おすすめ派遣会社ランキング

元派遣社員の私から見る男性におすすめの優良派遣会社

2019年8月2日

私も男性で4年以上の派遣歴がありますし、派遣の男女比や年齢別の割合データを見ても、男性で派遣登録はできますよ。

ただし、派遣は雇用が安定せず、低年収により結婚の申し込みがしづらいなど、デメリットもあります。

ここでは、まず男性が派遣登録をしてもOKな理由をお伝えした上で、男性なのに派遣で働く理由や、将来性についても、言及していきます。

男性におすすめの優良派遣会社ランキングを読む

ビジネスマンの後ろ姿と青空
男性におすすめの優良派遣会社ランキング

IT・エンジニア系求人に強いおすすめ優良派遣会社ランキング 1位.スタッフサービス・ITソリューション(エンジニアガイド) スタッフサービス・ITソリューションが運営する派遣求人サイト「エンジニアガイ ...

派遣登録は男性でも大丈夫!派遣の男女比や年齢データから結論

まず、「男性でも登録できるのか?」「仕事は紹介されるのか?」というのが大きな不安材料かと思いますが、この点に関しては基本的にどの派遣会社に登録してもまったく問題はありません。

平成24年度に厚生労働省から公表された統計データによると、派遣で働く労働者の男女比率は「男44.5%、女55.5%」です。
これが「正規」「非正規」というくくりとなると、圧倒的に女性が多いんですが、派遣だけで見ると意外と差はないんですよね。

「派遣で働くメリットってたくさんありそうなのに、何で女性ばっかりなの?」と感じていた方も多いと思いますが、今の時代では、男性も派遣で普通に働いています。

次に、男性派遣社員の年代別割合を表すデータを、厚生労働省の資料から作成いたしました。

パッと見て、年代ごとの偏りがなく、20代から50代まで幅広く派遣を利用している層がいることが分かりますよね。

男性派遣社員の割合については、「20代は18.5%」「30代は24.7%」「40代は26.0%」「50代は14.9%」「60代は15.4%」を占めており、40代男性の派遣利用がもっとも高いことが分かりました。

ただ、もともと人材派遣業界というのは、国内最大手の「テンプスタッフ」や「パソナ」「スタッフサービス」などを筆頭に、【女性の労働力を活用】するという視点から事業をスタートしている節があります。

また、派遣で人気と需要が高いのはオフィスワークですが、これは男性と比べて複数の事務処理を同時進行するのが得意な女性の方が適性があるケースが多いので、結果的に派遣会社は(大々的に打ち出さないものの)女性スタッフを重宝する傾向はあるように感じています。

関連記事はこちら ↓

オフィスの女性社員11
女性向け!人気の優良派遣会社ランキング

テンプスタッフ【求人数国内トップクラス】 テンプスタッフは、国内における派遣業界のリーディングカンパニーとして高い実績と信頼を集める大手派遣会社です。 まず、テンプスタッフの注目すべきポイントは、他社 ...

続きを見る

大手の派遣会社で分かりやすいのが、テンプスタッフですかね。
僕も派遣登録で支社へ来社しましたが、ピンクを基調としたオフィスの雰囲気に、「30代半ばのオッサン入りましたけど、大丈夫ですか(;'∀')」ってなりました…。

ちなみに、「男性だけど、事務職で働きたい」とお考えの方も多いと思いますが、私個人としては、中小メーカーの事務員として派遣で入ったものの、わずか9日間でクビになった経験があるので、あまりおすすめできないです。

関連記事はこちら ↓

初心者マークを持つビジネスウーマン
事務未経験で派遣からスタートするのは甘くない

事務仕事を派遣で未経験からスタートとなると、乗り越えなければならない壁があります。 僕も一応、派遣から未経験で事務職に就いた経験がありますが、失敗を経験して、思うことがあります。 今回は、未経験から事 ...

しかし、冒頭で述べた通り、だからといって派遣会社が男性の登録を嫌がることはないですよ。
テンプスタッフはとくに、国内最大手で男性派遣社員が働ける求人が豊富ですから、派遣登録を諦めるのはもったいなさすぎです。

職種に関しても、あくまで事務・オフィスワーク系が人気というだけで、派遣の求人は他にも幅広いジャンルがありますので、男性だからと言って利用できないということはまずありません。

男性が多く働いている職種

派遣会社に「男性向け」というのはありませんが、男性に人気のある派遣求人職種はあります。
それは、「工場・製造・軽作業系」「IT・エンジニア系」です。
女性が多いのは「医療系」「金融系」「保険系」などですね。

参考サイト:http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/haken/12/index.html

(※医療系に関しては、主に「看護師」や「介護士」などがそれに当たりますが、ハローワークなどのセミナーや相談員の方から話を聞くと、介護系は男性比率が徐々に上がってきているそうです。)

もし男性の多い職場ということでしたら、この2ジャンルを攻めた方が良いでしょう。
ただ、仕事が決まるかどうかは派遣会社というよりは、職場となる派遣先がどういう要望を抱いているかどうかがポイントですので、繰り返しますが派遣会社選びにそこまで性別を気にする必要はないです。

ちなみに補足ですが、男性が多く登録利用している派遣会社を調べることはまず無理だと思います。
そもそも、登録者数データを公表していないところが多いですし、全体の男女比率が分かったところで、派遣会社は地域ごとに事業所を設立していますから、自分の登録する事業所の実情を掴むことは難しいでしょう。

男のクセに派遣で働いてる理由って何なの?

