学生派遣

【派遣vsバイト】学生目線で徹底比較した結果は

投稿日:

学生がアルバイトを探すときに、求人広告などで見かける派遣。
派遣とアルバイトの違いや、比較したときのメリットデメリットについて、あまりご存知でない方も多いのではないでしょうか?

結論からお伝えすると、バイトと比べて派遣の方がメリットが多く、高時給で稼ぎやすい求人も多いので、オススメです。
ただし、派遣で働くなら、覚えておきたい基礎知識や注意点があるので、本記事で概要を掴んでいただければと思います。

高校生は派遣利用できる?

学生だから登録を断られることはありませんが、どこの派遣会社でも「18歳以上」「高卒以上」を最低条件としているところが多いです。

派遣ってなに?バイトとの違い

こちらの図は、派遣会社のしくみを表した相関図です。

人材派遣とは、派遣会社に登録することで、お仕事を紹介してもらうビジネスモデルです。
紹介されたお仕事のバイトが決まると、派遣元会社と雇用契約を結び、派遣先企業で働く流れになります。

アルバイトは、派遣会社を通さないので、自分で応募、面接を受けます。

採用が決まると、バイト先と直接雇用契約を結びます。

派遣で働く場合は、派遣元会社を通じて派遣先で働きますが、バイトは自分で求人エントリーから雇用契約まで、すべて完結させるのが違いですね。

学生から見た派遣のメリット

派遣の方が高時給!

派遣の雇用形態は、派遣元と学生の関係性を直接雇用、派遣先と学生の関係性を間接雇用と呼びます。

派遣先は、バイトを直接雇用すると負担する求人広告費、面接を含む採用コストを派遣会社にお任せすることができるため、その分を時給に上乗せすることが可能なのです。
なお、学生のバイト代は、派遣先から派遣元へ支払われる派遣料から捻出されています。

残業がほぼナシ

前述したように、派遣は高時給なため、派遣先としてもできるだけ残業はさせず、定時で退勤させる(※残業分は派遣料を追加請求される)傾向にあります。

また、バイトリーダーなどといった、実態の不明なポジションで責任のある仕事を任される心配もありません。

定期的に仕事の紹介をしてもらえる

バイトは常に求人情報を仕入れて、自分から応募する必要がありますが、派遣は一度登録をしておけば、継続して求人紹介をしてもらえるメリットがあります。

派遣登録した情報は、派遣会社のデータベースに保存されるので、2回目以降は履歴書などの提出書類作成の手間も省けるため、何度も顔写真を用意したり、書類を作る手間が省けます。

また、派遣元の担当アドバイザーから、紹介先の職場情報を聞いた上で、働くかどうか決められるので、ブラックバイトの回避がしやすいです。

大企業で働けるチャンスも

通常、直接雇用のバイトなら縁のない大手メーカーや大企業のお仕事が、派遣会社の紹介を経由することで、働くチャンスが生まれます。

短期・スポット(単発)求人が見つかりやすい

学生に限定されますが、派遣は短期やスポットで働ける求人も探してもらえるので、働きたい日を選んで稼ぐことが可能です。

スポット派遣とは

スポット派遣とは、短期や単発といった表現をされることもある、日雇いで働くスタイルです。

スポット派遣も、派遣登録をしている派遣元会社と雇用契約を結び、派遣先で働くしくみに変わりありません。

スポット派遣は、1ヶ月以内の雇用契約の中で、自分が働ける日時のみエントリーして働くスタイルです。
学生だけでなく、主婦などにも向いている働き方です。

ただし、先ほど「学生や主婦」に向いているとお伝えしましたが、日雇い派遣で働くための条件として、以下の項目の内どれか一つ以上を満たす必要があります。

  • 60歳以上
  • 雇用保険の適用を受けない学生
  • 年収500万以上
  • (世帯収入が)500万以上で世帯主でない者

世帯収入とは?

