派遣会社ランキング

高時給求人が多い派遣会社ランキング

2019年8月2日

ここでは、派遣で少しでも効率よく稼ぎたい!と考えている方へ向けて、高時給求人が多い大手優良派遣会社のランキングを作成しました。

また、派遣の給与のしくみやマージン率、なぜ派遣は高時給が多いのか?派遣の時給相場、派遣で稼ぐ方法についても、詳しく解説していきます。

派遣の給与のしくみ、マージン率とは?

派遣の給与のしくみ

※タップして拡大

派遣スタッフの給与については、以下の流れで支払われます。


  • 派遣料金の支払い

    まず、派遣スタッフが雇用契約に沿って労働力を提供することで、派遣先企業から派遣会社へ派遣料金が支払われます。


  • マージンの差し引き

    派遣会社は、受け取った派遣料金からマージンを差し引きします。


  • 給与の支払い

    残ったお金を給与として派遣スタッフへ振り込みます。


派遣料金から給与を差し引いたお金の割合をマージン率と言います。
マージン率は、派遣会社によって異なりますが、平均すると2~3割です。

マージン率については、高くなるほど派遣会社の取り分が大きくなりますが、マージン率が高いイコール悪徳派遣業者ではありません。
たとえば、制服や作業着、セミナー・研修といった諸経費を派遣会社が負担するケースも多いからです。

また、マージン率はホームページ上などで情報公開することを義務付けられていますし、不当にピンハネしていたとしたら、時給相場と比較して低時給となるハズなので、すぐにバレます。

よって、優良派遣会社を探したいときに、マージン率を比較する必要はありません。

派遣に高時給求人が多い理由とは

これまで派遣を利用したことがない方は、高時給求人の多さに驚くと思いますが、これは決して派遣が優遇されているわけではなく、ちゃんと理由があります。
安易に稼げるからといった動機で働き始めないよう、注意してください。

派遣先企業には採用コスト削減のメリットがある

まず、派遣先企業とは、派遣会社と雇用契約を結んだスタッフが派遣される会社のことで、間接雇用になります。

派遣先企業は、派遣スタッフとは雇用契約を結ばないので、求人広告費や書類審査、面接等の採用コストをかけずに人材を確保できるメリットがあります。

派遣スタッフが社会保険加入要件を満たす場合も、やはり雇用主である派遣会社とスタッフの折半となりますし、年末調整や給料支払い等の経理業務、災害時の安否確認といった従業員管理もすべて派遣会社へ一任できるため、派遣先企業としては人的コストの節約となるのです。

永井
本来、派遣法では、派遣スタッフへの責任・サポートは、「派遣会社と派遣先企業どちらもやっていきましょう」というルールがありますが、現実にはそうはなっていません。

2020年のコロナ騒動時には、正規従業員はすぐに自宅待機・リモートワークへ移行したにも関わらず、派遣スタッフだけが孤立をして会社に出社している状態がニュースで話題となっていました。

派遣は交通費込みの時給でボーナスがない

まず、派遣は交通費込みで時給額を設定しているケースが多いです。
通勤距離(時間)も考慮してお仕事を探さないと、せっかく高時給でも手取りが少なくなってしまうことがあります。

求人広告の面から考えても、以下2つの条件ならどちらが効果があるのかを考えれば、一目瞭然ですよね。

ポイント

  • 時給1,100円で募集中!交通費別途支給
  • 時給1,500円で募集中!

「お金を稼ぎたい!」と思っていればなおさら、時給が高い方の求人へ目がいくのは当然の心理です。

次に、派遣には基本的にボーナスはないので、高時給に設定できる事情があります。

終身雇用ではなくいつでも派遣切りができる

日本国内の企業が人を雇うとなれば、よほどの事情がない限り会社都合で解雇することができません。
たとえば、業績不振を理由にアルバイト10人中2人解雇したとなれば、他の8人はなぜ雇い続けられるのか?などと公平性に欠けるとして、企業批判に晒されるリスクがあります。

その点、派遣スタッフなら、そもそも雇用主は派遣会社なので、「スキル不足」「人間関係の問題」など様々な理由をつけて派遣スタッフを切ることはカンタンです。
あまりニュースで話題になりませんが、誰もが知っている大手企業やメーカーでも、理不尽な派遣切りによってたくさんの人材を路頭に迷わせている実態があります。

イヤな話ですが、派遣スタッフにある程度高時給を支払えるのは、いざとなれば人材を切ることができる派遣システムに魅力を感じている派遣先企業が数多くいるからです。

派遣の時給相場はいくら?

