派遣で働く

複数の派遣会社から同じ求人が掲載されていた場合

2019年8月2日

以前、僕自身も「派遣スタッフって求人を複数エントリーしても良いのか?」という点が気になっていたので、実際に派遣会社に問い合わせたことがあります。

派遣会社へインタビューする女性
複数の派遣会社に登録やエントリーはOK?大手3社にインタビューした結果

「正社員」や「パート・アルバイト」などの直接雇用を望む求職者の人たちって、普通は希望する会社を何十社もピックアップした後に 「書類選考を受ける」→ 「選考を通った会社から順次面接を受ける」 というのが ...

続きを見る

回答としては、同一の派遣会社が取り扱う求人でも複数エントリーOKですし、他社との競合案件であっても、自社と他社を経由して同時エントリーしても問題はなしということでした。

どうやって応募すれば良い?

55c14138914af011743742b5ac847f09_s-

それで、僕ら派遣スタッフとしてはこれを鵜呑みにして本当に同じ求人に対して複数の派遣会社からそれぞれ応募して良いのか?というのが本題です。

まず悩むのは、同一求人があったらどの派遣会社を経由して応募していくかです。

これは、まず時給額などの比較をしてみて、好条件の方からエントリーしましょう。同じ求人なのに時給額が違う!というのは良くある話です。実際に、僕も以前ありました。

同じ求人であれば、当然高時給を選ぶべきでしょう。高時給の派遣会社から先に応募していって、決まってしまえば他は辞退すれば良いだけです。

ただし、これまでに就業実績のある派遣会社から応募するという考えもアリです。過去の実績を評価してもらえているなら、社内選考で有利になる可能性があるからです。この辺をどうするかは好みですね。

※派遣の仕事は、このように同時進行で進むケースが結構あります。比較対象があった方が決断しやすいので、基本的に優良な大手には事前に派遣登録しておくのがおすすめです。

これは、同一求人でなくとも同じです。自分の中で第一希望、第二希望と優先順位があると思います。優先順位の高い求人から順番にエントリーしていくのがまず最初にやるべきことです。

さっと決まれば良いんですが、社内選考や顔合わせなど、すぐには決まらないことも多いです。この時、仕事応募すると派遣会社から必ずエントリー状況を確認されると思います。「他にも受けていらっしゃいますか?」という質問ですね。

営業マン前田
もし、複数の派遣会社から同一案件を応募した場合は、必ず各社に取引数を確認しておくのが良いでしょう。

取引数が多い派遣派遣会社は日ごろから顧客ニーズに応えられており、信頼が厚い可能性があります。

バッティングした案件で何かの選択をしなくてはならない場合等にきっと役に立つ情報となります。

応募求人まで答える必要はなし

僕の場合、聞かれても答えないです。何故なら、答える義務はないと思っているからです。というか、実際に複数応募していると、どこにエントリーしたか覚えきれていない時もあるのですが。

ただ、突っぱねるのも角が立つので、「○○会社さん経由で応募している案件があります。ですが、具体的に話が進んでいるところはまだありません」とお答えします。

僕の経験上、そう答えれば求人まで突っ込まれたことがありません。もしも、仮にそこまで聞かれたら「ちょっと、複数応募していて今思い出せないです」などと濁しておけば良いんじゃないでしょうか。

営業マン前田
応募の段階で詳細情報はむしろ伏せておきましょう。

派遣会社も自分たちに不利な情報をキャッチした場合、先回りされてしまう可能性があるので顔合わせまでは情報は伏せて問題ありません。

顔合わせまで進んだら

mensetsu4.jpeg

問題が起こるとすれば、顔合わせに進むとなったときです。

複数の派遣会社経由で同じ求人へ応募していた場合、さすがに顔合わせとなると、万が一ダブルブッキングとなれば派遣先からすれば「なんで同じ人が2度も来るの???」ということになってしまいます。

派遣会社の面子は潰れますし、応募した派遣スタッフもその誠意のなさから悪印象を持たれてしまうでしょう。よって、案件が顔合わせに進んだ時点で他社のエントリーはすぐに辞退するべき。

ただ問題は、他社経由で違う求人へ応募している場合です。

ここからは自己判断となります。はっきりいって、やり方に正解はありません。

顔合わせに進んだ段階で、もう採用を前提として事が進んでいる場合もあれば、顔合わせまで行ったけど派遣先は他社からも紹介を受けていて、すんなり決まらなそうな場合もあります。

前者の場合であれば、自分自身も納得できていれば他のエントリーは辞退しても良いでしょうし、後者の場合であれば他のエントリーは辞退すべきではありません

この辺りは本当に決断のタイミングが難しいです。派遣担当者からも良く話を聞いて、総合的に次のアクションを決めるしかありません。

営業マン前田
複数の派遣会社から同じ求人に顔合わせ依頼が入ることは滅多に無いと思いますが、もし、入ってしまったら、ここはさすがに1社い絞るべきだと思います。

その先に役に立つのが先ほどの取引数の情報であったり、時給等の諸条件を比較して決めれば問題ありません。

無事に就業が決まったら

無事に就業が決まったら、やはり礼儀として他社から応募していた求人の辞退は自分から連絡すべきです。

たくさんエントリーしていると、派遣会社名を忘れてしまったりもするので、手帳などを活用してきちんとチェックしながら連絡するのがおすすめです。

法的にも、こちらから連絡する義務はないのですが、これからも良好な関係を保っていくためには、必要なことだと思っています。

営業マン前田
複数の派遣会社から同一案件での顔合わせが滅多に無いという根拠は、事前にわかってしまうからです。

派遣は今でも候補者の経歴概要なるものを(口頭、データ等いずれかで)派遣先に提出しています。

それを目にすれば、すぐに同一人物だとわかります。
派遣先の担当者によっては仲の良い営業にはこの件は話をするでしょう。高い確率で事前にわかると考えておいた方が良いです。

まとめ

まとめると、複数の派遣会社から同じ求人が掲載されていた場合の対処法は、以下の流れとなります。

  1. まずは複数の派遣会社を経由して仕事エントリーをする。
  2. 顔合わせなど具体的な話に進む案件が出てきたら、状況を見て他の求人は継続またはお断りをする。
  3. 就業が決まったら、これまでエントリーした案件をキャンセルする

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-派遣で働く

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.