派遣会社を探す豚

派遣登録について

【派遣会社の選び方】比較基準を解説します

2019年8月2日

派遣会社と一言でいっても、様々なタイプがあり紹介出来る仕事も一般職から専門性の高い仕事まであります。

なので、やみくもに自宅に近いからといった理由で適当な選び方をしていると、せっかく登録を申し込んでも希望の求人紹介やサポートを受けられないことになってしまいます。

基本的に、派遣は今までのキャリアや身につけてきたスキルを生かして働くスタイルです。自分の適性や強みが生かせる派遣会社を選択するようにしましょう。

仕事を探す地域から選ぶ

地域から選ぶというのは、単純に自宅から近い(もしくは希望勤務地から近い)地域の求人紹介に強い人材派遣会社を選ぶということです。

私自身、当時は新潟で派遣会社を探していたのですが、地域ごとのおすすめ派遣会社をまとめた情報がなく、登録先を決めるのに苦労した覚えがあります。

そこで、当サイトでは、大手や中小を含めたすべての人材派遣会社を、求人の多い順にリストアップした記事を、47都道府県ごとに調べてまとめています。
登録先をお探しの方は、下記のコンテンツをご参考にしていただければ幸いです。

関連記事
手帳を持つ女性
【47都道府県別オススメ派遣会社】職種別まとめ

ここでは、求人の多いオススメの派遣会社の中から、「事務・オフィスワーク」「アパレル・販売」「工場・製造・軽作業」や「紹介予定派遣」に強い派遣会社を、47都道府県ごとにまとめました。 お仕事をお探しのエ ...

働き方で選ぶ(長期・短期・単発)

派遣会社によっても、単発(スポット)求人に強いところもあれば、派遣から正社員が狙える紹介予定派遣に強いところもあります。派遣は長期から短期、単発まで幅広い働き方を選べるので、自分の希望に合ったところをチョイスすることも大切です。

長期と短期の求人は大体どこの派遣会社でも取り扱っていますが、「好きな時に働ける短期(単発)求人だけ希望」という方は、登録出来るところはかなり限られてきます。

関連ページはこちら ↓

紹介予定派遣に挑戦する女性

紹介予定派遣とは

2019/11/19

【紹介予定派遣の実際】メリットデメリットを理解して利用しましょう

ここでは、紹介予定派遣の実態について、大手を中心に求人数や取り扱う職種の割合などに、フォーカスしていきます。 そして、筆者が実際に受けた紹介予定派遣の面接のお話、そしてその体験から、紹介予定派遣で採用を勝ち取る為に必要な派遣会社選びのコツなどをシェアします。 「これから紹介予定派遣を受けてみたいけど、しくみや情報を知りたい」という方にはお役にたてる記事だと思います。 今スグおすすめ派遣会社をチェック ↓ ↓ 紹介予定派遣とは 本題に入る前に、紹介予定派遣という制度について簡単な説明をします。 紹介予定派遣 ...

学生派遣バイトで稼ぐ女性

学生派遣

2019/10/7

学生にこそ派遣をおすすめしたい!高時給で稼ごう

ここでは、おすすめの優良派遣会社を探す学生の方を対象に、まず人材派遣のしくみや登録から就業までの流れ、派遣会社を選ぶポイントなどをまとめました。 派遣会社探しのお役に立てれば幸いです。 今すぐおすすめ派遣会社を見る ↓ 人材派遣とは?登録から就業までの流れ ※タップして拡大 人材派遣とは、派遣会社を通じて求人紹介を受けて、派遣先で働くビジネスモデルです。 派遣先とは指揮命令の関係性でありながら、雇用契約は派遣元会社と結ぶのが大きな特徴になります。 派遣とアルバイトの違いについて ↓ step1派遣登録の申 ...

登録型派遣とは

2019/11/14

【正社員・契約社員・派遣・バイトをホンキで比較】派遣で働くメリットデメリット完全ガイド

派遣で働くメリットデメリットについては、正社員やアルバイトなどと比べて求人が少ないため、あまり知られていない傾向があります。 そのため、派遣のしくみを理解せずに働きだしてしまい、うまくメリットを生かし切れない方が多いです。 本記事では、派遣のメリット・デメリットを、派遣歴5年の私の主観も交えながら、一つずつ丁寧に解説いたします。 派遣のメリット12選 残業がない 派遣は、有期雇用契約で働くため、派遣先は、終身雇用となる正社員や、半年や年に一度の契約更新を繰り返す契約社員やパート・アルバイトなどと比べて、人 ...

