紹介予定派遣

紹介予定派遣の実態とは?派遣社員500人にヒアリングして分かった真実

2020年5月8日

紹介予定派遣の求人数は少なく、非公開で話が進むケースもあるため、なかなか評判や口コミなどから実態を探ることが難しい側面がありますよね。

そこで、当サイトでは、クラウドワークス社を通じて、紹介予定派遣の経験がある方からアンケートに答えていただきました。
ここでは、テーマごとにその内容をシェアしていきます。

(有効回答数:495)

紹介予定派遣は性別によって採用確率は違うの?

ここでは、紹介予定派遣で採用された方の中から、「男性」「女性」それぞれの数を調べたデータをシェアします。

その結果、紹介予定派遣へエントリーした数は女性の方が多いものの、採用率にはそれほど差がなく、男性の方が約3%高い結果となりました。

(有効回答数:495)

エントリー数 採用数 採用率
女性 351 141 40.2%
男性 144 62 43.1%

紹介予定派遣を利用する動機とは

紹介予定派遣を利用した動機についてアンケートを集計したところ、「エントリーした求人がたまたま紹介予定派遣だった:24.8%」「安定した仕事をしたかった:23.6%」の2つの意見がほぼ半数を占めています。

(有効回答数:495)

紹介予定派遣を選んだ動機

※タップして拡大

その他の意見

「実務経験がなく、いきなり正社員になるのが難しかった」

「派遣先からスカウトされた」

「責任のある仕事をしたかった」

「派遣で働いてみたかった」等

永井
アンケートの内容に目を通して分かったことは、紹介予定派遣制度は転職活動においてあくまでも選択肢の一つとして考える方が多いことです。
営業マン前田
そうですね。通常の転職活動でうまくいかなかったけど、派遣を利用してみたらお仕事が決まったパターンも多く耳にします。

また、前職で上司のパワハラや人間関係によるトラブルで退職されている方は、最初に派遣で仕事内容や社内の雰囲気がチェックできるところも大きな魅力を感じているようです。

永井
自分の主観だけでなく、派遣先からきちんと評価された上で入社を決めたい方も一定数いらっしゃいました。
営業マン前田
そうですね…。派遣として働いていると、直接雇用者と比べて派遣先からの評価が不透明な部分はありますからね。

紹介予定派遣として働く期間はどれくらい?

紹介予定派遣は最長6ヵ月に設定するルールがありますが、何ヶ月間働くケースが多いのか、アンケートを集計してグラフ化しました。
すると、「6ヵ月」働いたケースがもっとも多く38.4%、次いで「3ヵ月」が31.4%となりました。

1~2ヵ月働いた割合もやや高いですが、派遣期間途中でリタイアした層が多いのが原因でしょう。

(有効回答数:430)

紹介予定派遣の期間

※タップして拡大

永井
通常、どんな雇用形態でも最初の数ヵ月は試用期間として働くケースが多いので、紹介予定派遣も同じような感覚で働けば良いですかね。
営業マン前田
そうですね。ただ、1~2ヵ月で「自分にこの職場は合わない!」と判断するのは、さすがに早いと思います。

必ず本採用される保証がないリスクはありますが、最長6ヵ月働いた上でじっくり決める人の方が、実は転職成功するケースが多いんです。

紹介予定派遣は本当に40代から不利になるのか?

ここでは、紹介予定派遣にエントリーしたときの採用率について、年代別に調べたデータをシェアします。

まず、紹介予定派遣にエントリーした495名の派遣社員の内、採用されたのは203名とおよそ4割、5人に2人の割合となっています。

(有効回答数:495)

エントリー数 採用数 採用率
495 203 41.0%
永井
通常の中途採用面接と考えれば、仮に100社エントリーして41社内定が出るなんてことは、よほど優秀な方でない限りまずありませんよね。
営業マン前田
倍率として考えても、10人が書類選考➡面接へと進んで、採用になるのが4人なら、かなり大きなチャンスだと言えるのではないでしょうか。

次に、年代別にデータを比較すると、40代以降は母数は少ないものの、採用率は50%以上と他の年代よりも高い結果となりました。

(有効回答数:412)

エントリー数 採用数 採用率
10代 17 3 17.6%
20代 251 92 36.7%
30代 106 47 44.3%
40代 34 17 50.0%
50代 4 2 50.0%

紹介予定派遣求人でもっとも募集されているのは20~30代であることは間違いありません。
しかし、エントリーする数が多いからといって、採用される確率も高いとは言い切れません。

つまり、結論としては、40代でも紹介予定派遣は十分狙えるといって良いでしょう。

紹介予定派遣で正社員になれる確率は?

