派遣の複数登録に悩む女性

派遣で働く

【複数の派遣会社に登録するときの疑問7つ】お答えします

 

派遣登録は平均何社?1社のみ利用は少数派

派遣登録は、平均で何社くらいなのでしょう?
ネット上で検索した結果、有力な情報源として派遣求人サイト「はたらこねっと」を見つけました。

一人当たりの派遣登録社数の割合

この円グラフは、「はたらこねっと」で掲載しているアンケート結果から作成したものです。

一人当たり2社以上に登録している派遣スタッフは87.5%を占めており、1社のみ利用している派遣スタッフはかなり少数派といえるでしょう。

また、6~10社登録している割合が18%もあることから、複数社に派遣登録している方はかなりいるようですね。

参考:はたらこねっと

関連ページ ↓

複数の派遣会社に登録するメリットデメリット

では、複数の派遣会社に登録するメリットやデメリットはどんな要因があるのでしょうか?

まずは、メリットから挙げていきます。

メリット

お仕事紹介の頻度が増える

複数の派遣会社に一度登録すれば、その後は本人が希望する限りずっと求人紹介が続きます。
ですので、理論上は登録をすればするほど、お仕事の選択肢が増えることになりますね。

派遣は有期雇用契約なので、期間満了日になって所属する派遣会社から次のお仕事紹介がこなければ失業状態となります。
次も派遣で働く場合、いかに無職の待期期間を短くできるかどうかによって、金銭面の負担が違ってきますね。

メモ

私も派遣で働いていたときは、待期期間に入ると「いつ仕事が決まるんだろう?」「まさか、このまま働く場所が見つからないのでは…?」とスゴく不安だったことを覚えています。
派遣未経験者はピンとこないかもしれませんが、この不安を少しでも軽くするには、早めに複数社へ派遣登録しておくことが重要なんです。

派遣会社ごとに比較できる

派遣会社が取り扱う求人は、たまに時給金額に差があるケースがあります。
「同じ求人なのになぜ?」と不思議になりますが、これはマージン率というしくみが関係してきます。

マージン率とは、派遣料金から派遣スタッフへ支払う給与以外のお金が、全体の内どれくらいの割合になるのかを表す数値です。

関連記事はこちら ↓

私も過去に、同じ派遣先で仕事内容も変わらないのに、違う派遣会社の方より時給が100円も低かったことがありました。
通常、派遣先は、複数社の派遣会社へ人材を一斉にオーダーしていることが多いため、もっとも好条件で働きたい方は事前に登録しておいた方がいいですね。

また、派遣会社に登録して求人エントリーすると、それぞれに担当営業マンがつきますが、人間同士なので相性は合うあわないはどうしても出てきます。
相性の良い派遣営業マンをなるべく早く見つけるためにも、複数社に登録してしまった方が効率は良いですね。

派遣会社はそれぞれタイプが違うのも、複数社登録する理由の一つです。
たとえば、第一志望は「事務職」第二志望は「販売職」といった希望があるなら、それぞれのジャンルに特化した派遣会社へ登録した方が良いんですよね。

派遣会社のタイプについて調べたい方は、下記の記事をご確認ください。

関連記事はこちら ↓

無料スキルアップ研修を受講できる

大手の優良派遣会社では、様々なスキルアップ研修を無料で受講できる福利厚生が整っています。
大手派遣会社によっては、PCの自主トレーニングができる場所を無料開放しているところもあるので、チェックしておきたいところですね。

関連記事はこちら ↓

デメリット

管理が複雑になる

派遣登録をすると、公式サイト内にマイページが開設されて、基本的に「スタッフID」「パスワード」のアカウントで管理していきます。
登録者数が増えるほどアカウントも増えていくため、徐々に管理が大変になるのはデメリットですね。

また、求人を探す時期は、派遣会社からのお仕事メールを受信することができますが、これも派遣会社の数だけたくさん送られてくることになるので、大変です。

複数の派遣会社とのやり取りが大変

派遣登録をしただけなら、あまり大変さは感じないんですが、いざ複数社から同時進行で求人エントリーをすると、一気にやり取りが増えて大変になります。

担当営業マンからの電話が増えますし、同時進行中にお仕事が決まった後は、他の応募していた求人に断りを入れなければなりません。

まとめ

複数の派遣会社に登録するデメリットを要約すると、登録後のアカウント管理が面倒になり、複数の担当営業マンとのやり取りが大変になるということです。

しかし、私はその大変さ以上に、無職になったときの不安感を払しょくさせる方が大切なことだと考えています。
経験上、派遣営業マンも派遣スタッフが複数登録してることは分かったうえで対応しているので、とくに理由がなければ複数社へ登録する方が良いです。