派遣ポータル求人サイト「はたらこねっと」が毎月公開している職種別の平均時給額データを基準として、2020年4月度の職種別時給相場を表にしました。

未経験 経験アリ
事務・オフィスワーク系 1,540 1,563
販売・営業・飲食・サービス系 1,229 1,246
IT・エンジニア系 1,913 2,126
WEB・クリエイター系 1,702 1,828
医療・介護・教育系 1,436 1,483
平均 1,564 1,649

令和2年4月度/関東エリアデータ

一般職から専門職までありますが、すべての平均値をとると、派遣の時給は1,500~1,600円が相場となります。

厚生労働省の資料データによると、関東エリアの最低賃金額は約900円なので、プラス600円ほど高い時給で働ける求人があるということですね。

また、厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば、パートの平均時給は男女計1,148円(男性1,207円・女性1,127円)なので、やはり派遣の時給の方が高いです。

派遣で稼ぐためには高時給と掛け持ち・副業がポイント

派遣で働いたことのない方は、「派遣って稼げるの?」と思って口コミなどを調べていくと、意見が「稼げる!」「稼げない!」の両極端に分かれていることに気づかれると思います。

意見が分かれるのは、どちらも間違いではないからです。
つまり、派遣は基本的に稼げない働き方なんですが、ポイントをしっかり押さえていれば、稼げるんです。

そのポイントというのが、「高時給求人で働くこと」と「掛け持ちや副業で稼ぐ」の2点。
ここでは、派遣で稼ぐ方法論について解説します。

高時給の派遣と正社員・パートとの収入を比較

派遣求人で働くと、パートよりも高時給の場合が多く、月給で比較すれば、正社員の稼ぎを上回ることも珍しくありません。

永井
現に、筆者は派遣の前に10年ほど正社員をやってましたが、派遣の方が手取りで5万円くらい多いこともありました。

まず、派遣の時給を関東で見るとおよそ1,500円、パートは1,100円です。
一方、正社員ですと、日本の平均年収は408万円(男:452万円/女:345万円)になります。

ポイント

地方なら「派遣:1,100~1,200円」「パート:800円」あたりが相場となるでしょう。

参考までに、筆者は新潟在住ですが、求人を眺めていると、上記の時給額が大体の相場になります。

「自分のいまの年収って正直どうなんだろう?」

30歳ともなれば、そのような疑問は100回は浮かべた・・
という人だって少なくないと思う。

「いやーーこれは勝ち組だわ」なんて悦に浸れている場合なら
まだしも、本当にチェックすべきは

「もしかして低いのでは・・・」

という危機感を抱いているケースである。

気付かないうちに、全然見合わない待遇で働き続けていた、
などという事があれば目も当てられない。

そんな危機感を持っている方に向けて、

「果たして今の年収が本当に低いのか」、あるいは「単に実力不足なのか」

その現実を直視するサポートのため、この記事を書いた。

引用元:あなたの年収は適正?30歳の平均年収ランキングや診断で現実を見てみれば?

派遣・パート・正社員それぞれ「7時間労働×20日勤務」と仮定して比較してみると、以下のようになります。

月収 年収
派遣 210,000円 2,520,000円
パート 140,000円 1,680,000円
正社員(※) 287,500円 3,450,000円

※正社員はボーナスを含む

長期的に見ると、正社員で働くのがもっとも稼げることになります。

派遣は副業や掛け持ちで稼ぎやすい

「ん?やっぱり正社員の方がボーナスもあって稼げるのでは?」

表面上の数値だけで比較すると、そう見えるかもしれません。
しかし、たとえば女性の場合は、結婚や妊娠・出産によってキャリアが断たれるリスクも考えると、正社員とは言え安定してお給料が入り、貯蓄していけるかというと疑問が残ります。