紹介予定派遣で採用されても、必ず派遣先で正社員として雇ってもらえる保証はありません。

では、紹介予定派遣から正社員となった方の割合はどれくらいなのか、見ていきましょう。

(有効回答数:230)

採用数 割合
正社員 110 47.8%
契約社員 73 31.7%
パート・アルバイト 36 15.7%
その他 11 4.8%

調査の結果、正社員として雇用された方が110名ともっとも多く、全体の47.8%を占めています。

永井
紹介予定派遣は契約社員求人ばかりだという口コミは多いですが、実際に調べてみると、意外に正社員雇用が多いことが分かって筆者も驚きました。

紹介予定派遣で自ら入社を辞退する理由とは

紹介予定派遣の採用確率については、エントリーした派遣社員の採用・不採用の結果だけでなく、不採用となった理由が「派遣先から」か「自分から辞退」したかどうかによって、大きく変わってきますよね。

そこで、筆者は以下のようにアンケートを集計して、実態を調べました。

(有効回答数:511)

まず、511名の派遣社員を対象に、紹介予定派遣で採用されたかどうかを集計すると、以下の結果が出ました。

採用 207
不採用 304

次に、不採用となった304名の派遣社員に、不採用となった理由についてアンケートを取ると、以下の結果になりました。

紹介予定派遣の採用状況

※タップして拡大

自分から辞退した 256
派遣先から不採用 48

なんと、派遣先から不採用通知された方と比べて、自分から辞退した派遣社員が256名、5倍以上という結果でした。
そうなると気になるのは、辞退した理由ですよね。見ていきましょう。

もっとも多い意見は、希望の就業条件との違い

このグラフは、紹介予定派遣を自分から辞退した方から聞いた理由をまとめたデータです。

辞退した理由は、「希望の就業条件と違うため」がもっとも多く29.2%、続いて「人間関係が合わなかった 12.3%」「残業が多い・サービス残業がある 11.9%」「転職先が見つかったため 10.8%」などが多く見られます。

紹介予定派遣を辞退した理由

※タップして拡大

「希望の就業条件と違うため」と回答した方の理由を詳しく見ていくと、以下のように、様々な意見がありました。

  • 入社後の配属部署がイヤだった
  • 希望就業エリアで働けない
  • 通勤が遠く割に合わない
  • 仕事内容がイメージと違った
  • やりたい仕事ではないと思った
  • 正社員雇用ではなかった
  • 昇給やボーナス支給がない
  • 仕事が退屈
  • 給料が低い
  • 従業員の有給取得率が低い
永井
筆者から見て意外だったのが、紹介予定派遣で働きつつ、転職先を探している割合が高いところです。
「もともと派遣先へ入社を希望していない」と回答する方もいらっしゃいました。

紹介予定派遣イコール派遣先へ入社したいと希望している方ではないんですね。

営業マン前田
あくまでも、最長で6ヶ月間の派遣期間を満了した後、本人の意思があれば直接雇用となる制度ですからね。
派遣期間中に、転職先を探していても問題はありません。

男性と女性の辞退理由の違い

まず、男性は女性と比べて「転職先が見つかったため」と回答した割合が高い傾向にあり、派遣期間中も転職活動に積極的な面が伺えます。

女性は、男性と比べて「残業が多い・サービス残業がある」「派遣の方が良い」「社内の雰囲気に馴染めない」「上司と合わなかった」などと回答した割合が高い傾向が見られます。