正社員型派遣で働く女性

常用型派遣とは

2019/11/10

無期雇用で働ける?常用型派遣のしくみと募集状況について

常用型派遣は、無期雇用で働ける新しいスタイルです。 登録型派遣と違い、待期期間も給料が出る無期雇用契約となるため、安定度はアップします。 常用型派遣は、20代の若年層であれば、職種未経験でもエントリー可能なので、該当する方は検討しても良いのではないでしょうか。 本記事では、常用型派遣についての説明と、メリットデメリット、他の雇用形態と比較した結果などをシェアします。 \\今すぐおすすめ常用型派遣を見る// 常用型派遣とは? 常用型派遣は、「無期雇用派遣」や「正社員型派遣」などと呼ばれる、無期雇用契約を結ん ...

友人からの紹介で選ぶ(お友達紹介制度)

派遣会社ではお友達を紹介してもらうと紹介者(派遣登録したスタッフ)と紹介してもらった人双方にQUOカードなどの特典が付くことがあります。
期間は不定期で行われるところが多い印象です。

下記リンク記事で大手派遣会社のお友達紹介制度についてまとめています。

営業マン前田
「類は友を呼ぶ」という諺があるように、派遣就業してくれているスタッフさんから紹介頂いた方は総じて活躍していただける傾向にあります。

紹介する側も紹介される側も一定の責任感を感じて頂けますので派遣会社としては嬉しいパターンと言えます。

関連ページはこちら ↓

ノートパソコンと女性
派遣のお友達紹介キャンペーンの登録特典まとめ【2019年12月更新】

全国にたくさんある派遣会社のうち、お友達紹介によるキャンペーン制度を設けているところがあります。 派遣登録者である派遣スタッフが、自分の友人や知人をその派遣会社へ紹介して登録することで、商品券やポイン ...

続きを見る

「月間人材ビジネス」の派遣スタッフ満足度調査結果を参考に選ぶ

同じ地域で働いた経験のある派遣スタッフから口コミ情報を得るのがベストですが、なかなかそう都合よく友人や知人はいないかと思います。

そこで頼りにしたいのがネット上の口コミ情報なわけですが、正直にいって信ぴょう性の観点から不安が残りますし、ほとんどのサイトの口コミ情報は支店情報まで掲載していないので、自分が登録利用する派遣会社の事業所に関する情報を得るのは難しいものです。

それならば、大手派遣会社に焦点を絞って口コミランキング情報から選ぶのがおすすめの選び方です。

人材業界の最新ニュースや動向などを取り上げている「月間人材ビジネス」という雑誌が、「株式会社オピニオン」という企業から毎月出版されています。

この「月間人材ビジネス」は、購読するには1冊2,400円(※税・送料別)と高いですし、正直内容はそんなにおもしろいものではないのですが、半年に一度のタイミングで、実際に派遣スタッフとして働く方や登録をしている方を対象に集計したアンケート結果を元に、派遣会社ランキングを掲載しています。

参考サイト➡http://www.jinzai-business.net/backnumber

「月間人材ビジネス」の公式ホームページでは、毎月出版している雑誌の見開き2ページだけ無料で閲覧することが可能です。しかし、残念ながらすべてのランキング結果を知ることが出来ません。

すべてのランキング結果を見たいなら、派遣総合求人サイト「はたらこねっと」が掲載しているページをチェックするのがおすすめです。

はたらこねっと

出典:http://www.hatarako.net/contents/choice/

これは、「はたらこねっと」が派遣満足度調査結果を元に掲載しているランキングです。最新のアンケート結果を元に作成されたランキングなので、ここから派遣会社を選ぶのも良い方法です。

親切な派遣会社を選ぶなら「口コミ」がポイント

「対応が親切な派遣会社を選ぶのはどのランキング結果を参考にすればよいのか?」

これは、「所属している派遣会社を友人に薦めたい」かどうかで選ぶ「口コミ率ランキング」が最も参考になるかと思います。

なんでもそうですが、友人に何かを薦める時って適当ではなく、本心から「良い」と思ったものですよね。

近年の実績でいうと、「パソナ」は第17回から23回まで7連続でクチコミナンバーワンを獲得した実績がありますし、直近の結果を見ると、第26回は「アデコ」がクチコミナンバーワンを獲得しています。

注目すべきは大手派遣会社

当サイトにおいて、派遣登録を推奨しているのは大手派遣会社です。「大手」というのは、どこまでがそうなのか線引きが難しいところですが、僕の場合ネット検索で良く掲載されているとかビジネス誌において「大手」と称されている会社をそう定めています。

大手派遣会社の特徴

大手派遣会社の特徴としては以下の点が挙げられます。

  • 福利厚生の充実
  • スキルアップ支援制度が確立している
  • 未経験者からキャリアのある人材まで幅広い仕事紹介が可能
  • 求人数が豊富
  • 取り扱う職種が豊富

