良くある質問

派遣に登録したけど仕事が決まりません

2019年8月2日

当然、仕事につけるかどうかは個人のスキルやキャリア、また時期的な要因も影響してきます。ただでさえ雇用の安定しない派遣という働き方において、待機期間をずるずると伸ばしてしまうのはとてもしんどいです。

仕事が決まらない日々を送っていると、原因のベクトルはだんだんと自分に向くようになり、自己否定してしまったりと、悪循環に陥ります。

派遣登録しているのに、求人案内がこないという人は、以下の項目について今一度確認してみる必要があります。

希望条件の見直し

しっかりと派遣会社に複数登録しているにもかかわらず、求人紹介がされない場合には派遣会社に登録されている希望条件を一度見直す必要があります。

例えば、DTPデザイナーに就きたいけれど、希望勤務地にその職種の求人案件がない場合などは、本人の意思だけではどうにもなりません。

また、希望条件にあまりにも制限がある場合にも、求人紹介がされにくくなります。例えば「就業時間は日勤希望で週休2日は必ず土・日指定、時給は~円以上で体力的に楽な仕事で・・・」という風に、自分のライフスタイルに合わせて働けるのが派遣のメリットとはいえ、希望条件は派遣会社と相談しながら妥協ポイントを探していくことも重要です(例えば希望時給1,200円だったのを1,000~1,200円の幅に設定するなど)。

疎遠になっていた派遣会社への連絡

登録して日が経つのに求人紹介されない派遣会社があるなら、電話で構わないので改めて求職中であることをまず伝えましょう。

派遣会社は、当たり前ですが派遣スタッフが派遣先で労働力を提供することで初めて利益を得ることが出来ますので、求人紹介は積極的にしてくれます。お互いをビジネスパートナーとして付き合っていけることが、派遣と無料職業紹介所(ハロワなど)などとの違いです。

疎遠になっているのはあなたに魅力や能力がないからではなく、派遣登録時にたまたまタイミングが合わず求人紹介がされず、そのままズルズルとここまで来てしまっただけかもしれません。「冷たく事務的に対応されそう・・・」と不安になるかもしれませんが、派遣会社は自由に選ぶことが出来ます。そうした会社ならそれ以上付き合わなければ良いだけです。

希望勤務地に派遣求人数が少ない

地域によっては派遣会社の拠点数が少ない都道府県もあります。拠点がないからといって仕事がないとは言い切れませんが、そうした地域は求人数自体も少ない傾向はあります。
そうした求人の少ない地域で派遣で働こうとするなら、まずはたくさんの派遣会社に登録することが必要となります。

例えばテンプスタッフなら国内に465拠点、スタッフサービスなら47都道府県全てに拠点を構えています。中小派遣会社への登録も積極的に行い、たくさんの求人に積極的にエントリーしていくしかありません。

キャリア・スキルアップの更新作業

キャリアアップとは、過去にどんな仕事を経験してきたかということです。これは、パート・アルバイト経験でもかまいません。何がアピールポイントになるかは分かりませんので、とりあえず僕は経験してきた仕事は全て職務経歴書に記入(入力)するようにしています。

派遣で働いている期間、何か資格取得などによりスキルアップした場合においても、それらは自分から伝えなければ派遣会社に伝わらず、経験値を活かしきることが出来ません。

こうした自分のキャリアについての更新作業は、大手派遣会社の公式サイトであれば自宅パソコンから出来るようになっているハズです。こうしたキャリアの公開については、例えば水商売をしていたことは隠すべきかどうかなど、判断が難しいキャリア形成をしてきた方もいると思うので、一概にこれが正解というのはありません。

ただ、キャリアというと正社員経験は派遣で働く際に必要となるのか?といった問題が思い浮かびます。要するに、いくら過去様々な職種や業務を経験していても、雇用形態が『正社員』でない場合、評価されないのではないか・・・?という懸念です。こうした疑問に対する、派遣会社の解答例を参考までに以下に抜粋します。

「正社員歴という雇用形態上のものというよりも、むしろ職種のご経験(をみます)。ないしは、出来る、出来ないのウエートが高いです。例えば、正社員なんだけど、営業事務の経験がない方と、派遣歴で営業事務経験がある方だったら、やっぱりこちら(後者)のほうがお客様のご要望にあっていると思うので、私どもはこちらの方をご紹介します。」

「経験はこれまで派遣で行っていようが、正社員で働いていようが、全く関係ないです。」

「勤続年数は、注目点の1つになると思います。最低でも2、3年は1つの企業で働いていることが望ましいです。正社員でなくても、アルバイトやパートでも問題ありません。」

「正社員であれば何でもいいわけではなくて、どういう仕事をしてきたのかということがヒアリングの最大ポイントだと思います。」
引用元:http://www.jil.go.jp/institute/reports/2010/0124.htm

回答した会社名は明かせませんが(※書籍を読んでも掲載されてないです)、大手派遣会社から中小派遣会社まで幅広く回答しているデータです。この内容を見ると、派遣会社は雇用形態というよりは、どんな経験があるのかという点を重視していることがわかります。

派遣会社の登録数や求人応募数が少ない

派遣で働くには、数時間の登録の手間を惜しまなければ比較的簡単に求人紹介を受けることができますが、これは同時にライバルもたくさんいることも意味します。

他の人たちも同じように仕事を探していますので、人気のある案件は特に競合が生まれます。よって、少しでも多く求人紹介に応募することと、複数の派遣会社に登録することは必須であると言えます。

いうまでもなく、派遣のコーディネーターさんは「もっとたくさんの派遣会社に登録した方が良いのでは?」などと提案しません。自社の案件からマッチしそうな求人を紹介しようとします。こちらとしても、希望する求人が複数あるのなら全部エントリーしたいところですが、その際の派遣会社の対応はまちまちです。

関連ページはこちら ↓

効率良く仕事を見つけていくには、やはり求人に積極的にエントリーしながら派遣登録をしていくことが重要なポイントとなります。

知人や友人、親や親戚からのツテに頼る

一人で悩んでいるより、友人や親せきなどのツテがあるならそちらに頼った方が仕事は早く決まるかもしれません。

信頼関係が築かれている人の間で紹介されれば、やはり就職の可能性は高まると思います。ただし、そうして紹介されて入社した場合は、派遣の様な自由度は低くなってしまうかもしれません。

ちょっと当サイトの趣旨とずれてしまいますが、派遣でも何でも「とにかく仕事をする!」という気概を持って就活することも大切だと思います。
「派遣に登録したのになかなか仕事が決まらない・・・」と嘆いている人の中には、そうした気概の足りないことが原因となっているかもしれません。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-良くある質問

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.