掛け持ちで働いたときの年末調整&確定申告

派遣社員にかかわる法律について

掛け持ちで働いた人が知っておきたい年末調整&確定申告について

派遣で働いていると、掛け持ちで働くこともありますが、年末になると困るのが「年末調整」や「確定申告」ではないでしょうか。

「源泉徴収票?扶養控除等申告書?書類がいきなり送られてきたんだけど、どうすればいいの?」

本記事では、この疑問に対して、基礎から丁寧に解説いたします。

年末調整とは?

年末調整とは、毎月会社から支払われる給料から天引きされている所得税を再計算して、一年間で支払うべき所得税や住民税といった税金を算出することです。
多く支払っていれば還付金として返還され、少なく支払っていれば課税されます。

毎月天引きされていた所得税をなぜ再計算するかと言うと、毎月おおよその金額で天引きされているため、年末にもう一度正確な税金を算出するためです。

給与明細と一緒に渡される源泉徴収票は、給与金額と所得税額を明記した書類です。

派遣を含む複数の会社で掛け持ちをしていた場合、毎年11月頃になると源泉徴収票が郵送されてくるので、メインで働いていた派遣会社へ年末調整を申請します。

基本的にメインで働いた会社へ年末調整をお願いする

基本的に、雇用形態問わず、メインで働いた会社に年末調整をお願いします。
メインとは、一般的に最初に雇用契約を結んだ会社であり、「扶養控除等(異動)申告書」を提出する会社です。

「扶養控除等(異動)申告書」とは、扶養家族の人数を申告する書類で、年末調整に必要となります。
扶養家族がいる・いないに関わらず、給与所得を受け取るすべての従業員は、必ず提出しなければなりません。

新入社員や中途社員は入社時に提出するのが一般的ですが、派遣やパートなどの非正規は年末が近づくと提出を求められます。

通常、掛け持ちしている会社へ「扶養控除等(異動)申告書」を提出する必要はありませんが、住所や世帯主の情報に変更がないか確認する意味で提出を求められることもあるようです。

2016年度よりマイナンバーの記載が必要になりました。

確定申告とは?

確定申告とは、毎年2月15日~3月15日の期間で、主に個人事業主に当たる方が前年度1年間の収入と支出がどれくらいあったかを申告する手続きです。

派遣社員の場合、一年間ずっと同じ派遣会社に在籍していて、その他から20万円以上の収入を得ていなければ、基本的には確定申告をする必要はありません。

ただし、以下の2つの条件に当てはまる方は、確定申告の対象となります。

年間所得が20万円以上の場合

掛け持ちによる給与所得や、副業などの所得がある方の中で、以下の要件に一つでも該当する方に関しては、年明けに確定申告をする必要があります。

  • 給与の収入金額が2,000万円を超える場合
  • 掛け持ちで働いて、所得が20万円を超える場合
  • 配当所得・不動産所得などの資産性所得が20万円を超える場合
  • 雑所得が20万円を超える場合

掛け持ちをしていた場合、年末調整をしない会社から受け取った所得が20万円を超えている場合、確定申告が必要になります。

給与所得以外でも、たとえばネットオークションや謝礼金など、副業で儲けた場合は雑所得として扱われるので、20万円のラインを超えれば確定申告の対象です。

税金控除の対象となる支払いがある場合

所得以外にも、以下の要件どれかに該当する場合、確定申告が必要となります。

  • 医療費控除…年間で10万円または年収の5%以上の医療費を負担した場合
  • 寄付金控除…国税庁指定の団体や、ふるさと納税などへの寄付が該当する。ふるさと納税の場合、ワンストップ特例制度(※1)を利用すれば、確定申告が不要
  • 雑損控除…災害や盗難被害に遭った方
  • 住宅ローンの減税控除…初年度のみ確定申告が必要(※2年目以降は年末調整可能)

(※1)「ふるさと納税をした年の所得について確定申告をしない」「寄付をした自治体が5つまで」2つの条件どちらも当てはまる方が利用できる

年末調整と確定申告の違い

年末調整と確定申告の違いについては、以下の通りです。

年末調整 確定申告
行う人 メインで働いた会社 自分で
申告する所得 給与所得 不動産所得
事業所得
譲渡所得
一時所得
雑所得
退職所得
配当所得

基本的に、一ヶ所の会社から給与所得のみで他に所得がないのであれば、年末調整だけしておけばOKです。

確定申告をすると還付金が戻ってくる場合もあるので、気になる方は税務署の相談窓口に電話で相談してみましょう。

還付金…年間で支払いすぎた返還されるべきお金のこと。

税務署の相談窓口URL:
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shirabekata/9200.htm

複数の派遣で働いた年度の確定申告手順【備忘録】

ここからは、私が実際に自分で確定申告をしたときの流れをご説明します。

永井
備忘録として残した記事なので、若干おかしな表現などございますが、ご了承ください!

