派遣登録について

派遣登録会の服装はオフィスカジュアル、顔合わせはスーツが無難!

更新日:

派遣の登録面談や顔合わせ(面接)のときに、「私服でお越しください」と言われても、普段着や私服を着ていくことはNGです。
結論から言うと、「スーツ」または「オフィスカジュアル」の2択になります。

だらしない髪形や派手な髪の色、アクセサリー等の小物類をつけて、悪印象を与えてしまうのは避けたいところです。

ここでは、派遣の登録面談や顔合わせ(面接)にふさわしい服装について、男女別、季節別にまとめました。
ご参考になれば幸いです。

派遣の登録会に適した服装はオフィスカジュアルかスーツの2択のみ

派遣の登録会は、企業面接とは違い、派遣についての説明やプロフィール作成、希望条件のヒアリングを行う場なので、ラフな服装でも良いのでは?と思うかもしれません。
しかし、派遣登録会で来社するときの服装に関しては、たとえ「私服でお越しください」と言われたとしても、オフィスカジュアルかスーツどちらかを選択するのが無難です。
なぜなら、登録面談で派遣コーディネーターが抱くあなたの印象によって、お仕事を紹介できる人材なのかどうか?を判断しているからです。

ただし、サイズの合わないスーツや、クリーニングしてない汚れやシワだらけの状態では、普段着よりも悪印象を与えてしまいます。
派遣登録会では、顔写真の撮影を求められるケースもあるので、服装だけでなく、清潔感のある髪型やナチュラルメイクにも気を配ってください。

オフィスカジュアルとは

オフィスカジュアルとは、フォーマルなスーツほどきっちりしすぎず、少しカジュアルに着崩した服装のことで、基本的には出勤時を想定してコーディネートします。
しかし、派遣登録面談の場合、派遣会社の面接ではありませんから、定義があいまいで、悩んでしまうところですよね。

押さえておきたいポイントは、主に以下の2つが挙げられます。

  • 清潔感・品の良さ…シワを伸ばし、アイロンがけしておくのはもちろん、ブラック・ホワイト・グレー・ベージュといったシックなカラーを選び、清潔で品の良い印象を与えること
  • サイズ…自分の体形にマッチした服装を選ぶ

女性のオフィスカジュアル

オフィスカジュアル
出典:https://zozo.jp/

基本的には、シャツ(ブラウス)の上にジャケットを合わせて、パンツやスカートが無難です。
靴はヒールがあまり高くないパンプスを選びましょう。

男性のオフィスカジュアル

基本的には、シャツかワイシャツの上にジャケットを羽織り、下はチノパンと革靴で合わせます。
男性の場合、スーツとは違い上下で色の異なるコーディネートをすることで着崩すスタイルです。

「普段着OK」「私服OK」イコール自由な服装ではありません

「登録面談にお越しになるときは、私服でお越しください」と言っていただける派遣会社も多いんですが、どんな服装でもイイですよという意味で言っているわけではないんです。
あくまでも、「面接の場ではないので、スーツの着用はせず、リラックスしていらしてくださいね」と伝えてるに過ぎません。
間違っても、友人と遊ぶときにするようなネイルやメイクをしたり、家で過ごすときのラフな格好で来社してはいけません。

服装について、どうしても不安なら電話などで「どんな服装が望ましいでしょうか?」と相談してみてください。
聞きづらく感じるかもしれませんが、分からないことを聞くのは社会人として大切なこと。
むしろ相手にマジメで真摯な印象を与えるきっかけになりますから、マイナスに働くことはありません。

こんな服装はNGです

男女ともに、基本的には露出度の高い服装はNGとなることを念頭においてください。

女性であれば、鎖骨がみえるほど胸元の開いたキャミソールやノースリーブ、ミニスカートやショートパンツ、サンダルは完全にアウトです。
仮にジャケットを羽織っていたとしても、やはりNGですね。

男性は、スウェットやパーカー、ジャージ、TシャツやGパン、スニーカー、サンダルといったカジュアルな服装を避けてください。

夏や冬はどうする?季節別の服装について

また、共通して言えることは、派手な柄や色のデザインは避けて、落ち着いた色合いの服装を選ぶよう心掛けてください。
夏場はクールビズの慣習が浸透しているため、無理にスーツやネクタイ、ジャケットを着る必要はありませんが、女性はとくに露出しすぎてないか気を配ってください。
冬は手袋・マフラー・コートなどの防寒具を身に着けても構いませんが、室内で相対する場面では、すべて脱ぐのがビジネスマナーです。