男性の場合であっても、正社員は時給換算したときに、本当に効率よく稼いでいるかも悩みどころで、サービス残業が多いと損をするばかりです。

一方、派遣なら高時給で希望の曜日に働くことができますし、大手派遣会社なら産休や育休の取得もできます。
定時退社でコスパも良いですし、正社員のように重い責任を負うケースはほぼありません。

これまで、派遣はパートや正社員よりも高時給で、効率よく稼げるメリットについて解説してきました。

しかし、非効率とはいえがむしゃらに働く正社員と比べれば、月収や年収で劣ります。
それでも、派遣の方が稼ぎやすい理由があるんです。

それが、副業です。

派遣は、前述したように定時退社ですし急な休日出勤や残業がないため、空いた時間を副業に費やすことができるんですね。

永井
ただし、派遣会社によっては副業を禁止にしているところもあるので、就業規則の確認をしておきましょう。

副業と聞くと難しいように感じる方もいますが、基本的には空き時間を利用して自分の得意分野を生かしたお金稼ぎと捉えておけば問題ありません。

関連記事
掛け持ちで働いたときの年末調整&確定申告
掛け持ち・ダブルワークが100%バレる理由とは!?保険や年末調整・確定申告まで解説します

派遣という働き方は、紹介予定派遣を除いて非正規といわれるスタイルなので、この特性を利用して仕事を掛け持ちしようと考える方は多いと思います。 結論から先に述べてしまいますと、法的には仕事の掛け持ちは違法 ...

続きを見る

派遣会社は副業を容認している?

今度は見方を変えて、会社員やフリーランスとして働く方が、派遣会社に登録をして副業として働くことはできるのか?を見ていきます。

大手派遣会社それぞれを調査した結果、副業を全面的に禁止としているのはスタッフサービスのみで、多くの派遣会社は容認していることが分かりました。

テンプスタッフ

国内最大手テンプスタッフでは、搬入・搬出作業、倉庫内仕分け作業などで、土日勤務や朝からお昼までの時短勤務ができる求人が多数掲載されています。

アデコ

アデコでは、2018年に500名の一般社員を対象にアンケートを実施しており、副業未経験者は76%、副業を今後してみたいと回答したのは55%の結果が出ています。

パソナ

大手パソナでは、派遣社員のWワークをテーマとした記事を公表しており、基本的に問題はないとしています。

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングでは、Q&Aページで複数の派遣会社からお仕事の掛け持ちすることについて、回答しています。

永井
筆者は、過去働いていた派遣先で定時に上がると、その後の1~2時間を資格の勉強に充てていたことがあります。

今現在、働いている環境を見直してみて、スキマ時間があるなら派遣の仕事を検討したり、スキルアップを目的に何かを始めても良いと思います。

まとめ

これまで、派遣は短期的には稼げるけど、長期で働くと雇用が安定しないことから、稼ぎづらいと解説してきました。

ただ、派遣が稼げないのは、あくまで派遣一本で稼ごうとした場合です。

たとえば、正社員で働きながら掛け持ちで働くといったやり方や、フリーランスとして本業の合間に副業として働くのもアリです。

関連記事
掛け持ちで働いたときの年末調整&確定申告
掛け持ち・ダブルワークが100%バレる理由とは!?保険や年末調整・確定申告まで解説します

派遣という働き方は、紹介予定派遣を除いて非正規といわれるスタイルなので、この特性を利用して仕事を掛け持ちしようと考える方は多いと思います。 結論から先に述べてしまいますと、法的には仕事の掛け持ちは違法 ...

続きを見る

文中でも触れましたが、派遣は雇用契約期間が最初に決まるので、自分の空いている日や時間に働くスタイルがハマれば、高時給で稼ぎやすい働き方です。

もしくは、IT系の専門分野でスキルを磨きながら高時給で働くことで、高年収を実現している方もいるようです。

無職だったわたしは、ネットワークエンジニアを目指すことを決意し、派遣会社に登録に行った。

IT業界は全くの未経験。

職歴も一切ないという、かなり情けない徒手空拳の状態での派遣登録だった。

正直なところ仕事があるのかかなり不安だったが、意外にもすぐに仕事が見つかり採用された。

派遣会社はもともと企業とのつながりがあるので、わたしのような全くの未経験でも即採用されやすい傾向にある。

引用元:ネットワークエンジニア派遣は未経験でも高収入!2年目で年収500万稼げる!