大手派遣会社を利用するメリット

大手派遣会社は、年一回の健康診断を無料で受けられる(※長期の就業者を対象)特典や、ベビーシッターを安く利用出来たり、ポイントサービスシステムを設けているところもあります。
また、レジャー施設を安く利用出来たり、特定のオンラインショッピングを割引価格で利用出来るところもあります。

個人的にはあまり興味のないところですが、福利厚生面の充実度を重視されている方は、大手派遣会社を利用した方が良いでしょう。

また、大手ではスキルアップ支援も力を入れています。自宅学習型の自分のペースで進められるイーラーニング、提携スクールでの受講、面接対策講座など幅広い分野を取り扱っています。

最後に、これが一番のメリットですが、大手は全国各地に支店があり、求人数が多く職種も幅広いです。未経験者からスキル、経験のある方まで利用しやすい環境といえます。

大手派遣会社を利用するデメリット

僕は中小も含めて派遣登録をして利用してきました。大手だからとってデメリットがあるというのは、個人的には感じません。

「大手は一人当たりの担当スタッフが多いからサポート力が弱い」という意見も耳にしますが、だからといって地域密着型の中小派遣会社がサポート力が高いようには感じませんでした。派遣担当者の一人当たりの負担は、(こちらの体感的には)どちらもあまり変わらないように思います。

主な大手派遣会社

  • アデコ…語学系やIT・エンジニア、紹介予定派遣求人が豊富な特徴がある。
  • パーソルテンプスタッフ…国内最大手のトップ企業グループ。あらゆる職種求人を取り扱っている。
  • パソナ…事務・オフィスワーク求人に強い大手グループ。
  • オー人事スタッフサービス…日本全国47都道府県に拠点を持つ、事務・オフィスワーク求人数ナンバー1の派遣会社。
  • マンパワーグループ…紹介予定派遣求人に強い、日本国内で50年以上の実績を持つ大手グループ。
  • リクルートスタッフィング…首都圏エリアで圧倒的なシェア率を誇る、リクルートグループの人材派遣会社。
  • ヒューマンリソシア…教育関連事業であるヒューマンアカデミーをバックボーンとした、大手人材派遣会社。
  • テクノサービス…工場・製造・軽作業系求人数ナンバー1の大手人材派遣会社。
  • ランスタッド…テクノサービスに次いで、工場・製造・軽作業系求人に強い大手人材派遣会社。

大手派遣会社はこんな人におすすめ

派遣初心者は、大手派遣会社からの利用をおススメします。上述したように、大手を利用すれば未経験者から能力の高い人材まで幅広い求人の紹介が期待できます。

ブランク明けの主婦層や社会人経験の浅い人でも、案件によっては就業可能な求人はあります。転職活動でなかなかうまくいかない人なども、繋ぎとして大手派遣会社を利用して働くやり方も悪くないでしょう。

営業マン前田
総合的に大手派遣会社を選択しておくことが望ましいです。

顧客においても大手企業を押さえていますし、職種も豊富です。

一言で言うと営業力に圧倒的な差があります。

絶対に外してはいけない選択肢です。

大手企業に入りたいなら資本系の派遣会社

派遣会社というのは、大別すると以下の2つに分けられます。

  • 独立系・・・人材派遣事業を専門としている派遣会社
  • 資本系・・・親会社を母体として子会社として設立された派遣会社

資本系の派遣会社を利用すれば、親会社や関連グループ会社へ派遣されることになります(※必ずではない)から、正社員では難しいような大企業へ潜り込めるチャンスがあるのが特徴であり、メリットです。

デメリットとしては、大手派遣会社のように幅広い求人がないので、目的のはっきりしていない求職者には向かない派遣会社のタイプです。

主な資本系の派遣会社

グループ企業派遣の8割規制

テンプグループやパソナグループ、リクルートグループと記載されている派遣会社は、買収されたそうです。大手が資本系の派遣会社を取り込む動きは、下記の派遣法改正が大きく関わっているとの見方が有力です。

派遣会社と同一グループ内の事業主が派遣先の大半を占めるような場合は、派遣会社が本来果たすべき労働力需給調整機能としての役割が果たされないことから、派遣会社がそのグループ企業に派遣する割合は全体の8割以下に制限されます。

出典:派遣元事業主・派遣先の皆様 | 厚生労働省HP

今後の動きとしては、恐らく資本系の派遣会社はどんどん縮小していくだろうという見方が有力なようです。
申し訳ないですが、僕は大手や地域の中小派遣しか登録利用経験がないので、資本系派遣会社についてはこれくらいしか分かりません。