派遣登録「だけ」申し込んでもOK

派遣会社は、今すぐ働けないけど登録「だけ」したい方でも、問題なく受け入れています。

派遣登録の動機は、人それぞれです。

  • 出産後、ブランクが空いたのでまずは情報収集から始めたい
  • 応募してみたいけど職歴やスキルに自信が持てない
  • 今は会社勤めだから働けないけど、将来使うかもしれないので登録だけしておきたい

他にも、登録の動機はありますが、共通しているのは情報を収集したいところではないでしょうか?

派遣会社側も、求職者の求める条件が分からなければ求人紹介ができないため、まずは登録をオススメするのが定石です。
よって、遠慮せずに自分のタイミングで申し込みをしてください。

関連記事
働きたくないけど派遣登録したい女性
働かなくていいの?派遣登録だけは先にやっておきたい大事な理由

人それぞれ、いろんな事情があって今すぐには働けないけど将来のために派遣登録だけ先にやっておきたい場面があると思います。 派遣会社の仕事紹介は、登録者のみを対象としているので、派遣登録は先にやっておいた ...

続きを見る

履歴書・職務経歴書は一度作成すれば使いまわせる

大手の優良派遣会社に絞って登録を繰り返す場合、「履歴書」や「職務経歴書」のデータは、公式サイト上のマイページで管理できるため、最初に登録した「履歴書」「職務経歴書」のデータは使いまわすことができます。
ただし、入力フォーマットは派遣会社ごとに違うので、ボタン一つでコピペして終了とはいきません。

しかし、中小派遣会社に登録を申し込むと、今でも手書き作成を指示されることがあるので、たくさん登録するほど書類作成の負担が大きいです。
よって個人的には、大手をなるべく使った方が良いと思っています。

派遣登録後、退会することもできます

派遣登録後、どうしても相性が合わない場合は、退会手続きをとることができます。

派遣の退会手続きは、電話で申請する場合と、マイページ上から申請する場合の2パターンが多いです。

詳しくはこちら ↓

複数の派遣会社から同時進行で求人エントリーができる

派遣求人エントリー後、もっとも長く待たされるのが、「①派遣会社の社内選考」「②派遣顔合わせ(※職場見学)」「③派遣先の社内選考」の流れです。

当サイトで、以前に派遣経験がある方を対象にアンケートを集めたところ、もっとも待たされたのが応募から3週間という結果になりました。

アンケート結果を見てみる ↓

よって、派遣でなるべく仕事を早く決めるには、複数の求人へエントリーして同時進行で進めることが大切です。

関連ページ ↓

派遣の掛け持ち(ダブルワーク)について

複数の派遣会社へ登録して、「正社員+派遣」「派遣+派遣」「派遣+パート」などの掛け持ちを検討する方もいますよね。
基本的に、法律上は掛け持ちで働くことを禁じていませんが、社内規定で禁止している企業もあるため、必ず確認してから動きましょう。

また、すでに掛け持ちで働く方は、保険加入はどうすればいいか?不安になりますよね。

雇用保険や社会保険は、要件を満たした段階で強制加入する保険なので、掛け持ちであっても一社のみ加入する流れとなります。

関連記事
副業で儲けて笑う女性
【掛け持ち・副業】を派遣で実現するために大切なポイントまとめ

派遣という働き方は、紹介予定派遣を除いて非正規といわれるスタイルなので、この特性を利用して仕事を掛け持ちしようと考える方は多いと思います。 結論から先に述べてしまいますと、法的には仕事の掛け持ちは違法 ...

続きを見る

次に、税金関連についてです。

年末調整は、基本的にメインで働いている勤め先でやってもらえば大丈夫です。
確定申告については、掛け持ちしているお仕事の年収が20万円を超えると、必要になります。

詳しくはこちら ↓

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区


!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

転職・キャリアランキング

-派遣で働く

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.