派遣の人間関係

派遣で仕事を覚えられない人

2019年8月2日

派遣で仕事を覚えられない・・・多くのケースでは、事務系の求人で職場の雰囲気は殺伐としていて、分からないことや困ったことがあっても質問が出来ない・・・そういう環境ではないかと思います。

僕は男性ですが、やはり未経験から事務の仕事に就いた時に全く業務についていけず、契約を切られて退職をした経験があります。誰にも頼れない孤独感、異がキリキリと痛む切ない気持ちは良く分かります。

あくまで責任は派遣元にある

誰にも評価されない毎日を送るうちに「私は仕事が出来ない」「仕事を覚えられない」と自己嫌悪に陥ってしまっているかもしれませんが、そんな風に自分を貶めていても何も解決にはなりません。

はっきりいって、派遣で任された業務が出来ないのなら退職するしか道はありません。そのことで派遣先に迷惑はかかりますが、その後の責任の所在は派遣スタッフではなく派遣元です。

何故なら、求人の内容から人材を選出して派遣先に送り込んだのは派遣元ですし、雇用主としての責任があります。戦力とならなかったのなら、代わりの人材を派遣するのは派遣元の義務です。

よって、取る必要のない責任について、気にする必要はありません。

辞めるか続けるか?

派遣の契約期間内で、どれだけの努力が出来るのか分かりませんが、その期間内であれば仕事を頑張る権利は派遣スタッフにあります。ただ辛い現実として、自分がどんなに頑張って仕事を続けたくても、派遣先は能力不足を理由として派遣スタッフの契約を終了させる権利(※契約満了日のタイミングで)を有します。

「それでも頑張りたい」という気持ちがあるなら、もちろん頑張った方が良いと思います。しかし僕個人の見解としては、自身が事務求人で契約終了となった苦い思い出があるというのもあって、見込みのない仕事に固執することはあまりおすすめしたくありません。

メモ

もちろん、将来的に事務のエキスパートになりたいとかキャリアアップを考えている人は、めげずに頑張って欲しいと思います。しかしそれほど固執する理由が自分の中にないのなら、潔く新たな道を開拓した方が楽しい人生を送れるのではと思っています。

これが正社員として転職したという話であるなら、全く話は変わってきます。そもそも有期雇用契約ではないわけで、努力して身を削ってもリスクはありません。どんなに先輩や上司から嫌な態度をとられてもしがみついて頑張るという道も選択できます。

しかし派遣という雇用形態で、そこまで一つの派遣先に拘る意味や理由を僕は見出せません。嫌な表現ですが、派遣先はいくらでもありますし、キャリアチェンジだって自分がやりたければやっても良い自由があります。

繰り返しになりますが、仕事についていけなかったのは派遣スタッフの問題ではなく、単に派遣元の人選ミスでしかありません。派遣元は派遣先の就業環境や仕事内容の確認をするのが当然の義務です。その上で、マッチングすると判断出来た人材を送り込むのが仕事です。

僕も経験がありますが、分からないことや困ったことを相談も出来ない派遣先は残念ながらあります。しかし、はっきりいって会社なんてそんなものです。教育体制の整っているところは一部の大企業くらいでしょう。
<h2">派遣元の人選ミスは何故起こるのか?

ところで、派遣元の人選ミスが何故起こるのかを考えると、恐らく派遣元営業マンに課せられているノルマというのが関係しているでしょう。僕は派遣元の人間ではないので予測でしかありませんが・・・

複数の派遣会社を利用している方は分かると思いますが、派遣営業の中には強引に求人を紹介してくるタイプも少なからずいます。その行為が、本当に相手を想ってのことなら良いのですが、多くの場合そうではなく自分の利益の事しか考えていません。

派遣元もビジネスでやっている以上、今後も自分に合わない求人を強引に押し付ける場合もあるでしょう。大切なのは、派遣元ばかりを批判するのではなく、分かってもらえるまで希望就業条件の説明をして、自分に合う求人を紹介して頂けるように調整することです。

幸い、派遣元を選ぶ権利は常に派遣スタッフ側にあります。どうしても自分と合わないと思ったら、新たな派遣元を探すだけです。

仕事を辞めたい意向を伝えるなら

契約更新せず、辞めたい意向を伝えるのは電話で十分です。業務に全くついていけず、戦力になっていない状態であれば、期間満了まで働かなくとも良いか聞いてみて良いと思います。僕も、過去に仕事が覚えられずダメになった案件は、契約途中で終了するということで話がつきました。

派遣先に私物を取りに行った時は、周りからの視線が切なかったですね(^ ^;)。

冷たい言葉になってしまいますが、現状仕事が出来ていない状態なら、派遣先もいなくなっても困らないハズです。ただ、代わりの人員を補充する義務は、繰り返しますが派遣元にあります。

同じ失敗を繰り返さない為に出来ること

僕も以前、派遣の事務業務についていけず退職に至った苦い経験があります。辛いですし情けない気持ちもあって、ショックで2日くらいは家から出ずに茫然としていたのを覚えています。

その経験をしてから考えたことは、安易に紹介された求人に飛びつかないということです。

自分の希望する職種の求人を紹介されると、つい急いで応募して働きたくなってしまいます。すぐに応募するのは良いことなのですが、働く前に自分が納得いくまで派遣元から業務内容の説明が受けられるかどうかが大切なポイントです。

思えば、今までの僕は大して派遣元から業務内容の説明を聞いていませんでした。元々適当な性格というのもあって、面倒だったからです。

しかし今は、未経験であるからこそ、自分がそこで働けるかどうかの判断は慎重にするべきだったと思っています。

この経験をしてから、派遣元の求人紹介説明を良く聞くように心がけています。「私のことを真剣に考えてくれているな」と感じる派遣元担当者は、やはり求人説明に熱が入ってますし事務的な対応なんてありません。しかし、適当なところは詳細な業務内容の説明がない傾向にあります。

この辺は、登録をして面談を受けたり求人紹介されないと分からない感覚です。出来るだけ当たりの派遣会社を引き当てるには、実績のある大手を中心に利用していくのが賢いやり方です。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-派遣の人間関係

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.