働きたくないけど派遣登録したい女性

派遣登録

働かなくても派遣登録だけは先にやっておきたいメリット7つ

2019年8月2日

人それぞれ、いろんな事情があって今すぐには働けないけど将来のために派遣登録だけ先にやっておきたい場面があると思います。

派遣会社の仕事紹介は、登録者のみを対象としているので、派遣登録は先にやっておいた方が絶対にオトク。
なんなら、複数の派遣会社で登録しておいた方が良いくらいです。

しかし、
「今、正社員で働いてるのに、登録だけしても良いの?」
「事情があって今すぐ働けないのに、登録だけするのも気が引ける…」
といったお考えを持つ方がいるかもしれません。

でも、大丈夫です。
派遣会社に登録しておくだけでも、様々なメリットがあるため、やっておいてソンはありません。

派遣登録だけして働かないのは後ろめたい…派遣会社は迷惑と思うのか?

派遣会社は、登録したスタッフにしか求人紹介ができないので、まず優先するのが派遣登録の手続きです。
よって「今すぐ働きたくない」「いつから働けるか分からない」といった事情があっても、登録だけ申し込むのは問題ありません。

大手の派遣会社である「ウィルオブワーク(※旧セントメディア)」が運営するメディア・オシゴトプラスにおいても、下記のように派遣登録だけやっておくことを推奨されています。

(※一部抜粋)
派遣の仕事に少しでも興味があるのなら、今すぐに働けなくても、とりあえず登録をしておくことをおすすめします。なぜなら派遣の仕事は、登録者のみに紹介されるシステムだからです。登録を済ませておかないと、好条件の求人をみすみす見逃してしまうかもしれません。

引用元:
とりあえず登録だけでもOK!派遣をおすすめする5つの理由

派遣会社にとっても、登録だけ申し込まれるのは迷惑ではありません。
登録スタッフの増加に比例して、派遣先からの人材オーダーも増やしていけるため、業績アップにつながるからです。

そもそも派遣会社側も、登録スタッフ全員が今すぐ働ける状況にあるとは考えません。

派遣登録すると、派遣会社ホームページの中にマイページが開設されます。
マイページを開くと就業可能時期の入力欄がありますので、登録スタッフの都合に合わせて働く時期を決めてOKなんです。

求人サイトなどで「ここで働きたい!」と思って急いで応募しても、好条件であるほど応募枠はすぐ埋まってしまいますが、登録しておけば優先的に仕事紹介を受けられるので、これを知っているのと知らないのでは結果が大きく違ってきます。

(※テンプスタッフのジョブチェキや、パソナJOBサーチなど、大手派遣会社は自社求人を掲載するサイトを運営していますが、すぐにエントリーをしたとしても、派遣登録済みのスタッフの方が優先されます)

しかし、「とりあえず登録だけしたい」という動機では、派遣会社に申し込みしづらいですよね。
たとえば、

  • 正社員で退職を考えていて、一時的に派遣で働くかもしれないから登録しておきたい
  • 子育て期間中で、今すぐは働けないけど、将来のためにやれることはやっておきたい
  • 転職活動中で正社員志望だけど、希望の仕事がなかなか見つからず、念のために派遣登録だけしておきたい

こんな風に、今すぐ働けなくとも、働く意思のある方なんだなと分かる人材であれば、登録だけ申請することはOKです。

ポイント

ただ派遣会社もビジネスですから、就業能力や経験のある人材、あるいは意欲のある人材から優先的に仕事を回そうとするのも事実です。

登録だけ先にやっておいて時期が空いてしまったら、派遣会社へ電話連絡やマイページの経歴更新などをして、就業意欲をアピールしておいた方が良いでしょう。

営業マン前田
「すぐには働けないから派遣登録しても意味が無い」と思われている方がいるなら、それは間違いです。

派遣で就業を考えている方であればすぐに登録をすることをオススメします。

すぐに働けなくても登録時に「今は働けないが、〇ヶ月先から働けます」というよな相談はいくらでも可能だからです。

登録を済ませれば仕事に関する様々な情報が手に入れやすくなります。

派遣登録しておくだけで得られるメリット7つ

派遣登録だけやっておくと、以下7つのメリットがあります。

大手派遣会社の提供する豊富な無料研修へ参加できる

大手派遣会社となると、様々な研修制度が充実しています。

基本的に、未就業の派遣社員が受けられる研修は多くないですが、それでも無料で体験できる研修があるのはオトクですよね。
以下の記事に、無料研修情報をまとめていますので、ご確認ください。

関連記事
経理の事務員
無料のスキルアップ研修に強い派遣会社5選!エクセルやワードもこれでバッチリ!

すでに派遣スタッフとして活躍されている方の中には、さらなるスキルアップが必要だと感じていながら、どう行動に移して良いか分からず悩むことが多いです。 派遣は有期雇用契約であり、3年ルールの上限もあるので ...

ハローワークの求職活動として認定されることも

ハローワークで失業手当申請後に行われる月2回の求職活動実績に、派遣登録が認定されるかどうかは、地域によって異なるようです。

私も新潟で失業手当をもらっていた時期がありまして、そのときの経験をもとに以下の記事を作成しましたので、こちらもご確認ください。

関連記事
ハロワ職員をナンパする男性
ハロワの求職活動実績はセミナーや職業訓練説明会などで作るのがおすすめ

会社都合(リストラや企業倒産など)の退職や、派遣切りや雇止めによって職を失うと、失業給付を受ける際には通常3ヵ月過ごす待期期間をゼロにすることが出来ます。 待期期間は、求職者にとって何のメリットもない ...

