派遣の面接(顔合わせ)

派遣顔合わせを同時進行させるコツと上手な断り方

更新日:

派遣で仕事を早く見つけるためには、複数登録も大切ですが、気になる求人へどんどん応募していくのがコツですよね。
応募時点で不採用となった場合は次へいけば良いのですが、問題は顔合わせとなった時です。

複数の派遣会社を利用していると、複数の顔合わせ案件を同時進行させることになります。
派遣会社に言った方が良いのか?採用に影響したり評価は下がる?違法行為となるのか?などと色んな不安感を抱いているでしょう。

結論からいってしまえば、顔合わせであっても同時進行するのは当たり前ですし、違法でも何でもないのですが、派遣元・派遣先との関わり合いもあるので、何でも自分の思い通りにというわけにもいきません。
最低限のマナーは確かに必要だとは思います。

しかし、派遣どうこうの前に、労働者としての持つべき当然の権利を放棄する必要はないです。

ここでは、顔合わせの同時進行をするやり方や、断り方についてをテーマに記事を執筆いたしました。
ご参考になれば幸いです。

そもそも顔合わせ選考が限りなくグレー

そもそもが、労働者派遣法において、顔合わせと称した事前面接による人材選考や、他社競合させて気に入った人材を採用することは完全に違法行為です。

労働者派遣(紹介予定派遣を除く。)の役務の提供を受けようとする者は、労働者派遣契約の締結に際し、派遣労働者を特定することを目的とする行為をしないように努めなければなりません。(労働者派遣法第26条第7項)

なぜ、違法行為が世の中でまかり通っているのか?
その理由は、派遣のルール自体が「努力義務」であって大きな罰則がないことや、水面下に浮上しづらい問題であることが考えられます。

顔合わせの同時進行は、実行しても全く問題はありません
というか、企業が個人を待たせるのはOKなのに、個人が企業を待たせるのは何故ダメなのか・・??不思議です。
むしろ、派遣先が他社も利用して複数のスタッフと顔合わせしている方がよっぽど違法行為です。

それに顔合わせというものは本来、派遣元や派遣先が強要して良いものではなく、派遣スタッフである労働者が希望する場合のみ実施することが許されています。
そして、顔合わせ終了後に就業するかしないかを判断する権利も、もちろんスタッフ側にあります。

参考資料:www.jassa.jp/admin/info/upload_image/050801jizenmensetsu.pdf

しかし、そうはいっても世の中のすべてのことはルール通りに事が進まないのも事実。
考えるべきポイントというのは存在します。

同時進行を派遣営業マンに伝えると採用に影響する?

派遣顔合わせの同時進行に不安を感じる女性

私は、正直に他社エントリー状況を話してしまうタイプですが、中には「評価が下がるのでは?」と不安に思う方も多いでしょう。

通常、顔合わせの段階では派遣元と雇用関係にないわけなので、採用基準に触れるのはお門違いなわけですが、世の中には色んな人間がいるので、一概に「隠さないで絶対大丈夫!」とは言えません。

ちなみに私なら、そんなことで評価する派遣元だったとしたら、「ハズレくじを引いたな」と思って二度と利用しないです。

人材業界において、顔合わせの同時進行は暗黙の了解なわけですが、それでも聞いてくる営業マンをかわすには「他の求人も検討中です」とでも答えておけば良いと思います。

聞かれて黙り込むわけにもいかないですし、かといって「応募はこの案件だけです!」と真っ赤なウソをつくのも…という方にピッタリのフレーズではないでしょうか。

他へエントリーすることを止めるよう強要されたら

そう答えてもなお、しつこく「この求人は顔合わせ後、即日勤務だから」と他社へエントリーする行為を暗に止めようとする派遣営業マンがいたとします。

この時点で個人的にはこの派遣会社はブラック確定であり、そんなブラック会社の紹介する求人も怪しむべきだと思うのですが、それでも顔合わせを受けたければ「分かりました。では、採用は決定したと考えて、他の仕事応募はすべてキャンセルしても問題ないですかね?」といった口頭契約をしておくのが良いでしょう。

勘違いしやすいですが、雇用の責任は派遣先ではなく派遣会社。
「あなたで進んでいます」などと都合の良いことを言っておきながら、顔合わせ後に「不採用でした。後は自力で頑張って」だけでは、企業責任を果たしているとは言えません。
ダメだったときの補償に関する交渉はしても良いと思いますよ。

ちなみに、派遣会社の常とう文句として「他で、具体的に進んでいるお話はありますか?」と聞いてくる良くある質問。
この表現って、見方によっては色んな意味に捉えられますよね。
顔合わせだって、実際は他社競合の状態だとしたら、ゼンゼン「具体的ではない」わけですから…なので、この質問をされたからといって、バカ正直に状況を答える義務はありません。

