紹介予定派遣とは

紹介予定派遣の書類選考から面接までの流れを体験談をもとにお伝えします

2019年8月2日

僕は、かつてマンパワーさんで紹介予定派遣制度の利用経験があるので、応募から就業に至るまでの一連の流れに関しては熟知しています。
大まかに選考の流れをお伝えすると、以下のようになります。

  1. 希望の求人へエントリーする
  2. 派遣会社内で選考
  3. 書類作成→添削を繰り返し完成させる
  4. 書類選考→面接へ
  5. 双方の合意があれば入社決定!

それでは、下の目次から気になる項目をタップして、読んでみてください!

紹介予定派遣の希望の方はこちら ↓ ↓

関連記事
職歴を説明する派遣元営業マン
紹介予定派遣求人に強いおすすめ優良派遣会社ランキング

ここでは、派遣のお仕事の中で、「紹介予定派遣」の求人数を集計(※グラフデータは2019年12月調べ)した後に、ランキング化をしたコンテンツをシェアします。 「派遣で働こうと決めたものの、どこを選んで良 ...

続きを見る

希望の求人へエントリーする

当たり前ですが、すべては求人へ応募しなければ何も始まりません。
自分で求人サイトなどからエントリーしても良いですし、直接担当営業マンへ電話連絡などでも良いでしょう。

僕の場合は、求人自体が大量募集をしていた案件だったので、電話で「エントリーしてみませんか?」と打診されました。
紹介をしてもらいたい場合、登録利用している派遣会社へ提示している就業希望条件が「紹介予定派遣を希望する」あるいは「正社員希望」となっていないと、紹介されないので注意です。

派遣会社内で選考

派遣会社内で選考となるケースと、そのまま書類(履歴書・職務経歴書)作成に入る2パターンがあると思います。

気になるのが社内選考となったときの「結果が出るまでの期間」や「合格する倍率」ですが、この辺の有効な統計データは見つけ出せませんでした。
派遣会社の社内情報なので、関係者でもない限りはこれを知ることは難しいのかもしれません。

派遣先の都合も関わってくるので、選考にかかる時間は気にしていても答えは出せません。
ただし、合格倍率に関しては、他社競合の状況などを派遣担当者に尋ねると、教えてくれることもあるので聞いてみると良いです。

この辺は、通常の派遣求人と同じように、結果を待っている間も他求人への応募を検討しておいて、ダメだった時のリスク回避も考えておく必要があります(※もちろん、次は絶対に紹介予定派遣でとこだわって返事を待つのも個人の自由です)。

添削を繰り返して提出書類を完成させる

エントリーが無事に決まったら、いよいよ派遣先へ提出する履歴書・職務経歴書の準備です。
この辺は、通常の企業面接と全く一緒ですが、派遣の担当者からのサポートを受けながら作業できるのが強みです。

いつまでに提出するかという期限は、その求人状況によりけりなので、やはり一概には言えません。
僕の時は結構時間はなく、書類作成・提出までに3~4日程度しか余裕がなかったと記憶しています。

書類選考を突破する秘訣とは!?

僕自身、最初は(言い方悪いですが)結構適当に書類を作ってメール添付して派遣担当者へ提出。
そして、修正箇所の頂いたらその通りに書き直しただけでした。
ここでは、その時に派遣担当者から頂いたアドバイスを元に、ポイントとなる項目についていくつか書きます。

  • 職歴について・・・最も正社員歴が長く、面接の場で自己アピール材料となる職歴については詳細を書いて、それ以外は勤め先や就業期間などのデータのみを記載。大事なことは、何をやっていたかではなく、何をやってどんな実績を残して何を身に付けたのか、面接官が分かるような説明文を作るように心がけた。
  • 前職の退職理由・・・「体調不良による自己都合退職」と記載。
  • 志望動機(※自己アピール)・・・あえて記載なし。上記の職歴から自己アピール文までを繋げて記載した。

僕はイマイチ、「志望動機」と「自己アピール」を別々に記載する理由が見いだせなくて、別記事【紹介予定派遣の実際は?徹底比較!】 評判の良いおすすめ派遣会社でも触れましたが、下記のような文章を書いて提出しました。

配達業務は未経験になりますが、前職で勤めていたパチンコ店において店内イベントでご当選されたお客様の景品プレゼントを、ご自宅に届けるといったサプライズイベントを発案して実行したことがあります。その時のお客様の喜ばれるお顔を見て、ご自宅に訪問して直接コミュニケーションをとる接客業務にとても魅力を感じました。

前職では自分の担当するチーム内でお客様に喜んで頂けるイベントやサービスを考案し、実行した経験があります。具体的には、自作の手書きのお手紙をお渡ししてご来店して頂いたことへの感謝の気持ちをお伝えしたことや、イベント案内などを記載したダイレクトメールをご自宅に送ってお客さまを喜ばせるイベントを考案して実行した経験もあります。
このような過去の経験が、貴社でお役に立てると思い今回応募致しました。

当時の書類が残っておらず、シェアできないのが残念ですが、コンビニや書店で売っているようなどこにでもある形式で作成しました。

書類は通ったのですが、それは派遣担当者のアドバイス通りに従ったからだと思います。添削指導も自信をもって「これはここがダメなのでこう修正して下さい」と言われるので、素直に従うだけです。やはりその道のプロに聞くのが一番効率が良く、近道だと思います。

