登録型派遣とは

派遣に向いてる人と向いていない人

2019年8月2日

派遣に向き不向きがあるかどうかという件についてですが、答えとしては向き不向きはあります

しかし、IT系やエンジニア、研究職といった専門職を除けば、努力と熱意さえあれば働くことが出来る雇用形態だと僕は思っています。

本記事では、派遣に向いているかどうかを人物像(※学生さんや主婦、フリーランスなど)に分けてそれぞれ考察しています。ですがこの問題を内面に目を向けて考えれば、自分の意思をはっきりと示せる主体的な人材が派遣に向いていると思っています。

派遣は、間接雇用先となる派遣先で働く特殊な環境です。ある程度、自分の意見をきちんと伝えなければいけないですし、流動的に周りに流されてしまうような方には派遣をオススメできません。

また本記事は、一般登録型派遣についてのみ対象として記事にしています。常用型派遣や派遣から正社員を目指す紹介予定派遣は、本来無期雇用を前提とした(あるいは目指す)働き方なので、ここではふれません。

期間限定でつなぎとして働きたい人(転職活動中や寿退社後の主婦など)

一般(登録)型派遣で働く場合、基本的には有期雇用契約で働きます。つまり、契約期間満了を迎えるとその仕事は終了となるわけですが、このシステムを「不安定だ!」と批判する人がいる一方で、この特性を生かして期間限定の働き方を希望する人もいます。

代表的なタイプとしては、転職活動中の求職者や、寿退社後に旦那さんとのお子さんを授かるまでの期間だけ働きたいといった主婦の方です。

ただ、このタイプはつなぎとして一定期間稼げれば良いわけなので、バイトやパートにも条件によっては向いています。ケースバイケースですね。

プライベートを充実させたい人(短期で働く学生など)

学生さんとなれば、遊びや勉強をすることも大切です。

そしてもちろん、本文である学業もあるので意外と忙しい。そんな中で働いてお金を稼ごうとすると、どうしても短期や単発のバイトに目がいくと思います。

学生さんでも派遣会社によっては、登録も出来ますし仕事もあります。近年では「日雇い派遣の原則禁止」のルールが出来たことによって、学生や一部の高齢者を除くと単発の仕事に応募できなくなっています。

制限を受けない学生は、派遣会社を利用してスポット(単発)派遣求人で働くことも可能です。

本業を主体として兼業又は副業で働きたい人(フリーランスなど)

フリーランス(個人事業主)として本業を主体としながら、空いた時間に副業として派遣で働くという人もいらっしゃいます。

もしかしたら、一番派遣というスタイルと相性が良い人かもしれません。本業が会社勤めでないから調整は自分のさじ加減なので、うまく両立が出来る可能性が高いです。

また、フリーランスは社会保険加入などの福利厚生面において、会社員と比べると恵まれていないところがありますが、これも派遣スタッフとして長期就業に成功するとその恩威を受けられる可能性があります。

営業マン前田
フリーランスの方や副業を探している方の派遣活用率は更に増加すると考えられます。自分の生活スタイルに合った働き方が求められている時代ですから、働く側は時間を有効的に活用したいと考え、また、企業側も効率的に結果を出したいというニーズが派遣という就業形態で合致すると考えられます。

そこに派遣会社が双方に対していかにメリットのある働き方のグランドデザインを提案出来るかが派遣会社に取って重要な課題となるはずです。

専門スキルを高めたい、生かしたい人(IT・エンジニア系のフリーランスなど)

自分のスキルやキャリアを売り込んで仕事をしていく自信のある、フリーランス指向の方も派遣に向いています。

特に、近年ではIT業界は深刻な人手不足によって売り手市場となっているようです。独立志向の強い方は、派遣先を渡り歩きながら稼ぐというスタイルが実現可能かもしれません。

家計の足しにパート程度の収入を得たい人(育児中主婦など)

主婦層に関しては、育児中かどうかでやれる仕事の範囲が大きく変わってきますが、世帯主である旦那さんと共働きであり、育児中の主婦が補助的なポジションとして働くなら派遣は向いています。

例えば「子どものお迎えにいけるように定時で上がれる求人」や「旦那さんのフォローをしながら働きたいから夕方○時までの求人」など、家庭の事情を考慮した働き方の実現が出来るので、派遣を選んでいる主婦の方もいらっしゃいます。