準備するモノは、以下の通りです。

  • 確定申告する年度に働いた派遣会社の源泉徴収票
  • (確定申告書を郵便で提出する場合)郵送代と書類を入れる封筒

ここでは、「e-Tax」で作成した確定申告書をプリントアウトして、郵送提出するやり方を想定して記事を書いています。

僕のたった一日だけ働いた源泉徴収票を例としてアップしておきます。年末に近付くと、就業した会社からこのような票が郵送されてくると思います。

源泉徴収票の画像

この源泉徴収票は、一年間で就業した会社から支払われた収入額(=年収)と、それに対する所得税や社会保険料などの支払った税金額が記載されているものです。派遣社員として複数の会社から収入を得て生計を立てている場合、この書類が複数送られてくるので、これらをまとめて確定申告をする必要があります。

自宅PCから確定申告をするには、ネット環境が必要になります。また、ネットから確定申告書を印刷するかネット上で申告するか2通りあるようですが、調べてみるとネット上での申告は役所でICカードを取得する等の事前準備が必要とのことです。有料な上に3年更新が必要というのがメンドクサイので、僕は印刷する方で手続きを進めることにしました。

確定申告手順1
まずは、e-Taxサイトを開きます→e-Tax。「初めて確定申告をされる方」ボタンをクリックします。

確定申告手順2

図の「確定申告書等作成コーナー」をクリックします。

確定申告手順3

ここから別枠で開く設定になっているようです。「申告書・決算書収支内訳書等作成開始」ボタンをクリック。

確定申告手順4

上述したように、ここでは「書面提出」ボタンをクリック。

確定申告手順5

「パソコンとソフトウェア」「プリンタの設定」「利用規約」それぞれ確認してチェックを入れます。プリンタの設定ですが、プリンタが自宅にない人も結論から言うと問題はありません。これから作成したデータは最終的にはPDFデータでダウンロードすることができます。このデータを使ってネットプリントなどの無料会員サービスなどを利用すれば自宅からでも印刷することは可能です。

確定申告手順6

ピンクの大きなボタンをクリックします。

確定申告手順7

>給与を受け取った会社は複数ありますから、真ん中のボタンをクリック。

確定申告手順8

青色申告者は該当個所にチェックを入れて、次に進みます。なお、生年月日は必須項目です。

確定申告手順9

給与所得に関する申告ですので、図のボタンをクリックします。

確定申告手順10

特別な控除項目や配偶者などもいない場合、入力は図の3ヶ所だけです。なお、ここで最初に入力する源泉徴収票は、年末調整を提出した派遣会社となります。

確定申告手順11

事業所名と住所も入力すると、画面下に自動でデータベース化されて表示されます。後は同じ要領で手元にある源泉徴収票を元に入力を続けます。

確定申告手順12

入力が全て終わると、給与所得が自動で算出されます。

確定申告手順13

キリの良いところで、画面下の「入力データを保存する」ボタンをクリックして保存をかけておきましょう。

確定申告手順14

次に進むと、所得控除額の入力及び確認画面へ移行します。該当する控除項目のある人はクリックして入力しましょう。僕は特に保険などにも入っていないので次に進みます。

確定申告手順15

次も税額控除に関する画面ですね。これも僕には関わりがありません。次に進みます。

確定申告手順16

図のように、還付金つまり払い過ぎていた税金額が自動で算出されます。

確定申告手順17

1~7に該当しない場合、特に入力する必要はありません。次に進みます。

確定申告18

ここまでくれば、ゴールは目前です。図のように、住まいの「住所」を選択することと画面下にある提出先の税務署を間違えないように選択しましょう。多くの場合、自分の住んでいる(住民登録している又はしていなくとも生活の拠点地)地域にある税務署で問題ないでしょう。

確定申告手順19

図の「空欄でも大丈夫」という意味は、最終的に確定申告の書類をPDFデータでダウンロードして印刷した時に、ここで空欄にしておけば後で日付や月を書き込めるという意味です。

確定申告手順20

金を受け取る為、銀行口座データを入力して次へ進みます。一部のネット銀行では受け取れないようです。僕は楽天銀行ですが、良くある質問を読むと受取は問題ないようです。

確定申告手順21

図のボタンをクリックすると上述したようにPDFデータでダウンロードすることが出来ます。ちなみに僕はfirefoxを使用していますが、ダウンロードしているかどうかクリックしても反応がなく分かりづらかったです。

郵送で提出する場合の注意点は、まず提出年月日は郵送した日付を忘れずに記入することと、源泉徴収票などを所定の用紙に貼りつけて提出することです。郵送では不安な場合、申告書を直接持ち込んでも良いですし、税務署の営業時間外においては専用窓口(=時間外収受箱)から提出することも可能です。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-派遣社員にかかわる法律について

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.