世帯収入とは、一緒に生活する家族が稼いだお給料のトータル金額です。

お給料は、保険や税金が差し引かれる前の年収額がこれに当たります。

世帯収入が分からない方は、住民登録をしている役所で、所得証明書の発行をしてもらい、「給与収入欄」に記載された金額を確認すれば分かります。

整理すると、日雇い派遣で働ける人材は「学生さん」と「定年間近の高齢者」、そして年収や世帯収入が500万円以上の「比較的裕福な経済状況の人」です。

日雇いで働きたがる高齢者や世帯収入500万以上の方はそういませんから、学生は高時給の単発バイトをゲットできる可能性は高いといえますね。

また、文中で派遣登録に学生証を持参すると書きましたが、派遣会社は登録者が学生であることを必ず確認してくるハズなので、忘れずに持っていきましょう。

補足

※以下の職種は「日雇い派遣禁止の例外業務」に当たるため、誰でも日雇い派遣で働くことが可能となります。

ソフトウェア開発/機械設計/事務用機器操作/通訳、翻訳、速記/秘書/ファイリング/調査/財務処理/取引文書作成/デモンストレーション/添乗/受付・案内/研究開発/事業の実施体制の企画、立案/書籍等の制作・編集/広告デザイン/OAインストラクション/セールスエンジニアの営業、金融商品の営業

学生から見た派遣のデメリット

交通費が自腹

派遣は高時給に設定されていますが、交通費込で提示しているケースが多いです。
通勤距離によっては、割に合わないこともあるので、注意が必要です。

雇用契約が切れると、仕事がなくなることも

派遣は有期雇用契約で働くので、期間が満了するタイミングで、派遣先の契約継続オーダーがなければ、次のバイトを探す必要があります。

学生から見たバイトのメリット

同じ職場で働き続けられる

バイトでも、同じ職場で働き続けることで、上からの信頼を得られれば、シフトの優遇やバイトリーダーへの昇進、良好な人間関係の構築が期待できます。

派遣の場合、派遣社員として派遣先へ働きに行くシステム上、バイト先で疎外感を感じる場面も多いデメリットがあります。

学生から見たバイトのデメリット

時給が低め

派遣と比較すると、バイト募集の時給額は低めです。
探せば、「塾講師」「家庭教師」や「パチンコ店員」「深夜のコンビニ」といった高時給のバイトはあるものの、スキルや体力を必要とするので、誰もがやれるわけではないですよね。

学生派遣とバイトの比較まとめ

学生派遣 学生バイト
メリット
  • 派遣の方が高時給で働ける
  • 残業がほぼナシ
  • 定期的に仕事紹介がある
  • 大企業で働けるチャンスがある
  • 短期・スポット求人が見つかりやすい
  • 同じ職場で働き続けられる
デメリット
  • 交通費が自腹
  • 雇用契約が切れると、仕事がなくなることも
  • 時給が低め

派遣とバイトのメリットデメリットを比較する限り、「安定したバイト先で働きたい」と希望する方は、あえて派遣を選ばなくても良いかもしれません。
ただし、派遣と比べて時給が低めな分、目標の金額を稼ぐには長く働く必要はあります。

派遣会社の登録にかかる費用はすべて無料な上、求人紹介からバイトスタートまで一貫したサポートをしてくれるので、まず登録だけしておいてもソンはないと私は思います。
ただ、日本人材派遣協会のデータによると、2017年度の派遣会社の事業所数は全国で62,408か所もあるそうで、すべてが学生におすすめできるとはいえません。

学生のあなたが派遣登録を申請するときは、事前にしっかり調べた上で申し込みを行ってください。

関連記事
初心者マークを持つビジネスウーマン(笑顔)
学生にこそ派遣をおすすめしたい!高時給で稼ごう

ここでは、おすすめの優良派遣会社を探す学生の方を対象に、まず人材派遣のしくみや登録から就業までの流れ、派遣会社を選ぶポイントなどをまとめました。 派遣会社探しのお役に立てれば幸いです。 今すぐおすすめ ...

続きを見る

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

7位.テクノサービス
テクノサービスの求人はほぼ製造系。未経験からでも始められる求人が全体の約8割。管理人が初めて利用した派遣会社。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区


!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

転職・キャリアランキング

-学生派遣

Copyright© 未経験者におすすめ!派遣会社ランキング , 2019 All Rights Reserved.