派遣社員にかかわる法律について

派遣契約期間内で辞める方法とは?職歴や退職後の問題について

派遣の契約期間内で辞めることは、基本的にはNGとされているものの、「やむを得ない事情」があり、「派遣会社の了承を得る」ことができれば可能です。

永井
実際に、筆者も2度自分から派遣会社へ辞めたい相談をして了承いただいたことがあります。
営業マン前田
派遣先との契約がある以上、できれば契約更新日までは頑張って頂きたいのが本音ではあります。

しかし、派遣スタッフも人間ですから、様々な問題によって働けなくなることは珍しいことではありません。

ここでは、雇用契約内で辞める方法や手順、退職後にやるべきことをまとめました。
ご参考になれば幸いです。

原則、派遣は契約期間内に辞めることはできない

原則、派遣スタッフから契約期間内に辞めることはできません。

ただし、下記の条文にもあるように、派遣スタッフ側にやむを得ない事情がある場合には、契約期間内であっても、退職することができます。

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。
(雇用の更新の推定等)

引用元:電子政府の専用窓口 イーガブ

”損害賠償の責任”というフレーズにドキっとしますが、雇用主である派遣会社の責任であり、派遣スタッフ個人に請求がいくことはありません。

永井
ただ、円満に辞めたいのであれば、派遣契約更新日がベストです。

また、会社の退職は1ヵ月前、遅くとも2週間前に退職願を出すのが通例になっていますが、有期雇用契約で働く派遣にはこのルールは適用されません。
条文にも以下のように記載されています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
2 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。

引用元:電子政府の専用窓口 イーガブ

営業マン前田
ただ、突然退職を申し出るよりも、できるだけ早めに相談した方が派遣会社・派遣先どちらにとっても良いですね。

派遣契約期間内に辞めるときは派遣会社に相談する

契約内で辞めるときの流れ

事情があって派遣契約期間内で辞めたくなった場合、まず派遣元会社の担当営業マンへ電話やメールなどでコンタクトを取ります。
その後、派遣元と派遣先企業の話し合いが持たれて、派遣先が了承したら退職が決定します。

  1. 相談するのはまず派遣元会社から
  2. 派遣元営業マンから派遣先企業へ報告
  3. 派遣元営業マンの指示を仰ぎ、派遣先企業へ報告

派遣スタッフと労働契約を結んでいるのは派遣元会社なので、いかなる状況下であっても最初に派遣元へ辞める相談をするべきです。

逆に言えば、派遣元から了承を得ていないのに、勝手に派遣先のお仕事を放棄することは許されません。

もし、先に派遣先企業へ辞める相談をしてしまうと、100%派遣元へ話が伝わります。
自分の言葉で伝えないと、間違った情報まで派遣元へ伝わる危険性もあるので、慎重に事を運びましょう。

派遣契約期間内にどうしても辞めたい!やむを得ない事情とは?

派遣契約期間内に自己都合退職をするのはルール違反なわけですが、以下のようなやむを得ない事情でこれ以上働き続けることができないとなれば、了承してもらえることはあります。

  • 就業前に聞いていた労働条件(待遇)と違いがある
  • 派遣先でパワハラやセクハラといった人間関係の問題が起こる
  • 病気やケガのため長期就業ができなくなった
  • 家族の転勤等で引越しが決まった
  • 一身上の都合(介護・妊娠・家族の急逝等)による退職の申し出

派遣で契約期間内に辞めるもっとも重要なポイントは、派遣会社から了承を得ることです。
その後、たとえ派遣先から何か言われたとしても、あくまで雇用関係にあるのは派遣会社なので、問題に発展することはまずありません。

営業マン前田
ただし、派遣会社にとって派遣先はクライアントですので、先方の不利益になることを交渉しに行くことは気が重いものです。

派遣先を納得させられるだけの材料が欲しいので、お悩みや困りごとは早めに話していただけると嬉しいですね。

派遣でバックレてしまうと大きな問題へ

派遣会社へ契約内で辞める相談をするのはとても勇気がいるものですよね。

永井
筆者も経験がありますが、電話を掛けるまでに相当悩みました。

派遣でバックレると、派遣会社からお仕事紹介がこなくなることはもちろん、退職後の手続きや給料の振込など、面倒になります。

関連ページ ↓

関連記事
派遣先の不満から逃亡した派遣社員
派遣でバックレたら損害請求!?退職意思をきちんと伝えましょう

派遣先のお仕事から逃げ出すために、バックレてしまおうと考える方にとって、「バックレた後はブラックリストに載るかも…」「他社で働けなくなる?」「裁判で訴えられたらどうすれば!」と不安な気持ちがあふれ出て ...

続きを見る

余計なトラブルまで起こさないよう、素直に辞めたい気持ちを伝えてください。

派遣契約期間内に辞めるデメリット

自己都合により契約期間内で辞めた後、派遣会社から次の仕事を紹介してもらえるかどうかは、退職理由によって違ってきます。

たとえば、派遣先の上司のパワハラや、陰湿な職場いじめといった原因なら、問題なく次のお仕事も紹介してもらえるでしょう。

しかし、スキル不足によって派遣先の業務についていけなかったり、単純に仕事がツラくて逃げ出してしまった場合は、次のお仕事紹介はしてもらえなくなる可能性は高いです。

派遣会社からの評価が下がってしまったと感じたら、他社へ登録して利用した方が良いでしょう。
その場合、後述しますが、職歴に契約内で辞めたことは入力しないようにしてください。

派遣会社がどうしても辞めさせてくれなかったら

派遣で契約内に辞める理由は人によって様々だと思いますが、派遣会社に相談をした上で、どうしても辞めることができず、これ以上派遣先で働くことが困難な状況であるなら、バックレてしまって良いです。