ソートボタンをタップすると、昇順または降順に並べ替えることができます。
辞退した理由男性女性
希望の雇用条件と違ったため37.5%25.9%
人間関係が合わなかった11.3%12.7%
残業が多い・サービス残業がある8.8%13.2%
転職先が見つかったため17.5%8.1%
派遣の方が良いと思った3.8%9.1%
社内の雰囲気に馴染めない3.8%7.6%
上司と合わなかった3.8%7.1%
仕事内容が合わなかった3.8%3.6%
もともと入社を希望していなかった5.0%3.0%
他にやりたいことが見つかったから1.3%3.6%
家の事情でやむなく退職した2.5%2.5%
派遣先への不満があった0.0%2.0%
体調不良によるリタイア0.0%1.5%
紹介予定派遣の競争率が高かった1.3%0.0%

紹介予定派遣で不採用となる理由とは

回答者数が少ないですが、派遣先から不採用通知を受け取った方の理由を集計した結果、「派遣先の業績が悪化したため:31.3%」「派遣期間中の業務についていけなかった:25.0%」「他の人に採用が決まったため:18.8%」など、さまざまな回答が見られました。

(有効回答数:48)

紹介予定派遣で不採用となった理由

※タップして拡大

紹介予定派遣の面接は何回行われる?

紹介予定派遣の面接が何回行われたか回答を集計した結果、「1回:72名」「2回:24名」「3回以上:4名」となりました。

(有効回答数:100名)

1回 72
2回 24
3回以上 4

派遣営業担当者は面接に同行してくれるの?

面接に担当の派遣営業マンが同行したかどうか、質問の回答を集計した結果、「同行してもらった:82名」「同行してもらえなかった:18名」となりました。

(有効回答数:100名)

同行してもらった 82
同行してもらえなかった 18

大手全9社を徹底比較➡ 紹介予定派遣おすすめランキング

【厳選3社】当サイトおすすめ優良派遣会社ランキング

アデコ

アデコ

アデコは、「月刊人材ビジネス」が実施した第27回派遣スタッフ満足度調査(2017年5月号)において、なんと6つの部門でナンバー1を獲得しました。
また、口コミ率ランキングにおいては、第26回に続いて2回連続で第一位に輝いています。

求人はオフィス系、IT・エンジニア系などの職種に強く、直接雇用が見込める紹介予定派遣の紹介実績が高いため、派遣からキャリアアップを希望する方におすすめしたい大手優良派遣会社といえます。


オー人事スタッフサービス

スタッフサービス オー人事ネット

「オー人事」のCM広告でお馴染みのスタッフサービスは、国内トップクラスのオフィス系求人を掲載している大手優良派遣会社です。
日本全国に拠点があるため、誰でも利用しやすい利点があります。

スタッフサービスは、派遣業界トップクラスの営業力があるため、登録から仕事紹介までのスピードが早く、未経験者から実務経験者まで幅広いユーザーから支持を集めています。


パソナ

パソナ

パソナは、月刊ビジネス主催の派遣スタッフ満足度調査で、「所属している派遣会社を友人に勧めたい」7回連続で1位を受賞した実績があります。

就業中のサポートはもちろん、キャリアカウンセリングや研修・セミナーによるスキルアップ環境が整っているため、「また働きたい」と思える大手の優良派遣会社としてその地位を確立しています。


エリア別おすすめ派遣会社ランキング

関東 東京派遣 | 神奈川派遣 | 埼玉派遣 | 千葉派遣 | 茨城派遣 | 栃木派遣 | 群馬派遣 | 山梨派遣

近畿 大阪派遣 | 兵庫派遣 | 京都派遣 | 滋賀派遣 | 奈良派遣 | 和歌山派遣

東海 愛知派遣 | 静岡派遣 | 岐阜派遣 | 三重派遣

信越・北陸 長野派遣 | 福井派遣 | 石川派遣 | 富山派遣 | 新潟派遣

九州・沖縄 福岡派遣 | 佐賀派遣 | 長崎派遣 | 熊本派遣 | 大分派遣 | 宮崎派遣 | 鹿児島派遣 | 沖縄派遣

北海道・東北 北海道派遣 | 青森派遣 | 岩手派遣 | 秋田派遣 | 宮城派遣 | 山形派遣 | 福島派遣

中国・四国 鳥取派遣 | 島根派遣 | 岡山派遣 | 広島派遣 | 山口派遣 | 高知派遣 | 愛媛派遣 | 香川派遣 | 徳島派遣

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村

-紹介予定派遣

© 2020 派遣タカラ島