資本系派遣会社はこんな人におすすめ

大企業で就業することを希望している方。ただし、今後の動向に注意が必要です。

営業マン前田
資本系派遣会社は親会社(メーカーであることが多い)へ興味のある方は、必ず選択肢に入れてください。

その会社の派遣需要においては大手派遣会社にひけは取りません。当然です。
外部に売上を立てるよりもグループ企業に売上げを立てた方がイイですから

専門分野に特化した職種特化型派遣会社

職種特化型派遣会社とは、「IT系」「販売」「経理業務」「クリエイティブ」「金融」「医療系」といった特定の分野に強い派遣会社です。経験者が優遇されるのはどこの派遣でも一緒ですが、未経験者からステップアップ出来る教育体制が充実しているところもあるようです。

職種特化型派遣会社の特徴

  • 専門分野に強い派遣コーディネーター
  • 専門分野に特化した教育体制
  • 派遣先との密な関係性
  • 未経験からステップアップできる

職種特化型派遣会社を利用するメリット

大手や中小派遣会社は、様々な求人の取り扱いがあるので仕事探しには便利ですが、派遣コーディネーターが就業内容を把握していなかったり、説明が不十分である場合があります。その点、職種特化型であれば、専門分野に強いコーディネーターが在籍しているので、深いところまで相談したりフォローしてもらうことが期待できます。

また、教育体制を強化している派遣会社に登録すれば、未経験からステップアップ出来る可能性もあるようです。

職種特化型派遣会社を利用するデメリット

大手と違い、取り扱う求人の幅が狭いのでキャリアチェンジを図るには不向きなタイプです。

主な職種特化型派遣会社

  • エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」 ・・・2017年1月1日、「インテリジェンスの派遣」と「テンプスタッフ・テクノロジー」の統合によって設立された人材派遣会社。IT・エンジニア派遣に特化した人材派遣事業を展開しています。
  • iDA(アイ・ディ・アクセス)

    ・・・アパレル・ファッション・ラグジュアリー業界専門の派遣会社です。アパレルの分野では最も求人数が多いといわれています。
  • テンプスタッフ ・・・最大手のテンプスタッフグループが運営しているアパレル専門の派遣会社です。取扱ブランド数1000以上。
  • ジャスネットスタッフ ・・・会計、税務、経理・財務分野に特化した派遣会社です。未経験者からも利用できるのが強み。
  • ビースタイル・・・主婦層を中心に仕事紹介をする派遣会社。ワークシェアリングで働ける求人を取り扱うのが特徴。
  • イマジカデジタルケープ・・・Web業界に特化した派遣会社。求人としては正社員の方が多い。

この他、看護師などの医療系や、近年関東地域を中心に需要が上がり続けている保育士専門の派遣会社などもあります。

職種特化型派遣会社はこんな人におすすめ

専門性の高い仕事を希望している方に向いています。ただ、大手も専門分野の求人を取り扱っていないわけではないので、大手と特化型の両方に登録して利用していくのが賢いやり方です。

専門性の高い仕事を希望する場合、未経験者のレッテルはより不利に働きますので、幅広く派遣や転職サービスに登録してチャンスを狙うのが良いと思います。

営業マン前田
「やりたい仕事」が決まっている方は職種特化型の派遣会社も押さえておきましょう。先ほどの資本系と同じ理論ですが、「その職種」に限っては大手派遣会社にひけを取りません。

まとめ

世の中にはまだまだたくさんの派遣会社が存在します。ここですべてを紹介するのは無理なので割愛しますが、どんな分野で仕事をするにしても大切になってくるのが派遣会社選びです。

まず、これまで挙げた「大手派遣会社」「資本系派遣会社」「職種特化型派遣会社」のタイプの中で、自分がどこに当てはまるのかを考えるとある程度絞っていけると思います。といっても、2つ以上のタイプに該当するケースもあると思いますが。

大手派遣会社・・・幅広いたくさんの求人があるので、最初に登録しておきたいタイプの派遣会社。

資本系派遣会社・・・大企業に勤めたい方向けの派遣会社。ただし、今後このタイプは縮小傾向にある。

職種特化型派遣会社・・・専門性の高い仕事に就きたい方向け。保育士や看護師などは今後需要が高まっていくと予想されるので狙い目。

注意点としては、資本系は派遣法改正により減少傾向にあることと、職種特化型は職種に需要があるかないかによって就業出来るかどうかが左右されるところです。

アベノミクス効果で全体の景気は上昇傾向にあるものの、職種別にみると例えば「事務系」職種などの有効求人倍率はあまり変わっていません。

そうなると、今後例えば「経理職」のスペシャリストを目指したとしても、買い手市場の状態からなかなか仕事が決まらないかもしれません。これから派遣を選んで働こうとする方は、こうした市場動向にも関心を持っておきたいところです。

営業マン前田
派遣会社を選択する要素は沢山あります。

希望する要件に強みがある派遣会社を選択することが、希望の仕事に就く近道です。

その際も必ず大手派遣会社への登録は押さえておきましょう。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-派遣登録について

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.