営業マン前田
主婦の方には派遣就業はうってつけです。
他の雇用形態よりも比較的限られた時間の中で仕事を収めることができることは幼稚園や保育園の送り迎えがある育児中の主婦のかたには都合が良い働き方です。

介護や看護を理由に働く時間が限られている人

育児とほぼ同じ理由ですが、残業も出来ずどうしても定時で上がらなければならない理由として介護問題が挙げられます。近年では、介護を理由に会社を去る決断をする社員も少なくないそうです。

派遣の場合、就業時間をある程度自分でコントロールすることが可能です。仕事にかかる時間を減らした分を介護の時間に回すというケースです。

正社員として同じ企業でキャリアアップを目指す人(家族を養う世帯主など)

ここからは、派遣にむいて「いない」人です。

世帯主であり、養うお子さんがいる環境で派遣で働き続けるには厳しいでしょう。
ただ、上記で触れた技術系の高時給で働くようなIT系派遣スタッフなどであれば可能かもしれませんが、基本的には有期雇用契約で働くということは契約満了と共に失業をするリスクが常に付きまとうので、世帯主として働くスタイルには向いていません。

無職(ブランク)期間が長い人(職歴がないニートなど)

これまで社会人経験がなく派遣から仕事探しをする場合、不可能ではありませんが応募出来る求人・職種はかなり限られるのは間違いありません。

大手派遣会社となると、もしかすると職歴なしを理由に派遣登録を断られるケースもあるのかもしれません。しかし、根気良く複数の派遣会社へ登録していけば仕事紹介してくれる事業所はあると思います。

仕事内容としては、未経験でも応募出来るような工場・製造系や販売・接客、コールセンターなどが可能性として高いと思います。

まとめ

派遣に向いている人、向いていない人をまとめると、以下の通りです。

  • 派遣に向いている人・・・転職活動中の求職者、主婦層、学生、フリーランス、介護などの家の事情を抱える人
  • 派遣に向いていない人・・・世帯主、ニート

こうやって見ると、派遣というスタイルは意外と誰にでも利用しやすいように感じます。ただ、派遣で働くときに凄く重要なポイントがあります。

これは、自分の経験からいっても非常に大切なものです。これがなければ、どんなに社会人として優秀なキャリアがあってもうまく働いていくことは難しいでしょう。

そのポイントとは、自分の意思表示をはっきりとするということです。

派遣で働くまでに、ざっと以下の手順を踏むことになります。

  1. 派遣会社を選んで登録する(※または、派遣求人に応募したのをきっかけに登録する)
  2. 面談を受けて、派遣スタッフとして登録される
  3. 仕事の紹介を受けて、仕事応募する
  4. 社内選考に通ると、必要に応じて顔合わせなどを経て就業スタート

基本的に、就業が決まるまでに必要な行動は自発的に起こさなければいけませんし、その過程で起こるトラブルや問題に関しても、派遣元と協力はしますが基本的に一人で解決に向かうことになります。感覚や気持ち的にはフリーランスに近いものがあります。

会社員であったりパート・アルバイトで直接雇用されていれば、日々やる仕事も決まっていて変化の少ない毎日となることが多いですが、派遣は色んな派遣先を渡り歩くことも珍しくないですし、何かと変化に対応する柔軟性を求められることもあります。

派遣登録面談や顔合わせ等で自分を売り込むことも必要になってきますし、スキルが就業契約内容をこなす基準に達していないと判断されれば、雇い止めのリスクもゼロではありません。

特に社会人経験の少ない人やブランク期間の長かった主婦は要注意です。

派遣に向いている自分になりたいと希望するなら、派遣のしくみやメリット・デメリットをしっかり理解した上で利用することが大切です。

たまに耳にするのが「非正規で安定性がない」という不満ですが、これを不満とするなら最初から派遣で働くべきではありません。
または「派遣先であんなに○年も頑張ったのに直接雇用されない!」というのも、同じ非正規としてお気持ちは良く分かりますがキャパ以上の要望を派遣先に求めると、裏切られたような気分になってしまいます。

派遣は非正規であり一時的・短期的に利用するもの。

こんな風に、最初から過度な期待をしないことも大切です。

営業マン前田
向いている向いていないは本人の生活環境にもよりますが、本業として生計を立てる立場である人は派遣就業のデメリット(リスク)をどう回避するか、しっかり対策を立てた上で派遣就業を選択して欲しいと思います。
派遣就業はやはり雇用の安定度に不安を感じます。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-登録型派遣とは

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.