紹介予定派遣

紹介予定派遣とは?転職・派遣との違いを解説します

2020年5月8日

ここでは、紹介予定派遣の基礎知識から、転職・派遣との違い、メリットデメリットについて解説します。

紹介予定派遣とは?

ここからは、紹介予定派遣という制度について簡単な説明をします。

紹介予定派遣とは、1ヶ月~最大6ヶ月間の派遣期間を経て、派遣スタッフと派遣先企業双方の合意があれば、直接雇用となるシステムです。
(※通常は、6ヵ月間派遣スタッフとして働くケースが多いです)

転職との違い

転職と紹介予定派遣の違い

※タップして拡大

永井
通常の転職活動では、書類選考や面接のみで合否が決まりますが、紹介予定派遣の場合、派遣スタッフとして働く期間があるのが大きな違いですね。

派遣期間は、派遣会社と雇用契約を結び、派遣スタッフとして就業するため、派遣先企業は、試用期間中に「給与支払」「社会保険手続き」といった労務管理を派遣会社に一任できるメリットがあります。

派遣スタッフも同様に、契約期間中に業務を体験しながら入社するかどうかを検討できるので、双方にメリットのあるシステムだといえるでしょう。

メモ

※似たような制度に、常用型派遣(※または無期雇用派遣)というシステムもあります。
これは、派遣先とではなく派遣会社と直接雇用契約を結び、派遣元の社員として派遣先で働くスタイルです。

営業マン前田
派遣先は、直接雇用を前提としていますから、(最長6ヶ月)後に直接雇用となる確率は低くありません。
ただ、実際は派遣スタッフさん側から断るケースも多いんですが…。

派遣との違い

紹介予定派遣と派遣の違い

※タップして拡大

紹介予定派遣と派遣のもっとも大きな違いは、前者は直接雇用を前提とした制度だというところです。

永井
派遣はずっと有期雇用で働くので、紹介予定派遣でも非正規採用はあるとはいえ、直接雇用である分安定度は高いです。
営業マン前田
そうですね。

紹介予定派遣でもっとも多い募集形態は契約社員ですので、エントリーするときは良く確認してください。

紹介予定派遣と派遣の違いについて、比較をすると以下のようになります。

紹介予定派遣 派遣
書類選考 あり なし
面接 あり なし
雇用の切替 あり なし

派遣は有期雇用、紹介予定派遣は直接雇用を前提に働く

派遣スタッフとして働く場合、(長期なら)3ヵ月スパンで契約更新を繰り返しながら働くので、契約更新日を迎えるたびに雇い止めや派遣切りのリスクがつねにあります。
また、同じ派遣先で3年以上働けないルールも不安定要素といえますね。

一方、紹介予定派遣の場合、派遣先へ入社するかどうかのテストの意味合いがあるため、派遣スタッフとはいえ雇用された環境を仮定して働きます。
派遣期間満了後、派遣先から不採用通知がくれば、実質的な雇い止めと変わりませんが、派遣期間は最長でも6ヵ月に設定する取り決めがあるため、ゴールが明確です。

営業マン前田
何より、紹介予定派遣には、直接雇用されれば安定した働き方を実現できるメリットがありますね。

派遣は顔合わせや職場見学、紹介予定派遣は採用面接を実施

派遣顔合わせと紹介予定派遣面接の違い

派遣では、原則、事前面接や個人を特定した採用を禁止されているため、多くのケースでは顔合わせと称した面談や職場見学を実施しています。
履歴書や職務経歴書といった個人を対象とした書類選考もありません。

一方、紹介予定派遣の場合、通常の転職活動の面接と同じく、履歴書や職務経歴書といった書類選考が実施されますし、採用面接や試験の実施も許可されています。

まず、紹介予定派遣で働くには、通常の転職と同様に書類選考や面接に合格しなければなりません。
一方、派遣は職場見学や派遣顔合わせと呼ばれる3者面談(派遣スタッフ・派遣先企業・派遣元会社)が実施されることはありますが、基本的に事前面接は禁止されていますし、紹介されてすぐに就業できるケースもあります。

紹介予定派遣の選考に通ると、最長で6ヵ月間は派遣として企業で働きます。
派遣スタッフは、この期間に派遣先の仕事内容や社風に触れることで、入社したいかどうかを見極めることになります。

一方、派遣は長期案件なら3ヵ月スパンで契約更新を繰り返しながら、派遣会社と雇用契約を結んだ状態で働き続けることになります。
派遣先企業へ入社することは基本的にありません。

通常の面接との違い

紹介予定派遣と一般的な採用面接の違いは、派遣会社の担当からサポートしてもらえるかどうかの一点だけです。

永井
逆に言えば、これまでの派遣会社の人材紹介としての実績が問われますね。
営業マン前田
そうですね。
すでに、派遣先と長い付き合いがあって、何度も入社させた実績のある案件だと、かなり期待できます。

派遣担当営業マンに自分を売り込んでもらえる

通常、正社員面接は、企業研究からエントリー、履歴書・職務経歴書の作成提出、面接に至るまですべて一人で行わなければいけません。

一方、紹介予定派遣の面接は、派遣担当から事前に派遣先の内部情報を聞けたり、派遣先へスタッフの人柄や長所などを客観的・第三者の目線で売り込んでもらえるメリットがあります。

自分の代わりに交渉や質問をしてもらえる

面接の場で、給料やボーナスといった就業条件面について質問したいけど、自分からは聞きにくいこともあると思います。
派遣会社の担当営業マンがいれば、自分の代わりに質問や確認をしてもらえるメリットがあります。

集団面接がない

 

紹介予定派遣の集団面接は禁止

※タップして拡大

紹介予定派遣の場合、集団面接が禁止されているため、基本的に面接官と自分だけの場で実施されます。

ほぼ最初の面接1回限りで終わりますが、派遣先によっては、派遣契約期間満了日に面談や筆記試験などを実施するケースもあるようです。

スキルや経験不足でもポテンシャルを評価されて採用されることも!

