブログに一部を掲載した。

元日経社員を告訴 社内情報漏洩の疑い

派遣先からバックレる最適の方法

派遣先からバックレるときには、ベストは電話で伝えること、(どうしても無理なら)メールや手紙などで伝えることが大切です。
ポイントとしては、「辞める意思を伝えた」ことが記録に残っているかどうかですね。

たとえば、ヤフー知恵袋に投稿されていた、下記のような引き止めされたケースであっても、ちゃんと辞めることを伝えているので、問題はありません。

その前に営業さんには辞めたいと相談していましたが、まともに取り合ってくれず、話を聞くと言われて待っていましたが、忙しいということで話す時間ももらえず最低だと重々わかっていましたが、どうしても行けず、営業さんにどうしても無理です。辞めさせてください。と伝えたあとバックレてしまいました。

引用元:
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13175657193

そもそも、派遣を含めた雇用関係で、退職理由を企業に伝える義務は労働者にはありません。
大手の教育が行き届いた従業員であれば、その辺の理解もあるので、ハッキリ意思表示をしてしまえば、しつこく引き止められることにはなりません。

当サイト内関連記事:
派遣契約更新の断り方【派遣先を一日で退職した私が思うこと】

退職を伝える例文集5選

派遣先を辞めたい方には、それぞれ色んな理由があるでしょう。
その理由を派遣元会社に伝えて良いのか、あるいはどう伝えて良いか分からず、「いっそのことバックレてしまおう!」となってしまうパターンも多いのではないでしょうか。

そこで、派遣元担当営業マンに契約途中で退職したい旨を伝える例文集を5つ作成しました。
ちなみに、私も実際に使ったことのあるのは、(派遣先から雇い止めされたのですが)例文2です。

(例文1.)

一身上の都合により…

”突然で申し訳ございません。今回、一身上の都合により、契約更新せずに退職させてください。
理由は、どうしても伝えることができなくて…大変申し訳ございません。”

(例文2.)

仕事についていけなかった

”派遣先に入って、自分なりに周りに質問したり、空いた時間でも勉強を頑張ったのですが、どうしても職場のお荷物状態になってしまっているので、今回は終了とさせてください。
また、今後契約満了期間まで私が残っても、やはり足を引っ張ってしまいますし、正直もう、出勤するのは気持ち的に難しいです。”

(例文3.)

就業前に聞いていた条件と違った

”〇〇さん(※派遣元営業マン)を責めるわけではありませんが、いざ働いてみると〇〇や〇〇が聞いていた条件と違っていました。
契約途中終了とするのはルール違反ですし、また大変なご迷惑をお掛けして、申し訳ございません。
ただ、就業条件にこれだけ差があると、私としてもお仕事を続けることはもう、できません。”

(例文4.)

無能なパワハラ上司

”上司の〇〇さんはパワハラがヒドいです。
それだけでなく、勤務中に平気で肩に手を回したり、不自然に身体を密着させてきたりして…私が立場の弱い派遣と知っていて、威圧的な態度で服従させようとします。
完全なコンプライアンス違反ですから、申し訳ありませんが、もう出勤することはできません。”

(例文5.)

派遣先でストーカー被害に

”派遣先で一緒の男性社員に付きまとわれていて、本当に困っています。
最近では、家まで尾行しようとまで行動がエスカレートしているので、正直ノイローゼになりそうです。
もう、出勤しようとすると自然に涙がこぼれ落ちて、歩くことすら難しいので、辞めさせてください。”

良くある質問FAQ

派遣でバックレたら働いた分の給料はもらえる?

私も、恥ずかしながら自己都合で一日のみの就業で辞めた経験があるのですが、ちゃんと一日分の給料は支払われました。
ただし、在籍していた派遣会社に振込用の通帳番号と支店名が未登録であれば、辞めた後で派遣会社の方とやり取りをしなければならず、電話だと気まずいですね…。

バックレた後、また派遣で働くことはできる?

文中でも触れましたが、「派遣会社の間で共有するブラックリストはない」ので、他の派遣会社であれば、同じように登録をして働くことはできます。
しかし、派遣会社は同じような案件を取り扱っているので、ウワサ話が流れた結果、バックレた経緯がバレてしまうことはあるかもしれません。

メモ

以前、私がパソナで面談を受けたとき、前回の退職理由の話題になったときに、わずか9日間でクビになった派遣先のことを知っていたことがありました。
派遣先は、人材が必要となれば当然複数の派遣会社へ依頼するわけですから、情報は結構筒抜けなのかもしれません。

バックレた派遣会社から仕事の紹介はくる?

バックレることで派遣会社からの評価が下がったので、今後のお仕事紹介がくる期待値は相当低いと見て間違いないでしょう。
これは、当サイトで複数の派遣スタッフから派遣先へ紹介する人員を選抜する社内選考の基準をヒアリングしたことがあるので、事実としてあります。

関連記事
派遣の社内選考について調査する子ども
【派遣業界のウラ側】社内選考に関するアンケート調査をして分かった真実

派遣求人にエントリーすると、「顔合わせ(面接)の日時が決定したら連絡します」などと言われたご経験はないでしょうか? 実は、人気の求人になればなるほど、たくさんの派遣スタッフからエントリーが集まるので、 ...

続きを見る

バックレた後、派遣営業マンってホントに家に来るの?

すべての派遣会社がそうするとは断言できませんが、私は実際に「これからバックレちゃった人の家行かなきゃなんすよ。。」と話していた派遣営業マンとお話したことはあります。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区


!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

転職・キャリアランキング

-派遣社員にかかわる法律について

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.