派遣で働く

転職先に不安を感じるなら

2019年8月2日

僕もそうなんですが、最初に正社員として勤めた会社がブラックだった場合、次の転職先がどんな所かとても不安に感じると思います。酷い環境ならまた退職すれば良いのですが、短期間で辞めると経歴を汚してしまうことになります。

一度は退職したけどもう一度正社員として就業したいときは、紹介予定派遣制度を利用すると入社前の不安軽減ができます。

紹介予定派遣って?

紹介予定派遣は、最長で6ヶ月間の就業期間を経て双方(派遣先と派遣スタッフ)の合意があれば、直接雇用で働ける制度です。

派遣先から求められる労働力を提供できなかった場合、期間満了で契約を打ち切られる可能性もありますが、労働者側にも選択権があることは大きな利点です。

派遣で働く間、その会社の社風や勤める先輩社員の働く様子などを観察することで、本当に自分にあった職場なのかを判断することができます。

会社選びはくじ引きのようなものだと言う人がいますが、言ってみれば紹介予定派遣はそのくじが当たりかどうか、入社前に覗き見ることができる便利な制度です。

それにブラック企業なら、数ヵ月も働けばまず見抜くことができるはずです。

メモ

もしも残念ながら不採用となった場合、紹介予定派遣の利点として不採用の理由を派遣会社から聞くことが出来ます。これは、派遣法によって定められているルールですので、遠慮する必要はありません。通常の就活では不採用の理由は聞けませんから、これは大きなメリットといえます。

雇用契約内容に注意!

上述した紹介予定派遣を利用する際には、雇用契約の内容について十分に注意が必要です。

まず大きなポイントとして、紹介予定派遣 = 正社員登用ではないということを覚えておきましょう。紹介予定派遣期間が満了となり、直接雇用となったはいいけど話を聞いてみたら契約社員だった・・・というのは良く聞く話です。

しかし、派遣スタッフと直接雇用の契約社員なら雇用の安定度はやはり上がります。雇用契約更新があるのは派遣と一緒ですが、会社によっては正社員になれる可能性はあります。

話はそれますが、自由度からいえば派遣が一番です。

労働法には、実は「契約社員」に関する具体的なルールは特にないそうです。なので、正社員とのあまりにも待遇に違いがある(同等の仕事内容なのに著しく給与額が低い等)会社は避けた方が良いかもしれません。また、契約社員用の就業規則を設けているかどうかは確認した方が良いでしょう。それがない会社は、「入ってみたら聞いていた内容と違う」といったトラブルに見舞われる可能性大です。

面接までの流れ

これからご紹介するのは、あくまで僕個人の体験談です。派遣会社によって、やり方や流れは異なるかもしれません。

まずは、電話で求人の案内が来ます。そこで応募の有無を聞かれました。企業名は一応伏せますが、いわゆるドライバー業務でした。即答で「受けます」と答えると、「履歴書」と「職務経歴書」の作成を指示されました。

もちろんさっと作って提出というわけにもいかず、志望動機や自己アピールなど色々手直しの指示を受けました。フリーメールを使ってエクセルデータを添付してやり取りしていました。

そして書類を提出し、無事に面接の日取りが決まりました。ここで、まさかの一言です。「申し訳ありません。当日は私は同行できませんので、お一人で面接を受けてきて下さい」

・・・これじゃ、普通の面接だね・・・。

気乗りしませんでしたが、面接は受けにいきました。感じの悪い面接官のおっさんから聞かれた内容は、覚えている限りで

  • 前職の実績はあるか
  • 職務経歴書から今までやってきた仕事の話
  • 志望動機

こんな感じで、短い面接でした。正直、同行してくれる派遣会社の担当さんから力を借りれるという派遣の利点が生かせない面接でしたので、今後はちょっと受けたくないなと思いました。「同行できない」と言われることもあるみたいなので、一応覚悟だけはしておいた方が良いかもしれません。

どの派遣会社に登録すれば良い?

紹介予定派遣制度を利用するには、派遣登録が必要です。

ではどの派遣会社が良いのか迷うところですが、はっきりいってたくさんある派遣会社の中で優劣をつけるのは非常に難しいです。

まずは大手派遣会社に登録していくことです。そして、派遣登録の際には希望条件を細かく聞かれますので、求人の有無もそこで確認することになります。

「いちいち派遣登録は面倒」と思ってしまいますが、向こうもビジネスですので派遣登録していない人に求人情報をすべて公開はしてくれません。中には求人サイト掲載前の紹介をしてくれるケースもあります。

僕個人の感覚でいうと、就活に利用する派遣会社は2~3社もあれば十分なように思います。しかし、それは2~3社登録すれば良いということではなく、自分と派遣コーディネーターとの相性が良い派遣会社を見つけるということです。利用しやすい派遣会社2~3社に出会うまでは、何度も派遣登録を繰り返すことをお勧めします。

関連ページはこちら ↓

関連記事
紹介予定派遣に挑戦する女性
【紹介予定派遣の実際】メリットデメリットを理解して利用しましょう

ここでは、紹介予定派遣の実態について、大手を中心に求人数や取り扱う職種の割合などに、フォーカスしていきます。 そして、筆者が実際に受けた紹介予定派遣の面接のお話、そしてその体験から、紹介予定派遣で採用 ...

続きを見る

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-派遣で働く

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.