未だ日本では男社会ですから、「何で男なのに派遣で働いているの?」「派遣を選ぶ理由は何なの?」といった関心を持つ方も多いでしょう。

結論から言うと、男性が派遣で働く理由は、たくさんのメリットがあるからですね。
私も、4年以上派遣で働いていたので、自分の経験をもとに、派遣で働くメリットについて解説します。

正社員にかかる重圧がなく、気楽に働ける

私は、約10年パチンコ業界で働いていたんですが、基本はシフト勤務なので、パートやアルバイトが病気やケガによる欠勤や、公休希望などで人員が手薄になる時間帯に早出を含む残業をする必要がありました。

正社員が非正規職員のカバーをするのは普通のことであり、当時はツライながらも納得していましたが、いざ正社員を辞めて派遣で働き始めると、「定時で働いて少しでも残業したらしっかり手当がもらえる…こんなステキなことなんだ」と感じました。

また、派遣は有期雇用契約で働くので、「いつでも辞められる」という安心感をメリットに感じる方が私の周りでは多かったですね。

男だって適当に仕事したいときもある

まだまだ男社会なわけですが、20代で社会に出てから定年まで、ずっと第一線で走り続けられる人材は果たしてどれほどいるのでしょうか?

ずっと会社に在籍していれば、イヤな上司や同僚との確執など、いろんな人間関係が修復できず、退職の決断をすることもあります。

私自身、10年勤めた会社の中で周りとうまくいかず、居場所を失ったことを理由に自己都合による退職をしました。
退職後、一週間も休養すれば、身体は元気になりますが、心の回復はいつまでかかるか分からないですよね。

人材派遣は、一時的な生活の収入源を確保したいなーっていうときに、とても重宝しますよ。

男性派遣社員に将来性はあるか?ないですよ♪

ここまで目を通して頂けた方なら、人材派遣に将来性は微塵も感じていないかと思います(笑)
派遣のデメリットは、大きく分けると3つあります。

  1. 派遣切りにあうリスク
  2. 年収アップが見込めない
  3. 男性派遣社員は結婚ができない

まず第一に、派遣は一時的な繋ぎで利用する分にはメリットが大きいですが、有期雇用契約なのでいつ仕事を失うか分からないリスクがあります。

第二に、正社員と比べて、30代以降キャリアを重ねていったときに、派遣は昇進の概念がないので、周りの同年代よりも低い年収で暮らすことになりますね。

そして最後に、良く聞いて頂きたいのですが…

男性派遣社員のままでは結婚できない

ですよ!

男性派遣社員の結婚は難しい

はっきりいって、男性派遣社員が女性と結婚するのは、かなり厳しいでしょう。
その理由としては、主に以下が挙げられます。

  • 派遣では財力がなく、父親としての威厳がない
  • 就業先や収入が不安定

男性派遣社員のまま結婚、出産と続くのは経済的にも無謀ですし、何より子どもが大きく成長するにつれて、自分の社会的地位は変わらず、年収が低いままでは、家族の中で父親というポジションは荷が重いですよね。

「周りの目や声など気にしない」強い気持ちが夫婦にある、あるいは子どもは諦める選択肢もありますが、派遣となると社会的信用は得られません。
たとえば車や住宅ローンを組むことなども難しいですね。

性別や職業などで信頼感が下がることはとても悲しいことですが、会社での地位や収入によって、男の優劣が決まるのは事実としてあります。

メモ

実は、私自身も男性で、5年以上同棲していた彼女がいたんですが、「そろそろ結婚して区切りつけないとな」と思いつつも、再就職するまではやはり踏ん切りがつかず、プロポーズできませんでした。
仮に彼女から結婚OKがもらえても、彼女のご両親に合わせる顔がないと思ったからですね。

繰り返しますが、この日本を含めて世界中の先進国はまだまだ男社会です。

あるデータによると、日本の上場企業で女性の役員割合は全体のわずか1.2%という統計も出ています。

つまり、日本でバリバリ仕事で活躍できる女性は一握りであり、結婚したらお金を稼ぐのは男性の役割となるのが自然です。

結婚して生計を立てよう!となったときに、男性が派遣で働いているということは、「就業先が不安定」「収入も不安定」の派遣の2大デメリットがモロに影響することになるわけです。

まとめ.性別については派遣先の要望に左右される

派遣の仕事は、まず派遣登録をして仕事の紹介を受けて(もしくは自分から応募)、派遣先の合意があれば契約を結んで就業スタートとなります。
仕事上の打ち合わせやすり合わせを兼ねて「顔合わせ」といわれる面接が行われることもあります。

性別も含めて、求人エントリーするときには、派遣元担当者から派遣先が求めている人物像をリサーチしておくと、採用される確率はグッと上がります。
たとえば、いくら自分に就業意欲があっても、派遣先が「この仕事は自社のイメージアップを目的とした受付業務なので、女性に任せたいんです」などと言われたら、採用されないですよね。

派遣登録の段階で性別を気にする必要はありませんが、派遣求人にエントリーするときは、女性採用枠を選ばないよう、登録先の担当アドバイザーとしっかり相談してください。

男性にオススメの派遣会社はこちら!

ビジネスマンの後ろ姿と青空
男性におすすめの優良派遣会社ランキング

IT・エンジニア系求人に強いおすすめ優良派遣会社ランキング 1位.スタッフサービス・ITソリューション(エンジニアガイド) スタッフサービス・ITソリューションが運営する派遣求人サイト「エンジニアガイ ...

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

7位.テクノサービス
テクノサービスの求人はほぼ製造系。未経験からでも始められる求人が全体の約8割。管理人が初めて利用した派遣会社。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区


!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

転職・キャリアランキング

-おすすめ派遣会社ランキング

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.