後は、なるべくコンパクトに情報をまとめることと、アピールしたいポイントは(ウソでも)情熱を持って書いた方が言葉に魂が宿るような気がします。上記の文章も、当時の職場で苦労したことやそこで身に付けたものを思い返しながら、書いたのを覚えています。

派遣の顔合わせでもそうですが、面接でも基本的に最初は書類を見ながら質問のネタをしていく流れなので、自分が話したいポイントに力を入れて、相手に興味を持ってもらえるよう仕向けるのは大事だと思います。

「まともな職歴がない」という方でも、求人を見て自分の長所やこれまでの経験を生かせそうな部分を見つけて、それをネタに責めるのが良いかと思います。退職理由なんかもそうですが、ウィークポイントの補強を悩んでいても過去は変えられないので、何が武器になるのかを派遣担当の方と相談しあってみて下さい。

書類選考を突破する秘訣!

    • 派遣担当者からの添削指導に忠実に従う
    • 文章はコンパクトに!アピールポイントは情熱をもって作成
    • 自分の売りや長所を生かせるような構成作りを!

書類選考→面接へ

2010年に「労働政策研究・研修機構」により調査されたデータによれば、紹介予定派遣制度を利用して正社員へ転換した人数の割合は約30%です。

(※一部抜粋)集計対象とするのは、調査時点において派遣社員を1名以上活用している 1,121 事業所である。まず、人数レベルで、これらの事業所全体での過去3年間の派遣社員から正社員への転換の実態をみると、紹介予定派遣による正社員転換が 562人(30.8%)であるのに対し、通常の派遣を経た転換(引き抜き)が 1,076 人(59.1%)と倍近くなっている。

参考サイト:http://www.jil.go.jp/institute/reports/2013/0160.html

営業マン前田
企業からの引抜が50%超→これは派遣スタッフの方が厚い信頼を受けている半面で派遣会社が「紹介予定派遣」という制度があるにも関わらずビジネスとしての信頼を得ていない証拠かなとも思います。

勿論、派遣先としては「できればお金をかけないで」という論理は働くので一概に信頼の話でもないですが、少なからず、派遣先⇔派遣スタッフさんとの繋がりに比べると派遣元⇔派遣スタッフさんの繋がりは弱く感じる数字でもあるかと自省も込めて思いました。

 

紹介予定派遣制度を通さなくとも、企業から直接声がかかって採用されるケースが半数以上もいたというのは、就業中の派遣スタッフにとっては明るい材料ではありますが、紹介予定派遣だけに注目すると、採用されるのはそうカンタンでないことが見てとれます。

次に、「面接の極意とは!」と語れたら恰好良いのですが、残念ながら僕は面接で採用されませんでした。では、なぜ失敗したのかを振り返ると、一つだけ思い当たる節があります。

それは、先ほども触れた情熱が足りなかったせいだと思っています。

紹介予定派遣の面接は、派遣元担当者が同行して一緒に受けられるパターンと、通常の企業面接と同様に一人で受けるパターンがあり、僕は後者でした。

もともとは同行の予定でしたが、派遣先の急な面接日程の変更により、一人で行くハメになってしまったのですが、正直に言って僕は「質問に困ったら助舟を出してもらえるだろう」とか「面接前に何かアドバイスをくれるだろう」と思って、面接までに必要な質疑応答に関する準備をほとんどしていませんでした。

もともと、自分から応募した求人ではなかったので、熱は低めだったのですが、自分事として捉えていなかったと思います。そういう姿勢は態度に表れて、面接官に見破られてしまっていたのでしょう。

どんな会社だって、面接でやる気がみられない人材を好き好んで採用しようとは思わないですよね。

ですので、これから応募する方は、派遣先企業のリサーチを徹底的に行い、派遣元からも可能な限り情報収集をした方が良いです。当たり前のことですが・・・。

それと先ほども少し触れましたが、自分の弱点(まともな職歴がない、アピールできる実績がない、もう若くないetc・・)を隠そうとしたりするよりも、何をアピールするのか、どう伝えたいかだけに集中した方がうまくいくハズです。

営業マン前田
紹介予定派遣は「派遣契約では無く直接契約を前提とした採用」なので面接が認められているのです。

双方の合意があれば入社決定!

では最後に、採用後の簡単な流れをご説明して、この記事を終わりにしたいと思います。

採用が決定したら、1~(最大)6ヵ月は派遣スタッフとして働くことになります。そして、期間満了後に自分と派遣先企業が合意すれば、今度は直接入社の手続きへと進むことになります。

入社前に派遣先で働けるので、職場の雰囲気や人間関係を知ることが出来るのが大きなメリットです。デメリットとしては、期間満了後に採用される保証がないというところ。通常の派遣と同様に、失業のリスクはついて回ることになります。

もう少し補足すると、現在進行形でどこかに勤めている転職希望者にとっては、非常に利用しづらいシステムですよね。退職して働き出しても、必ず採用される保証はないので、在職中に転職活動をしたいという方にとっては、不向きな制度と言えます。

関連ページはこちら ↓

営業マン前田
紹介予定派遣は必ずしも派遣先の【正社員】という括りでは無く、直接雇用という括りになるので、企業によっては有期雇用であったり、自身が想定していた条件とは異なる雇用や給与の可能性もあります。

必ず「雇用条件」は入社前に確認をしてから判断するようにしてください。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-紹介予定派遣とは

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.