派遣の面接(顔合わせ)

派遣スタッフ50人に聞いて分かった!派遣顔合わせの実態!

「派遣の顔合わせでなかなか採用されない」
「他の人はどうやって採用されているの?」

派遣の顔合わせは、事実上の面接ですから、不採用が続くとモチベーションが上がらず、ツライですよね。

そこで、クラウドワークスという仲介業者を通じて、50名の派遣スタッフへアンケート調査を行いました。
本記事では、アンケート調査内容から分かった、派遣顔合わせの実態についてシェアします。

 

アンケート調査では、以下の設問ごとに回答していただきました。

事前に派遣営業マンから聞いていた採用される確率は何%でしたか?

事前に派遣営業マンから聞いた採用確率は、「80%以上」が20名ともっとも多く、「ほぼ100%」が13名、「50%以上」が6名、「30%以上」が3名、「0%」が1名、「相談していない」方が7名という結果になりました。

もともと、派遣顔合わせは採用ありきで細かい打ち合わせをするために実施するものですから、採用率「80%以上」としていたのが33名というのは、決して多くはないといえます。

また、「相談していない」方が7名もいらっしゃるのも問題ですね。
派遣営業マンは、仕事をしていないと見て良いでしょう。

事前に派遣営業マンから受けた派遣先の説明は十分でしたか?

派遣顔合わせ前に受けた説明について

派遣営業マンからの事前の説明に対しては、「十分だった」が30名、「不十分だった」が12名、「どちらともいえない」が8名という結果になりました。

個人的に不可解なのが、事前に採用されるかどうか「相談していない」と回答された7名の内、「説明は十分だった」と回答した方が3名いらっしゃるところです。
本当に納得できるところまで話したなら、採用についても相談するのが普通だと思うのですが…。

また、説明が「不十分だった」と回答した方の中には、先ほどの採用確率を「ほぼ100%」と回答した方が5名もいらっしゃいました。
この結果からも、派遣営業マンとの打ち合わせをきちんとしていないことが予想されます。

事前に派遣営業マンから受けた派遣先の説明について、どう感じたかお聞かせください。

事前の派遣顔合わせ採用率「ほぼ100%」と回答した方

回答
業務内容についてはおおざっぱな説明で、あまり理解できないまま面談となった 5
すでにその会社の採用実績があったため、【おそらく採用されます」と伝えられていたので、安心して面談に臨むことができました。 1
派遣先の担当者が実際の現場の状況を把握していない 1
同じ派遣会社に友人が働いていて、内情や派遣先企業について事前に聞いていた 1
内情の説明や給与の説明もしっかり行われ、研修もあった 1
良い話ばかりで悪い話は一つもなかった 1

上表は、事前に「ほぼ100%」採用だろうと予測していた方の、派遣営業マンの説明に対する評価です。
「説明が不十分だった」とする方が5名いることから、一部の派遣顔合わせでは、事前の情報が少ないまま推し進めている実態が見て取れます。

事前の派遣顔合わせ採用率「80%以上」と回答した方

回答
派遣先のことをよく知っている担当者だったので、仕事内容・給料・残業・正社員採用の有無までしっかり理解できた 13
派遣顔合わせのロールプレイングをやってくれた 1
給料面の説明まで細かくしてもらえた 1
派遣先の残業時間について説明が不十分だった 1
派遣先の内情について、ハッキリとは言えない感じがヒシヒシと伝わった 1
社風についての説明が分かりやすかった 1
業務内容の説明が不十分だった 1

上表は、事前に「80%以上」採用だろうと予測していた方の、派遣営業マンの説明に対する評価です。
「十分な説明を受けた」と回答する方が大半で13名もいることから、採用率の高い案件は事前の打ち合わせをしっかりやっている傾向にあると言えます。

事前の派遣顔合わせ採用率「50%以上」と回答した方

回答
作業内容や福利厚生の説明が明確だったため 3
派遣営業マンが若い方で経験があまりないようで、業務内容をほとんど把握していなかった 1
派遣顔合わせの内容と実際の業務の違いが多々あった 1

(※複数回答可)

事前の派遣顔合わせ採用率「30%以上」と回答した方

回答
現状の話と派遣先の内情の説明や、採用されたあとの説明が明確だった 1
派遣先のいい所しか言わなったので不信感があった 1

事前の派遣顔合わせ採用率「0%」と回答した方

無回答

事前の派遣顔合わせ前に「相談していない」と回答した方

回答
忙しかったのかサラッと説明されたくらいだった 2
派遣営業マンが派遣先の工場に行ったこともなかったため 1
こちらが知りたいと思う情報は持っていましたし、不明点もエントリー前に先方へ確認を取ってくれたので 1
「似た業務を行ったことがあるという理由から採用を決めた」と事前に言われていたから 1
派遣先が人手不足と聞いていたから 1
詳しい話は顔合わせのときにするものと思っていた 1

当日の服装について派遣営業マンから指示がありましたか?

