派遣求人が多い時期

派遣で働く

派遣求人が増える時期を見逃すな!派遣登録や仕事探しの最適なタイミングはいつ?

派遣の求人が出始める時期は、主に「人事異動や企業体制が変わる3月」「新入社員の配属や人事異動等がある4月・9月」「ボーナス支給後に退職者が増加する6月」などが一般的です。

派遣先企業が求人を掲載し始めるのは、1ヵ月~1ヵ月半前からとみて良いでしょう。
派遣求人数の多い時期を狙うなら、早めに派遣登録をして備えておきたいところですね。

派遣求人が多い(増える)時期は3月・4月・9月・10月

まず、もっとも派遣求人が増えるのは3月です。

3月は新年度4月に配属される新入社員や大幅な人事異動、既存社員の退職と有給消化などにより、業務量と人員のバランスが崩れるため、一年の中でもっとも派遣求人が潤う時期といえます。

永井
人事部署が動く時期でもあるため、人事関係の求人掲載が増える時期とも言えますね。

企業によっては、新入社員の入社や配属・異動人事が固まる4月から募集をスタートするため、3月からお仕事探しをしても十分チャンスはあるでしょう。

次に、6~7月頃になると、ボーナス支給後に退職していった社員の穴埋め要員の需要が多少増える傾向にあります。

最後に、9月~10月は、春と同様に企業内で新体制によるプロジェクトがスタートするなど、人事異動が活発になるため、再び派遣求人が増える時期です。

派遣求人が少ない時期は2月・8月

派遣求人が少ない時期は、年末の11月~12月と年始の1月~2月、ゴールデンウイークやお盆といった長期休暇のある5月や8月が挙げられます。

しかし、後述する短期・単発求人といった「即日スタート」で働ける案件が増える時期でもあります。

また、じっくり時間を掛けて情報収集をしながら、派遣会社へ登録していくのも手ですね。

営業マン前田
高時給案件で働く派遣スタッフの中には、閑散期に旅行の予定などを立てて楽しむ方もいらっしゃいます。

長期休暇の時期は短期派遣求人も狙い目

お正月やゴールデンウイーク、お盆や年末年始は、イベントでサービス業界の需要が高まります。

ただし、あくまでもリゾートバイトや飲食・アパレルといったサービス業だけの話で、基本的に平日勤務の企業はお休みになります。

派遣で1ヵ月未満の短期求人や単発(スポット)で働く場合は、下記の条件をどれか1つ以上満たす必要があるので注意してください。

日雇い派遣で働く為の条件

  • 60歳以上
  • 雇用保険の適用を受けない学生
  • 年収500万以上
  • (世帯収入が)500万以上で世帯主でない者

関連記事はこちら ↓

業種(職種)別に求人が増える時期を調べると…

業種別に繁忙期を見ていくと、派遣求人が増えるのは引越しシーズンの不動産業界や春の切替時期の保険業界、年次決算等を迎える経理業務などが見つかりました。

他にも、時期的な要因として春休みの3月や夏休みの7~8月、冬休みの12月頃に旅行業界の繁忙期がありますが、派遣求人は短期募集がメインとなるため、長期就業は難しいでしょう。

不動産(引っ越しシーズン)

不動産業界は、転職や入学などで引越しニーズが高まる12月から3月に繁忙期を迎えます。

2020年3月に大手派遣会社

テンプスタッフ

で不動産系の求人を検索してみたところ、トータル約3,900件掲載されていました。
派遣で人気の一般事務・OA事務・受付・アシスタント業務から経理や秘書、CADといった専門業務まで幅広く募集されています。

保険系

保険業界は、切り替え時期となる3月に繁忙期を迎えます。

これまでの保険プランの見直しから乗り換えるユーザーや、進学や入社をきっかけに新規加入するユーザーが増加する傾向にあります。

2020年3月に大手派遣会社 スタッフサービス で不動産系の求人を検索してみたところ、トータル約1,700件掲載されていました。
派遣で人気の一般事務・OA事務・受付・アシスタント業務や、営業・テレマ業務などの募集があります。

経理事務

経理業務は、(3月決算の場合)3月~5月の年次決算業務や、12月の給与計算・年末調整などに繁忙期を迎えます。

2020年3月に大手派遣会社 スタッフサービス で経理事務求人を検索してみたところ、トータル約1,600件掲載されていました。
求人は様々な業種がありますが、エントリー条件としてエクセルスキルが求められる案件が多い傾向にあります。

お仕事探しのタイミングは繁忙期にあわせるべき?