無職よりもクレジットカードの審査が通りやすい

派遣登録をしておけば、クレジットカードの申請書類に通りやすくなる利点があります。

ただし、過去に借金を踏み倒した、破産した経歴のある方や、ブラックリストに名前のある方に関しては、審査にはまず通らないでしょう。

働きたい時期にすぐ仕事探しがスタートできる

派遣会社は、一般公開しない非公開案件を含め、求人が出たらまず初めに自社登録スタッフへ優先的に紹介をします。
自社派遣スタッフの就業が決まると、売上となるわけですから、当然の流れですよね。

どの派遣会社にも登録していない状態で情報収集からスタートするとなると、ブランク(無職)期間がどんどん伸びてしまい、仕事探しが不利になってしまうのです。

派遣の場合、お仕事へエントリーしてから社内選考、さらに派遣先との顔合わせや職場見学といったプロセスがあるので、時間短縮の意味でも登録だけしておくことは重要です。

関連記事はこちら ↓

契約社員やパートと比べて時給が高い

今働いている職場からもらう給料に対する不満を持つ方は多いと思います。

派遣は契約社員やパートなどの非正規と比較して、時給が高い傾向にあるので、短期で稼ぎたい方におすすめです。

時給額の全国平均を見ると、派遣がおよそ1,500円に対して、契約社員が約1,200円、パートは約1,000円程度が相場となっています。

関連記事はこちら ↓

関連記事
手取り
派遣で稼ぐために大切なたった2つのポイント【キーワードは高時給と副業】

派遣で働いたことのない方は、「派遣って稼げるの?」と思って口コミなどを調べていくと、意見が「稼げる!」「稼げない!」の両極端に分かれていることに気づかれると思います。 意見が分かれるのは、どちらも間違 ...

続きを見る

派遣担当者へ相談ができる

転職活動経験者の方は分かると思いますが、仕事探し中は孤独でツライことが多いです。
もちろん、仕事が決まってからも人間関係や慣れない業務でストレスが溜まっていくでしょう。

自分がツラいときに、相談できる相手がいるのはありがたいことですよね。
派遣会社に登録するだけでも、随時相談が可能ですし、最近では登録不要でお仕事相談を受け付ける派遣会社も増えてきています。

非公開求人の紹介をしてもらえる

求人募集をする派遣先の中には、たくさんの人数を選考にかける採用コストを抑える目的で、あえて非公開の状態で募集をかけるケースがあります。
派遣元会社は、派遣先の求める人材に見合う登録スタッフを紹介するわけですね。

非公開求人は、エントリーが殺到しないよう非公開にしているため、逆に考えれば、とりあえず派遣登録だけしておけば好条件で働けるチャンスがあるということです。

派遣会社に登録だけしておくとデメリットも

派遣登録だけならメリットだらけ…というわけではなく、デメリットもあります。

仕事紹介の電話やメール連絡がウザい

派遣登録をしただけでは、派遣会社とは雇用関係にないため、何か指示を受けたり規制されることはありません。

しかし、派遣会社は、登録スタッフに定期的に状況確認を目的とした連絡をするため、煩わしく感じる方もいると思います。

仕事紹介の電話やメール連絡の頻度は、派遣会社のさじ加減ですので、住んでいる地域やそのときに担当になった営業マンのタイプによっても、大きく違います。
お仕事紹介を無料で受けるわけですから、断るときはうやむやにせず相手にはっきり理由が分かるよう伝えることが大切です。

関連記事
no image
派遣求人の断り方【勤務地が遠い等ケースごとに例文紹介】

派遣会社から求人紹介されるものの、勤務地までの距離や時給額、業務内容など条件が合わずに断ることも多いですよね。 派遣求人は、ルール上何度断っても問題はありませんが、断り方や理由によっては、今後求人紹介 ...

ポイント

派遣登録したものの、諸事情により「やっぱり働かない」ことになったら、退会の連絡をすれば、連絡をストップさせることができます。

営業マン前田
必要としていない電話がかかってくるのは煩わしいと思いがちですが、逆に就業前からコーディネーターとコミュニケーションを取りやすくなるとプラスに考えて極力電話に出るというのも1つの考え方ではないでしょうか。

登録したのに仕事紹介されないこともある

せっかく派遣登録しても、仕事紹介がほとんどない、あるいは一度もないことも十分あり得ます。
初めて経験すると少し落ち込んでしまうかもしれませんが、派遣利用者にとっては良くあることなので、「自分はダメなんじゃないか」と悲観的になる必要はないですよ。

派遣会社は、スタッフからヒアリングした希望条件を元に、マッチする求人を探して紹介をしてくれるわけですが、条件にあう求人がなければ紹介できない現実があります。

そのため、効率よく働くには複数の派遣会社へ登録しておくことが望ましいといえます。

関連ページ↓

派遣登録だけしておきたい!おすすめ派遣会社は

派遣会社は様々ありますが、当サイトでは豊富な求人数と優良企業とのパイプを持つ、実績ある大手派遣会社へ登録することを推奨しています。
僕自身、大手派遣会社へ登録するようになってから、好条件の求人を紹介してもらえるようになりました。

派遣登録に制限はなく、一人で何社登録してもOKです。
ただし、登録者数が増えていくと、仕事紹介の電話やメールの頻度が増えるため、対応が大変になる可能性もあります。

【補足】派遣登録後、転職が決まった場合はどうする?

派遣登録だけしておいたけど、迷った挙句、結局働かないことになった、あるいは、他社へ転職が決まって派遣会社のサポートが必要なくなったなどのケースもあると思います。

登録後に派遣会社のサポートが不要になったら、退会手続きをとるか求人紹介は不要であることを伝えれば、問題ありません。

関連ページ↓

派遣登録の仕方から知りたい方はこちら➡ 派遣登録

-派遣登録
-

Copyright© 派遣タカラ島 , 2020 All Rights Reserved.