回答
スーツ 22
とくに指示はなし 15
オフィスカジュアル 9
私服でOK 4

「スーツ」は22名ともっとも多い回答になりました。

「とくに指示はなし」と回答した方が15名と多いですね。
営業マンとしてまだ経験不足であったり、採用されるための努力を怠っている可能性もありますね。

当日、派遣先からの質問で「これは違法では?」と感じた内容をお聞かせください

回答
とくになし 22
前職の退職理由 6
子どものこと 3
結婚予定 3
家族構成 3
年齢 2
彼女がいるかどうか 1
「文句を言うと時給を下げるよ」と言われた 1
前科のあるなし 1
主人の職業 1
転勤の有無 1
「セクハラ・パワハラはうまくかわせる?」と確認された 1
夏期や冬季に長期休みは必要か 1
妊娠は希望しているか 1
住居 1
給料について 1

派遣顔合わせで受けた質問に対し、違法性は「とくになし」と回答した方がほぼ半数を占めています。
次に、「前職の退職理由」が6名ともっとも多いですね。独身女性や既婚女性は、結婚や子づくりの予定について聞かれる傾向にあるようです。

関連記事
派遣顔合わせでニコニコしている派遣スタッフ
派遣顔合わせで自己紹介・職歴・退職理由を上手に説明する方法

派遣顔合わせとは、派遣社員にとって採用にかかわる大切な場面です。 通常の企業面接であれば、「自己紹介って何を話せばいいの?」「職歴が多いのってマイナス評価かも」「前職の退職理由を聞かれると困る!」とい ...

続きを見る

派遣先担当者への逆質問について、覚えているものすべてお聞かせください

回答
残業時間について 22
業務内容 21
仕事着について(制服・出勤時の服装) 7
勤怠管理(※出退勤をどうやって管理するか) 6
休日について 5
有給の取り方 5
交通費について 5
従業員の年齢層や性別について 3
給料について 3
休日出勤の有無 3
質問はしなかった 3
業務を教わる人がいるのかどうか 2
出退勤時間について 2
休憩時間について 2
住宅補助について 1
就業するまでに準備しておくべきこと 1
派遣先で引継ぎをしてくれる人がいるのかどうか 1
派遣先担当者の役職 1
業務の忙しさ 1
離職率について 1
店舗異動があるかどうか 1
社員の平均出社時刻 1
掃除の有無 1
地方へ出張するときの費用 1
長期休暇の取り方 1
通年の会社恒例行事 1
お昼休憩時の外出は可能かどうか 1
通勤場所について 1
出勤時間の何分前に出社すれば良いか 1
子どもの急な体調不良のときお休みをもらえるか 1

逆質問で最も多かったのが「残業の有無」22名、「業務内容」21名でした。
派遣営業マンとの打ち合わせは希薄な傾向にあったものの、派遣顔合わせでは、かなり広範囲に様々な逆質問をされていることが分かりますね。

過去に企業面接のご経験がある方に質問です。顔合わせと違う点はありますか?

回答
派遣顔合わせの方がリラックスできる 21
とくに差は感じなかった 5
企業面接の方が威圧感(圧迫感)を感じる(役員の複数同席等) 5
派遣顔合わせは事前にほぼ採用が決まっていることがほとんど 5
派遣顔合わせは自己PRがない 3
派遣顔合わせは将来のビジョンがない 3
派遣顔合わせは志望動機を聞かれない 3
派遣顔合わせでは、前職の退職理由について聞かれない 1
派遣顔合わせは面接というより面談の雰囲気 1
派遣顔合わせの方が相手との距離が近い 1
派遣顔合わせは基本的に1対1で話せる 1
派遣会社でタイピングのレベルやpcスキルの登録をしていたため、受かりやすいように思う 1
派遣顔合わせは履歴書の提出が不要 1
派遣顔合わせの方が給料面など具体的な説明がある 1

「派遣顔合わせ」と「企業面接」どちらも経験がある人に比較してもらったところ、「派遣顔合わせの方がリラックスできる」と回答された方が21名ともっとも多い結果となりました。
企業面接は、対面した時の距離間や、1対多数であること、空気が重たく息苦しい感じがあるようです。

まとめ

データを改めて見返してみると、派遣営業マンからの事前説明に対して「十分だった」と回答した方が13名いるものの、全体的に分からない部分や不安を抱えたまま派遣顔合わせへ進んでいるケースが多くみられました。
一方、派遣顔合わせ当日は、出退勤管理や通勤時の服装など、細かいところまで確認している方が多いことから、派遣先企業へ依存せず、自分の目で職場を見極めようとする方が多いことが分かります。

派遣顔合わせで「質問しなかった」と回答された方が3名ほどいらっしゃいましたが、たとえ派遣営業マンから事前に話を聞いていたとしても、派遣先にもすべて質問をして確認しておくことをオススメします。
派遣先担当者と派遣営業マンの間で、認識の違いがあるかもしれないからです。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

7位.テクノサービス
テクノサービスの求人はほぼ製造系。未経験からでも始められる求人が全体の約8割。管理人が初めて利用した派遣会社。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区


!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

転職・キャリアランキング

-派遣の面接(顔合わせ)

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.