基本的には、派遣求人数が増える時期にあわせてお仕事探しをスタートした方が良いです。

しかし、繁忙期にあわせて動くのは周りの登録スタッフも一緒なので、競争率もアップすることは間違いありません。

どんなに派遣先の就業条件が自分のスキルや経験にマッチしていたとしても、自分以上に優秀な登録スタッフがいれば、派遣会社は当然後者を派遣先へ推薦するということですね。

一方、派遣業界の閑散期(ヒマな時期)に動き出せば、派遣営業マンも余裕があり、手厚いサポートを受けながらお仕事が探せるメリットがあります。

どちらにせよ大切なことは、(後述しますが)まず自分が働きたい就業希望条件を明確にした上で、お仕事探しの時期を決めるのがおすすめです。

お仕事を探すタイミングはおよそ一ヶ月前からが一般的

お仕事探しの最適なスタート時期は、およそ1ヵ月半~1ヵ月だと言われています。

3月スタートの求人を狙うなら2月頃といった具合に調整が必要になるということです。

即日スタートで募集されている求人は、1~2週間でお仕事が決まるケースもありますが、短期案件が多いです。

筆者の経験上、派遣会社内の選考や派遣先企業との顔合わせ・職場見学で2週間以上かかることもザラなので、確実に早くお仕事を決めたいなら、複数の求人へエントリーして同時進行で進めることも必要です。

関連記事はこちら ↓

関連記事
派遣顔合わせのスケジュール手帳
複数の派遣会社に登録やエントリーはルール違反?同時進行させるコツと上手な断り方

派遣にまだ慣れていない方は、一度求人エントリーするだけでも緊張しますよね。 でも、エントリー後いつ採用されるか分かりませんし、せっかく返事が来るまで待ったのに不採用となれば、またイチからやり直しです。 ...

続きを見る

お仕事探しをスタートするまでに準備すること

先ほど、お仕事探しは就業希望日のおよそ1ヵ月前あたりが妥当だと解説しました。

しかし、初めて派遣で働く方や、あまり社会人経験のない方であれば、プラス1ヵ月ほど早めに準備をスタートさせましょう。

営業マン前田
お仕事探しに必要な情報は、たくさん集めるに越したことはありません。

時間がたくさんあるのであれば、派遣登録をして相談するなど、早めに動きましょう。

派遣の場合、お仕事を探す前に、まずどんな働き方を理想としているのか、自己分析が必要です。

永井
何も考えずにいきなり動いても、失敗する確率が高いです。

派遣で働くとなると、登録する派遣会社を選び、登録する時間も必要になるため、余裕をもって行動に移してください。

職歴やスキルの棚卸

派遣で働く場合、求人を紹介してもらえるかどうかは、これまでの職歴やスキル、(すでに派遣で働いた方は)実績がすべてです。

とくに、初めて派遣で働こうとしている方は、自分のキャリアを見直した上で、どんな業種・職種のお仕事をしたいのか、ある程度は自分で考える必要があります。

永井
もちろん、派遣登録面談で派遣会社へ相談することは大切ですが、自分の頭で何も考えない人だと判断されると、マイナス評価につながります。

関連記事はこちら ↓

希望条件を明確に

月々に必要なお金から希望する時給額を決めることや、働ける曜日、休み希望、通勤時間(距離)といった条件面をなるべくはっきりさせましょう。

お仕事内容と同じく、派遣会社へ相談する前に、ある程度ご自身の考えをまとめておくと、高評価を得ることにつながります。

条件といっても、何を考えたらよいか分からない方は、筆者が作成した下記のチェックリストをご確認ください。

派遣会社選び

ある程度、自分の方向性が定まったら、登録する派遣会社を選びます。

希望する職種は「事務職」「営業・販売職」「工場・製造職」「医療・介護職」などと大ざっぱで良いので自分で決めましょう。
後は、希望職種求人に強い派遣会社から優先的に登録していけばOKです。

関連記事はこちら ↓

すでに希望職種が決まっている方は、こちらから優良派遣会社をお選びください。

派遣会社比較ランキング

派遣登録

派遣登録の仕方は、大きく分けると来社登録またはオンライン(Web)登録になります。

オンライン登録は、ネット環境さえあればどこでも登録作業が完了できるため、なかなか来社の時間がとれない方におすすめです。
また、最近では、Web面談や電話面談などを始めた大手派遣会社も多いですね。

関連記事はこちら ↓

-派遣で働く

Copyright© 派遣タカラ島 , 2020 All Rights Reserved.