通常、転職活動で面接を受けると、即戦力が期待されますし、スキルや経験が不足しているとなれば採用される可能性はかなり低いです。

しかし、紹介予定派遣であれば、派遣先企業としては最大6ヵ月の期間を使って適性を見ることができるため、現状スキル不足であっても、派遣期間の頑張りが評価されれば採用される可能性があります。

紹介予定派遣を利用するメリット

紹介予定派遣制度を利用するときに、通常の転職活動と比較してどのようなメリットがあるのか?をピックアップしました。

正社員となって安定した雇用で長く働ける

紹介予定派遣を利用して正社員採用されれば、派遣と比較して雇用環境が安定するので、長期で働けるようになります。

ただし、紹介予定派遣制度は、契約社員やパート・アルバイトの非正規雇用でも利用できるため、エントリー前に雇用形態を確認しておきましょう。

派遣期間中に企業内部を知ることができる

紹介予定派遣は、派遣スタッフとして数ヵ月働く期間があります。

このお試し期間に、職場の雰囲気や企業風土、社内ルールや人間関係等をチェックできるので、ブラック企業へ入社するリスクを軽減することができます。

ただし、派遣先によっては、入社後に配属される部署が派遣で働いていた部署と変わるケースもあります。

派遣会社のサポートが受けられる

自己アピールが苦手な方は、企業面接で緊張するあまりベストを尽くせなかったご経験があるのではないでしょうか。

紹介予定派遣の面接は、派遣会社の担当営業マンが面接に同席してサポートをしてくれるため、リラックスして望めます。

優秀な営業マンになると、面接前に派遣先の内部情報を掴み、どんな質問が来るかなど面接対策までバッチリやってくれるので、なるべく大手の実力ある派遣会社を使いたいところです。

希望条件にあう企業で働ける

通常の中途採用の場合、給与額やボーナス、公休や通勤時間など、自分の希望条件にあう企業を見つけるのは、転職市場に精通していないため、大変な作業になります。

紹介予定派遣なら、エントリーするときにある程度の就業条件面が提示されますし、給与額など就業条件の交渉を派遣営業マンに代行してもらうことができます。

何より、実際に派遣先でお試し期間として数ヵ月働けるところが大きなメリットです。
紹介予定派遣は、入社を確約されるわけではないので、働いてみてやっぱり違うなと思ったら、辞めることもできます。

大企業で就業するチャンスがある

人気のある大企業の採用条件になると、たくさんのエントリー者から選別するために、書類選考によって不採用になるケースが多いです。

紹介予定派遣なら、学歴や職歴に自信のない方でも、派遣会社からの紹介があればエントリーするチャンスが生まれます。

紹介予定派遣を利用するデメリット

必ず正社員になれる保証はない

紹介予定派遣は、派遣先企業と直接雇用を結ぶときに利用される制度ですが、必ずしも正社員を保証するわけではありません。

求人条件をみると、「契約社員」や「アルバイト」で募集されているケースもあるため、正社員志望の方は、派遣会社担当者へしっかり確認するようにしてください。

また、紹介予定派遣も通常の求人と同様に、好条件になるほど派遣社内選考の競争も厳しくなります。

必ず採用される保証はない

紹介予定派遣として働きだすと、3ヵ月以上は派遣スタッフとして働くケースが多いです。

派遣期間満了後、派遣先から同意を得られなかった場合、自分が希望しても入社することはできないリスクがあります。

また、紹介予定派遣の選考は通常の転職活動と同じく、履歴書・職務経歴書を使った書類選考があります。
登録型派遣は、派遣会社からスキルシートのみ提出するだけですし、有期雇用契約なので、採用されやすいです。

高いスキルやコミュニケーションを求められる

これまで、派遣スタッフとして働いてきた方は、雇用契約内容に沿って決められた業務をしていれば、評価される環境だったでしょう。

しかし、派遣先企業へ入社した後は、会社のルール上で働くことになりますし、より高いスキルやコミュニケーション力が求められるのは間違いありません。

関連記事
経理の事務員
無料のスキルアップ研修に強い派遣会社5選!エクセルやワードもこれでバッチリ!

すでに派遣スタッフとして活躍されている方の中には、さらなるスキルアップが必要だと感じていながら、どう行動に移して良いか分からず悩むことが多いです。 派遣は有期雇用契約であり、3年ルールの上限もあるので ...

続きを見る

給料が下がる

断言はできませんが、派遣はもともと高時給で働ける雇用形態なので、紹介予定派遣を通じて入社した後は、給料が下がる可能性が高いです。

プライベート時間が減る

派遣は、業務内容と就業時間がはっきり決まっているため、仕事以外のプライベート時間が充実しやすいメリットがあります。

紹介予定派遣を通じて入社後は、会社のルールや人間関係のしがらみの中で働くことになるため、派遣のときよりはプライベート時間は減ってしまうでしょう。

転勤になる可能性がある

派遣は、就業先が契約ではっきり決められているため、転勤という概念がありません。

紹介予定派遣で転勤のある企業に正社員として採用されれば、生活環境が変わる可能性はあります。

大手全9社を徹底比較➡ 紹介予定派遣おすすめランキング

-紹介予定派遣

Copyright© 派遣タカラ島 , 2020 All Rights Reserved.