40代から派遣で働く

40代から登録するおすすめ派遣会社

2019年8月2日

実績のある大手派遣会社に登録していくしかない

40代からの派遣については、結論からいって大手を優先的に片っ端から登録をしていくしかありません。40代に限定しておすすめ出来る派遣会社というのは、厳密にはありません。

労働法においても年齢を特定することはタブーとされていますし、結局のところ自分が「派遣先のニーズ」に合うかどうかがポイントなので、求人に出会うまでは根気よく登録と仕事探しを続けるしか方法はありません。

派遣先のニーズというのは、年齢や求める人物像、これまでのキャリアやスキルなどのことを指しています。僕が今就業している派遣先もそうですが、先方はある程度の求める人物像を持っていることがあります。

「体力のある○代くらいの男性」「気配りが出来て段取りが上手な○代の女性」「とにかく押しが強い営業マン」といった、ニーズに応えて人材を派遣するのが派遣元であり、その派遣元をいかにたくさん保有出来るかどうかで今後掴めるチャンスが違ってきます。

僕ももうすぐ40代、男性です。30代半ばから色んな派遣会社へ登録をしてきました。大手から中小まで約20社はしました。この経験から分かったことは、派遣登録はたくさんすることで仕事紹介の数は増えるということです。しかし、ただやみくもに登録していてはダメです。

きちんと実績を上げている大手派遣会社を選んで登録をしておきます。大手はたくさんの職種求人を取り扱ってますから、登録さえしておけば自分に合った求人があれば紹介してもらえる可能性が高まります。

関連ページはこちら ↓
登録しておきたい優良大手派遣会社7選

しかし中小派遣会社などになると、仕事紹介の数や幅が狭く、登録しただけで終わってしまうことも珍しくありません。基本的には大手だけで仕事探しには十分です。

営業マン前田
仕事を保有する総数をみれば大手登録は正しいと思います。また、既に「自分が勝てるステージを持っている」という方は、大手に限定せずとも、中小も含め、「自分の得意分野」と合致した派遣会社に登録するという考え方も有りではないかと感じます。

年齢を気にしても仕方がない

日本の転職事情として、どうしても若い人材が優遇される場面が多々あります。しかし、重ねてきた年齢はリセットできません。

過去は変えられないですし、年齢を気にする余裕があるのならこれまで積み上げてきたキャリアや希望就業条件を見直すことです。

若年層と同じ土俵で考えるのではなく、今までの経験やキャリアを生かせるようにアピールポイントを整理しておくことが肝心です。派遣先企業の従業員平均年齢によっては、40代以上の人材を求める派遣先は必ずあります。

エルダー世代に強い(※と謳っている)ローカル派遣会社というのは、地域によっては一応あります。しかし、もともと派遣業界というのは人材の育成環境が整っておらず、キャリアを重ねていくにつれて働き口がなくなっていくデメリットがあります。

なので、繰り返しになりますが、出来るだけたくさんの求人を取り扱っている大手の派遣会社にたくさん登録しておくことが、仕事探しのコツとなります。

ブランク期間は極力作らない

仕事探しがうまくいかずに無職のままブランク期間を作ってしまうと、派遣元、派遣先双方からの評価は下がる一方です。これは、いかなる理由であってもです。

営業マン前田
「ブランク期間=働いていない」という評価に直結します。
契約終了後、すぐに次の派遣先が決まっていないと「少し休みます」と期間をあけようとする方もいますがおすすめできません。特に日本では「働いていない=マイナス印象」が強いので、出来る限り、仕事を継続する(経歴を繋げる)ようにしましょう

更には、無職でいるとモチベーションは下がり続けますし、社会人としてのカンや緊張感がどんどん無くなってきます。

周りからの評価は下がり続け、自分の気持ちも下がってしまうので長引くほど悪循環であり、ますます仕事が決まりません。もしも今の段階で何ヶ月もブランク期間を過ごしているとしたら、とにかく仕事に就けるよう動くことです。

僕はどうしても希望の仕事が見つからなかった場合は、製造系・工場分野の求人に強いランスタッドテクノサービスなどを利用して仕事探しをします。身体が健康体で、ある程度の体力が求められますが・・・他分野と比べて比較的、早く就業出来るメリットがあります。

派遣登録して仕事紹介がないからといって落ち込む必要はない

僕は大手の派遣会社は概ねすべて登録してきましたが、最終的に今でも連絡を取り合ったり仕事紹介が来るのは4~5社程度ですし、その中で就業する機会のある派遣会社はせいぜいが1~2社です。

結局のところ、派遣登録ってそんなものです。僕もほとんどの派遣会社からは仕事紹介はおろか、何年も連絡すら来ていないところもあるほどです。

たくさん派遣登録をした後で大切なことは、自分と相性の良い派遣会社を見極めて、そこで実績を作ることです。実績とは、その派遣会社で長く働き、派遣先から評価を得ることです。

派遣先から評価されている派遣スタッフは優遇されます。そうなれば、その後の仕事探しに有利です。

営業マン前田
仕事紹介はあくまでタイミングです。希望する仕事が常時募集している訳ではありません。しかし、紹介があった時にスムーズに対応が出来るよう準備を整えておくことは必要です。準備が出来ておらずチャンスを逃すようなことが無いようにしましょう。

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区


!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

転職・キャリアランキング

-40代から派遣で働く
-,

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.