派遣契約更新より乃木坂コンサートを優先する男性

派遣で働く

派遣契約更新の断り方【派遣先を一日で退職した私が思うこと】

派遣契約更新を断るときに大切なことは、いかに派遣元会社からの評価を落とさずに派遣先から去ることです。

本記事では、契約更新のベストな断り方を5つと、おすすめしない断り方も同時に解説します。

契約更新の断るタイミングは満了日の一ヵ月前がベスト

派遣は長期案件の場合、2~3ヵ月スパンで契約更新を繰り返すので、契約満了日の一ヵ月前くらいになったら、派遣「元」会社の担当者へその旨を伝えましょう。
タイミング的に無理なら、満了日の2週間前までには伝えておきたいですね。

契約更新の断りを入れる相手は、派遣「先」ではなく、雇用主である派遣「元」会社です。

派遣元よりも派遣先に情報が伝わってしまうと、派遣先には辞めたあなたの分の補填をしなければいけない事情があるため、他の派遣会社へ人材をオーダーしてしまうリスクがあります。
派遣元としては、派遣先が他社に乗り換えるのは死活問題ですから、無用なトラブルを起こさないよう気を付けてください。

ただし、今までお世話になってきた派遣先には自分の口から伝えたい方もいると思います。
派遣元へその旨を相談した後なら、自分から派遣先へ契約更新をしないことを伝えても問題はないでしょう。

初回の契約更新で断るのは非常識?

初回契約だから断りづらいと感じるのは派遣スタッフ側の意見であって、雇用する側の都合としては、お仕事が続かないなら早めに結論を出してもらった方が良い場合もあります。

突然、音信不通になったり、遅刻や早退を繰り返してクビになるなどのケースを除けば、初回契約でお断りするのはとくに問題はありません。

ホンネと建て前を上手に!契約更新をうまく断る例文つき理由5選

ここからは、派遣歴5年の私がおすすめしたい契約更新の断り方を5つ、シェアします。

本格的に転職活動をスタートしたい

「年収アップを目指して、転職先を検討してみたくなりました」
「実家の家業を継ぐことになり、決断いたしました」
「以前からやりたいお仕事(または業種・業界等)に就きたいので、今回で退職とさせてください」

管理人コメント

次のステージへのキャリアアップであることを伝えるのは、もっとも良い理由ですね。
派遣会社から見ても、「この人になら、また求人を紹介したい」と思ってもらえる期待が持てます。

オススメ度

一身上の都合により…

「突然で申し訳ございません。今回、一身上の都合により、契約更新せずに退職させてください」

管理人コメント

「一身上の都合」というのは、退職理由が会社側に原因がなく、個人の都合によるもの。
最近では、個人情報保護の観点から、派遣会社側もこう言われては深く突っ込みづらいところはあるんですね。

オススメ度

○○の資格取得に向けて、勉強するための時間をとりたい

「今回、経理事務員を目指すために、日商簿記2級にチャレンジすることになりました。勉強時間を確保したいので、今回は退職させてください」
「将来への投資の一環として、語学留学に行くことになりました」

管理人コメント

資格取得や留学による退職なので、前向きな印象を残したまま去ることができますね。

オススメ度

仕事についていけなかった

「派遣先に入って、自分なりに周りに質問したり、空いた時間でも勉強を頑張ったのですが、どうしても職場のお荷物状態になってしまっているので、今回は終了とさせてください」

管理人コメント

「仕事ができないから」を理由にするのは、裏を返せば「私は派遣先で労働力を提供できませんでした」と伝えているのと一緒なので、派遣会社からの評価としては、下がるリスクはあります。
しかし、「これだけ一生けん命やったんです!」とアピール材料があるのであれば、悪い印象を与えることはないでしょう。

オススメ度

職場の人間関係に問題がある

「職場の〇〇さんという方が、悪い方ではないんですが、私にだけ会議の時間を伝えなかったり、あからさまに目を合わせないなど、イジメにあっています」

オススメ度

管理人コメント

派遣先に問題があるケースは、実際にありますよね。
もちろん、正直に伝えて退職するのは問題ありませんが、派遣先の悪口を言ってるような印象を与えないよう、気を付けたいですね。

