派遣登録の方法

派遣登録後に仕事応募したら違う仕事にすり替えられた・・・原因と対策を考える

2019年8月2日

僕はまだ経験がないのですが、希望の仕事内容なので応募してみたら実は違う仕事内容だった(※例えば事務を希望していたのに仕事内容的に営業も少し担当しなければならない等)という事例は意外とあるようです。

派遣は自由度の高い雇用形態ですから、そういった事態に陥ると少し困ってしまいますね。

そこで、ここでは何故希望と違う仕事を紹介されてしまうのか、その原因と対策についていくつか考えてみようと思います。

強引に仕事を紹介してくる派遣営業

派遣登録後、積極的に仕事紹介をしてくれるところもあれば、登録だけで音沙汰のないところもあります。

前者の場合、とても頼もしいパートナーとなり得る存在ですが、あまりにも希望条件と違う仕事を押し付けてきたり、こちらから応募した求人をスルーして違う仕事を押し付けてくる場合もあるので注意が必要です。

相手の言いなりになる必要はありません。しかし、派遣会社がそうした強いプッシュをしてくる理由として、自社の業績に対する使命感というのもあります。

派遣会社は派遣先から案件を受注して、自社派遣スタッフの就業が決まってからようやく派遣料金が発生します。それまでの過程でどんなに努力していても、結果が出なければ売上はゼロです。

日々数値責任に追われている派遣営業の立場を考えると、ある程度押しが強くなっても仕方がありません。

営業マン前田
派遣会社の営業マンも様々なタイプがいますが、総じて押しは「強い」です。
彼・彼女達は言い方は悪いですが、売上至上主義を植え付けられていますので「無茶」な案内をしてくるケースも珍しくありませんが、だからと言って気の進まない案件に安易にOKを出すことはしてはいけません。

毅然とした態度でお断りをする

しかし、だからといって派遣営業の言うことを鵜呑みにして言いなりになっていてはダメです。

相手がどんなに強い態度で向かってきても、毅然とした態度でお断りをする覚悟が必要です。
これは、派遣に限らずどんな仕事をするにしても自分の意思を相手に伝える場面というのはいずれ出てきますので、逃げずに答えるべきです。

「営業」という人種は色々なタイプがいますが、相手が弱腰だったり気弱に見えると、そこに付け込んで強引に思い通りにしようとする人がいます。

派遣は雇用が不安定なデメリットがある半面、自由な働き方が実現出来るのが大きなメリットです。必要以上に我慢することはないですし、言いたいことは勇気を持って相手に伝えましょう。
ここで逃げるようでは、どんな仕事でも意思の疎通が出来ずに苦しむことになります。

派遣会社とは就業スタートするまでは雇用関係もなく、上司と部下という間柄でもありません。どんなに断ってもしつこく営業をかけてくるような悪質な派遣会社であれば、理由を話して担当を変えてもらうか登録抹消の手続きをとりましょう。

営業マン前田
お仕事の紹介が営業マンから入ってくることは珍しいことではありません。

しかし、あまりに強引・しつこい勧誘であれば、しっかりと「NO」を伝えて上で担当コーディネーターにも相談しておくことをオススメします。

派遣会社はいくらでもある

言ってしまえば、派遣会社はたくさんあるわけですし、ダメなところにいつまでも拘る理由もありません。自分の足を引っ張るような派遣会社であれば、今後2度と利用しないとすれば被害は被(こうむ)りません。

しかしこういう経験をしてしまうと、派遣に対する悪いイメージが先立ってしまい、なかなか次へ進めないと思います。このようなトラブル・被害への対策というのも、個人でやれることはやっておきたいところです。

ネット上にはたくさんの口コミ情報が掲載されていますが、その信憑性を確かめる術もないですし、そもそも自分の登録するところの話かどうかも分かりません。派遣会社は一緒でも、拠点によって環境は変わります。

関連記事はこちら ↓

周りの評判や口コミを気にする女性

派遣体験記

評判やクチコミで派遣会社を選ぶのはナンセンス

2019/10/13  

派遣会社へ登録利用するにあたり、派遣会社の評判を調べる目的で口コミサイトから情報収集される方も多いと思います。 結論からいうと、ネット上で評判や口コミ情報を調べる時間があるなら、一社でも多くの派遣会社 ...

【切抜PSD】考える女子学生

派遣で働く

派遣トラブルを未然に防ぐ4つのコツ

2019/8/8  

これまで派遣で働いた経験のある方は、決してすべてが順風満帆ではなかったと思います。 派遣に限った話ではありませんが、社会に出て働いているとトラブルに見舞われることは避けて通れません。しかし、だからとい ...

営業マン前田
コーディネーターへ相談した上でも紹介が継続するようでしたら、迷わずその派遣会社は見切りをつけて良いです。

コーディネーターが抑えることが出来ない派遣会社は営業序列(地位)が高い派遣会社なのかもしれません。

営業とコーディネータのパワーバランスが偏っている場合はそのような弊害が出てしまいます。その場合は派遣会社を変えることが最短の解決策と言えます。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-派遣登録の方法
-

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.