季節やその場に合った服装ができるかどうかも、派遣コーディネーターは評価項目の一つとして見ています。
清潔感を出しつつ、「この人になら仕事を任せられそう」と感じていただけるようなコーディネートを心がけてください。

派遣先との顔合わせ(面接)はスーツがベスト

派遣先との顔合わせは、派遣法では禁じられているものの、実際には派遣先企業が派遣社員を選定する目的で実施されています。

顔合わせのときは、企業面接に臨むときと同様に、スーツ着用がベスト。
ただし、工場系求人の顔合わせ当日に工場見学もするので、ケガをしないようGパンや作業着の着用を求められるケースや、アパレル系求人で、派遣社員のファッションセンスを見るために、あえて私服指定されるケースもあるので、一概にスーツ一択!とはいえません。

繰り返しますが、派遣先との顔合わせは企業面接です。
服装も採用基準に入るわけですから、派遣会社の担当営業マンと打ち合わせをして、ケースバイケースで対応していくのが望ましいですね。

髪型や髪色、メイクや小物にも気を配ろう

基本的に清潔感ある髪型や髪の色ならOK

まず髪型に関しては、整髪料で寝ぐせを直し、前髪が目にかかるようなら、おでこが見えるようセットすることや、ロングヘアの場合は後ろで結んでまとめることで、印象はかなり違ってくるものです。

髪の色は、黒または目立たない程度の茶髪に留めて、赤や黄色などの奇抜な色に染めるのはNGです。

男性は、ヒゲの剃り残しがないか、鏡でよく確認しましょう。

メイクや小物などの扱いにも注意

ノーメイクは、ビジネスの場ではマナー違反とみられます。
健康的なナチュラルメイクで、派手な印象にならないよう気を配ってください。

つけまつげ・カラーコンタクト・ピアス・イヤリング・ネイル・香水といったオシャレは、基本的にすべて避けてください。
マニュキュアを塗るのであれば、透明なものを選びましょう。

腕時計は、ゴツゴツした大きめのカジュアルなデザインは避けて、ビジネス用のシンプルなものを使う方が、好印象です。

派遣会社の登録面談に必要な持ち物

  1. 印鑑
  2. 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・マイナンバー・パスポートなど)
  3. 給与振込用の通帳(支店名・口座番号)
  4. 筆記用具
  5. 履歴書・職務経歴書

1.印鑑は基本的にシャチハタはNG

ほとんどの派遣会社で、シャチハタはNGです。
以前、当サイトでいくつかの大手派遣会社にシャチハタ印鑑の使用について、調べたことがあります。
調べた内容を以下の記事をまとめていますので、ご確認ください。

関連記事
印鑑とケース
派遣登録で印鑑が必要となる理由

「派遣登録に必要な持ち物の中に印鑑があるけど、これって何に使うの?」 初めて派遣登録される方は、印鑑の使用目的が分からないことから不安になるかもしれません。 サギ被害などで書面へ捺印したことで騙された ...

4.筆記用具を持参して、スマホでメモは避けた方が無難

最近では、スマホでメモできるからメモ帳に書き込む習慣がない方も多いと思いますが、中高年齢層のサラリーマンの中には、快く思わない方も大勢います。
登録面談や顔合わせ(面接)の場では、筆記用具を持参しておいた方が無難です。

5.履歴書や職務経歴書は、事前のWeb入力ができれば必要ナシ

履歴書や職務経歴書は、どの派遣会社でも必須となりますが、最近ではWeb上でマイページを開設後、登録面談前に自宅で入力ができるケースがほとんどです。
ただし、登録面談当日や、顔合わせ当日では、相手からの質問に受け答えできる準備が必要ですから、ポイントになる部分はメモしておいた方が安心です。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

7位.テクノサービス
テクノサービスの求人はほぼ製造系。未経験からでも始められる求人が全体の約8割。管理人が初めて利用した派遣会社。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区


!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

転職・キャリアランキング

-派遣登録について
-,

Copyright© 未経験者におすすめ!派遣会社ランキング , 2019 All Rights Reserved.