先ほど、派遣先からバックレてしまうと問題になると解説しましたが、それは黙って勝手にいなくなるケースです。

派遣スタッフ側からどれだけ働けないことを訴えても、派遣会社から理解をしてもらえないのであれば、今後は二度と利用しないことを覚悟した上で、出社拒否をする以外に方法がありません。

派遣先へ「労働者を派遣しますよ」と契約しているのはあくまでも派遣会社なので、もし派遣スタッフが出社拒否すれば、その後の責任は派遣会社が取ることになります。

永井
罪悪感を感じるかもしれませんが、個人でやれることはそれ以上ないですし、割り切るしかないでしょう。

派遣スタッフが契約期間中に退職したことで、会社が被害を被ったことを証明することが困難なことから、個人を訴えることはまずないと思ってOKです。

営業マン前田
私も派遣業界は長いですが、派遣会社から個人が訴えられる事例は聞いたことがありません。

他の派遣会社へ期間内で辞めた職歴はどう説明する?

派遣会社に登録すると、大手派遣会社の場合はホームページ上に自分専用のマイページが開設されるはずです。

マイページの職歴欄に、派遣契約期間内に辞めたことを正直に入力する必要はありません。
職歴が細かい場合、ある程度省略して入力するのが常識ですので、隠しても不正にはならないので安心してください。

ただし!派遣期間満了日に退職してもいないのにウソを職歴に記載することはおすすめできません。
派遣業界は横のつながりもあるため、バレる可能性が高いです。

退職が決定した後にやるべきこと

派遣元から無事に契約期間中に辞める了承を得たら、退職準備・手続きに入りましょう。

詳しくはコチラ↓

関連記事
派遣の退職手続きの流れ・手順を解説します

派遣で退職した経験のない方の中には、「何から始めればイイの?」と悩んでしまう方がいると思います。 基本的に、直接雇用の正社員やアルバイトなどと同様に、周りでお世話になった方々へごあいさつするところは一 ...

続きを見る

注意

以下、退職後14日以内に再就職先が決まっていない方を対象に、解説します。

扶養に入る場合

夫または妻の扶養に入る方は、退職日から5日以内に年金事務所へ被扶養者(異動)届を提出する必要があります。

国民健康保険・国民年金へ切り替え

派遣会社から社会保険の資格喪失証明書が届いたら、14日以内に最寄りの役所で国民健康保険証へ切り替えをします。

国民健康保険と共に、国民年金への切替も行われますが、財政状況が厳しい方は、後日、支払免除申請をすることができます。

ポイント

ただし、社会保険の任意継続を希望する方は、退職日から20日以内に協会けんぽへ手続きをすると、最大2年間加入し続けることができます。

失業保険の手続きをする

退職後、また働く意思のある方は、失業保険の申請を最優先で行いましょう。

失業保険は、過去2年間で雇用保険に1年以上加入している場合、支給対象となります。

ただし、失業保険の申請には、雇用保険被保険者離職票「1」と「2」が必要であり、最短でも離職後10日~2週間すると届くので、それまでは他の手続きを優先して済ませましょう。

まとめ:退職できたらすぐに気持ちを切り替えましょう

筆者も2週間でスキル不足のため雇い止めされたり、販売員として派遣されたものの一日で辞めてしまったりと、人に話すのが恥ずかしい過去があります。

派遣でも何でも、社会に出て働くとたくさんのトラブルや悩みはつきもの。
契約期間中に辞めると派遣会社や派遣先に対する罪悪感で思い悩む人もいるかもしれませんが、早めに気持ちを切り替えてください。

ただし…。

契約期間の内で辞めることになった原因が、派遣先にあるのなら問題ありませんが、自分以外の派遣スタッフも同様に辞める人が多かったり、ブラックは派遣先ばかり紹介してくる派遣会社なら、今後は他社へ登録利用することをおすすめします。

幸い、大手の信頼できる優良派遣会社は全国にたくさんあります。
もし、下記に紹介する派遣会社でまだ未登録のところがあれば、この機会に登録しておきましょう。

優良派遣会社はこちら ➡登録しておきたい優良派遣会社一覧

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.テンプスタッフ

テンプスタッフオンライン登録手続き

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.アデコ

アデコ

アデコは、スイスに本社のある総合人材サービス企業で、日本でも活動している外資系派遣会社です。

アデコの求人は、紹介予定派遣を利用した人材紹介サービスが強く、外資企業で語学力を活かしたお仕事や、人気の事務職など幅広く対応しています。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

第3位.パソナ

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

第4位.スタッフサービス

オー人事スタッフサービス

「オー人事」のCMで有名なスタッフサービスは、派遣で人気のオフィス系求人に強い大手派遣会社です。

スタッフサービスは、47都道府県すべてに対応可能なので、利用しやすい派遣会社と言えます。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

第5位.マンパワーグループ

マンパワーグループ

「マンパワーグループ」は、日本で最初に設立された大手人材派遣会社グループです。

マンパワーグループでは、創業から50年以上の長い歴史の中で培ってきた、各地域の優良企業とのパイプが多数作り上げられているのが大きな長所です。
マンパワーグループに登録すれば、他社より有利に求人探しを進めることができます。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


6位.ランスタッド
ランスタッドは、世界規模で実績のある大手です。
主にオフィス系と製造系の求人を取り扱っており、単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい特徴があります。

7位.テクノサービス
テクノサービスは、スタッフサービスグループ内で工場・製造系求人に特化した大手人材派遣会社です。

未経験でも働ける求人を数多く取り扱っている特徴があります。

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-派遣社員にかかわる法律について

Copyright© 派遣タカラ島 , 2020 All Rights Reserved.