【高時給求人が多い】おすすめ派遣会社ランキング

ここでは、人材派遣の平均時給額1,500円を基準として、時給1,500円以上の求人数を比較して、大手優良派遣会社ランキングを掲載しています。
高時給求人で稼ぎたい方は、ランキング上位2~3社に登録を申し込みましょう。

順位 派遣会社名 求人数
1


テンプスタッフ

4,231
2


ウィルオブ

3,518
3


マンパワー

2,287
4

パソナ[人材派遣]
パソナ

2,133
5

リクルートスタッフィング
リクルートスタッフィング

1,993
6

アデコ人材派遣
アデコ

1,636
7

スタッフサービス オー人事ネット
スタッフサービス

1,625
8


ランスタッド

912
9

ヒューマンリソシアロゴ
ヒューマンリソシア

876

職種別で比較!高時給求人に強い派遣会社

派遣ポータル求人サイト「はたらこねっと」が毎月公開している職種別の平均時給額データを基準として、「事務系求人(平均1,500円)」「工場系求人(平均1,200円)」「販売系求人(平均1,400円)」「コールセンター系求人(平均1,400円)」それぞれ職種別に求人数を比較しました。

すでに希望職種がある程度決まっている方は、下表を基準に派遣会社を選んで登録しましょう。

時給1,500円以上の事務系求人数比較

※タップして拡大

時給1,200円以上の工場系求人数比較

※タップして拡大

時給1,400円以上の販売系求人数比較

※タップして拡大

時給1,400円以上のコールセンター系求人数比較

※タップして拡大

未経験でも働ける!おすすめ派遣会社はこちら➡ 派遣ランキング

オー人事スタッフサービス

スタッフサービス オー人事ネット

「オー人事」のCM広告でお馴染みのスタッフサービスは、国内トップクラスのオフィス系求人を掲載している大手優良派遣会社です。
日本全国に拠点があるため、誰でも利用しやすい利点があります。

スタッフサービスは、派遣業界トップクラスの営業力があるため、登録から仕事紹介までのスピードが早く、未経験者から実務経験者まで幅広いユーザーから支持を集めています。


パソナ

パソナ

パソナは、月刊ビジネス主催の派遣スタッフ満足度調査で、「所属している派遣会社を友人に勧めたい」7回連続で1位を受賞した実績があります。

就業中のサポートはもちろん、キャリアカウンセリングや研修・セミナーによるスキルアップ環境が整っているため、「また働きたい」と思える大手の優良派遣会社としてその地位を確立しています。


アデコ

アデコ

アデコは、「月刊人材ビジネス」が実施した第27回派遣スタッフ満足度調査(2017年5月号)において、なんと6つの部門でナンバー1を獲得しました。
また、口コミ率ランキングにおいては、第26回に続いて2回連続で第一位に輝いています。

求人はオフィス系、IT・エンジニア系などの職種に強く、直接雇用が見込める紹介予定派遣の紹介実績が高いため、派遣からキャリアアップを希望する方におすすめしたい大手優良派遣会社といえます。


エリア別おすすめ派遣会社ランキング

関東 東京派遣 | 神奈川派遣 | 埼玉派遣 | 千葉派遣 | 茨城派遣 | 栃木派遣 | 群馬派遣 | 山梨派遣

近畿 大阪派遣 | 兵庫派遣 | 京都派遣 | 滋賀派遣 | 奈良派遣 | 和歌山派遣

東海 愛知派遣 | 静岡派遣 | 岐阜派遣 | 三重派遣

信越・北陸 長野派遣 | 福井派遣 | 石川派遣 | 富山派遣 | 新潟派遣

九州・沖縄 福岡派遣 | 佐賀派遣 | 長崎派遣 | 熊本派遣 | 大分派遣 | 宮崎派遣 | 鹿児島派遣 | 沖縄派遣

北海道・東北 北海道派遣 | 青森派遣 | 岩手派遣 | 秋田派遣 | 宮城派遣 | 山形派遣 | 福島派遣

中国・四国 鳥取派遣 | 島根派遣 | 岡山派遣 | 広島派遣 | 山口派遣 | 高知派遣 | 愛媛派遣 | 香川派遣 | 徳島派遣

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村

-派遣会社ランキング
-

© 2020 派遣タカラ島