派遣顔合わせの断り方

派遣顔合わせを断る女性

派遣顔合わせが終わって、断る段階となると「どう伝えて良いか分からない」「別の希望案件の結果を待ってから返事をしたい」欲求が湧いてくるもの。
これまで、複数の求人を同時進行する権利があるというお話をしてきましたが、同時に期日通りに返事をするというのも、社会人として果たすべき責任です。

関連ページはこちら ↓

派遣顔合わせ直後の意思確認、返事はいつまでにするべきか

まともな派遣営業マンであれば、顔合わせ終了直後に返事を迫ることはないハズですが、仮にそうなったとしても、この段階で「やる」「やらない」を即決する必要はありません。

顔合わせの直後に派遣営業マンと話すのは、感想を述べる程度で十分です。
もちろん、やりたい仕事であれば伝えれば良いですし、検討したいなと思えば「就業したい気持ちは○割くらいです」などと答えても良いでしょう。

ただし、社会人として期日を決めるのは常識なので、いつまでに返事をするのかは、派遣営業マンへ伝えるべきです。
後述しますが、他社の案件へエントリー中で、返答を引き延ばしたいなら、正直に伝えてしまっても私は良いと思います。

他社の顔合わせ前に返答期日が来た!

返事を持ち帰ったとしても、他社の顔合わせの前に(※もしくは結果が出る前に)返答期日が来た場合。
こうなるともう、断るか正直に話して返答期日の延長を打診するかです。

そこで、(派遣先が)待てないとなれば諦めるしかないです。

また、他社を受けていることを隠しつつ断りたい場合、その理由を考えるのは意外とコツがいりますね。
就業条件などを理由にすると、「じゃあ何で顔合わせ前に言ってくれなかったんですか?」ということになってしまい、派遣会社からの信用を失ってしまうリスクがあります。

ベストな断り方は、社内見学をしていたなら、「派遣先の雰囲気がどうも合わなくて・・・」がおすすめ
顔合わせのみなら、「派遣先責任者の方が苦手で…」などで良いでしょう。

派遣顔合わせを断るコツとしては、いかに派遣営業マンに致し方ないと思わせられるかどうかです。

他社で就業が決まってからの断り方

電話などで派遣会社から「決まりました」と言われたら、後は自分が就業の意思を示せば、口頭でも契約は成立しますから、就業決定と考えて問題ありません。

他社のエントリーに関しては、断るのはマナー違反でも悪いことでもないとはいえ、これまで関わって頂いた派遣元や派遣先へ敬意を払うのは、人として当然のマナーです。

前述のように、最後まで他社エントリーを隠したいなら、それでいいです。
しかし、派遣会社同士の繋がりによってバレてしまうリスクもありますので、この最終段階では正直に言った方が良いと私は思いますよ。

そもそも派遣先に断らせない方法もアリ

ちょっと本題とズレますが、派遣顔合わせってなかなか話が進まなくてイライラすることがありますよね(^ ^;)。
もし、派遣先が緊急に人材を欲している状況であるなら、採用が決定するまでの時間は派遣元営業マンの交渉力次第で早まる可能性があります。

事実、僕が過去に就業した求人もそれでした。
派遣先は、正直僕をあまり気に入ったわけではなかったようですが(^ ^;)、派遣元営業マンは人手が足りない状況を知っていたので、そこを突いてうまく交渉した結果、即日に採用をもらうことが出来ました。
結果的には、9日間でクビになってしまったのですが…

まとめ

「顔合わせはお見合い」のようなものだと考えています。
お見合いも、双方の気持ちが向かないと成立しないことですし、日取りが決まっていてもどちらかに良い人が現れたりくっついてしまったら、成立しないものですよね。
でもこれって、気持ちや感情が深くかかわっているので、個人ではどうにも調整出来ないことです。

派遣顔合わせも、いくら日にちが決まっていても、それまでにどう過ごそうと個人の自由ですし、その間にもっとやりたい仕事が見つかれば、スケジュール調整次第で乗り換えることは可能です。
ただし、答えはその場で即決できるほど軽い問題ではないですし、優先順位だけは常に考えて、結論を出しておきましょう。

また、派遣顔合わせを同時進行させることも大切ですが、その前段階において、派遣会社から必要な情報を聞き出したり、事前の採用期待度を自分なりに図っておくことも大切です。
顔合わせとなる時点で、派遣元はある程度自分に期待を寄せていますから、このチャンスは絶対に逃さないよう情報収集は妥協せず行いましょう。

関連ページはこちら ↓

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

7位.テクノサービス
テクノサービスの求人はほぼ製造系。未経験からでも始められる求人が全体の約8割。管理人が初めて利用した派遣会社。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区


!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

転職・キャリアランキング

-派遣の面接(顔合わせ)
-

Copyright© 未経験者におすすめ!派遣会社ランキング , 2019 All Rights Reserved.