★追記

そもそも、派遣を含めた雇用関係で、退職理由を企業に伝える義務は労働者にはありません。
大手の教育が行き届いた従業員であれば、その辺の理解もあるので、ハッキリ意思表示をしてしまえば、しつこく引き止められることにはなりません。

おすすめできない契約更新の断る理由

以下に挙げた6つの断る理由は、それが真実であればもちろん問題はありません。
しかし、円満退職を目的に、以下のウソをつくのは避けてください。

  • (夫の転勤などで)引越しするため
  • 派遣会社の対応が悪いから
  • 親の介護のため
  • 結婚or出産のため
  • 体調不良のため
  • 家庭を大切にしたくなったため

契約更新を続けるor辞める?メリットデメリットを比較!

ここからは、「派遣契約更新するべきかどうか、迷っている」方に向けて、「契約更新を”する”」「契約更新を”しない”」それぞれのメリットデメリットをリストアップして、比較をしました!

契約更新を続けるメリットデメリット

メリット

  • 在籍する派遣会社からの信用度がアップする
  • 派遣の3年ルールが適用されれば、無期雇用で働ける
  • 収入が安定する

デメリット

  • 自分の一度しかない人生の選択を後で後悔する可能性がある
  • やりたくない仕事を続けることは、スキルアップにつながらない

契約更新を断るメリットデメリット

メリット

  • 次のやりたいお仕事へチャレンジすることができる

デメリット

  • 在籍する派遣会社の信用を失うリスクがある
  • 失業手当の申請は、自己都合退職扱いとなる
  • 次のお仕事が決まらないと、無職になる可能性がある
  • 派遣の3年ルール適用による、無期雇用の転換ができない

こうして契約更新を「する」「しない」それぞれのメリットデメリットを比較してみると、契約更新を断るデメリットがとても大きいことが分かりますね。
理由としては、派遣は有期雇用で働き続ける不安定な雇用形態なので、辞めた後のリスクがとても高いです。

ちなみに派遣先だって自社都合で雇い止めしています

「派遣先の都合で、契約満了前に解約された/されそうになったことがある」とした人に、30 日以上前に通告を受けたか尋ねたところ、「受けた」とする割合は 47.1%であり、「受けなかった」が 52.9%と過半数を占めている。

引用元:https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/haken-shoukai18/dl/09.pdf

(30日以上前に通告を)受けた (30日以上前に通告を)受けなかった
47.1% 52.9%

上記のデータは、厚生労働省による派遣スタッフ調査の一部です。
この資料によると、派遣先の都合で契約満了前に派遣切りにされた方で、30日以上前に通告を受けていない割合がなんと52.9%と半数以上が占める驚きの結果となっています。

自分の都合で退職するとなると、お世話になった派遣担当者や職場の従業員を思い浮かべるかもしれませんが、上記の現状もあるので、あまり自分を責めないようにしてください。

派遣歴5年の私の体験談

自慢できる話ではありませんが、私は過去に派遣の紹介で始めた白モノ家電(※冷蔵庫・洗濯機・エアコン等のこと)の販売員を初日で退職してしまった過去があります。

派遣元会社、派遣先へ多大なるご迷惑をかけたことは重々反省したわけですが、正直にホンネをぶっちゃけるなら、やはり辞めて良かったと今でも思っています。
事前に派遣営業マンと打ち合わせをしたり、派遣顔合わせで詳細を話したとしても、いざ現場に立ってみて「これは違う」となってしまうことは、人間ですから、あるんですよ。

すでに「派遣更新の断り方」を調べている方は、その時点で業務に対するモチベーションは著しく低下しているため、その気持ちを隠して契約更新を繰り返したところで、自分にとっても派遣先にとっても、大きな利益にはならないでしょう。

派遣の契約更新をしないくらいは、良くある話ですので、あまり深く悩まず、気楽に決めてしまいましょう!

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区


!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

転職・キャリアランキング

-派遣で働く

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.