派遣で働く

女性派遣社員へ届けたい老後の話とおすすめ記事9選

2019年8月2日

派遣で働く理由を女性に尋ねると、主に以下の理由をお答えになることが多いでしょう。

  • 将来は結婚を希望しており、合コンなど婚活する時間が欲しかったから
  • 結婚したばかりなので、新婚生活を楽しみたかったから
  • 妊娠を希望していることから、自由度の高い働き方をしたかった
  • 専業主婦から社会復帰をしたくて、まずは相談した
  • 結婚などの事情で、引っ越した先でとりあえず派遣社員になった

そんな中で、30を過ぎて派遣で生計を立てている女性は、「もう今さら就活したって…」とあきらめムードを漂わせているかもしれません。

でも、諦める必要はありませんよ。

今は少子高齢化の時代からくる人出不足で困っている企業はたくさんありますから、真剣に探せば拾ってもらえる可能性は十分にあります。

それに、薄々気付いているでしょう。
派遣で老後まで生計を立てていく人生は、かなりの難易度高めなルートですよ。

女性におすすめ派遣会社

女で一生独身で派遣は負け組!?

ところで、派遣で生計をたてている女性はどれくらいいるのかご存知でしょうか?

総務省の労働力調査結果によると、派遣や契約社員などの非正規で働く女性は1,389万人、全体の約55%を占めています(※2017年度)。

参考URL:
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.html

世の女性の半数以上が非正規で働いているんですね。
では、生涯独身で過ごす女性の割合はどうでしょう?

(※一部抜粋)
2035年には生涯未婚率が男性で約29%、女性では約19%になるものと見込まれている

参考:平成26年版厚生労働白書
https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/14/

では、この2割弱の未婚女性は負け組なのか?といえば、好きで独身を選ぶ女性もたくさんいらっしゃるハズですから、一概には言えません。

ただ、未婚女性の多くは、老後に向けた貯蓄や、月々の安定した収入があってこその独身だったと予想されます。

未婚女性がずっと派遣で生計を立てていくとなると、話は変わってきますよ。

営業マン前田
派遣は「契約」「収入」「福利厚生」の3つの観点で不安定です。

正社員と比較すると歴然としています。

私も、もし、今、正社員で退職を考えられている方から相談を受けたとすれば、「パワハラや残業過多、その他組織の解決しがたい問題」が無い限りは「退職しない方が良い」とアドバイス致します。

正社員が100%安定かと言えば、そうではありませんが、派遣契約と比較をすると、やはり、長期間安定が見込まれるからです。

派遣で働く女が老後を迎えると…

とにかくお金がない!!!!!!

独身であれば頼れるものはお金だけ。しかし、そのお金が溜まりにくいのが派遣です。

説明するまでもなく、派遣で長く働いていても昇給・昇進、ボーナス、退職金といった支給がありません。

住む家をどうするか問題

派遣で働く女性の多くは、実家暮らしか賃貸アパートでしょう。

実家の場合、両親の持ち家を譲り受けられれば、かなり金銭面でラクですね。
しかし、兄弟姉妹が結婚して、実家で両親と同居となれば、独身である自分の居場所がなくなってしまいます。

賃貸の場合、一生家賃を払い続けることになるので、生活費が圧迫されるのがキツイところ。
また、60代~70代になってから、万が一、今住んでいるアパートが取り壊しなどの理由で立ち退きとなれば、高齢者受け入れ可のアパート探しをするリスクもあります。

病気や孤独死が不安

独身のままだと、病気で働けなくなったり、アパートの一室でひっそりと孤独死をするかもしれない不安があります。

ただ、これは派遣に限ったことではないです。
既婚であっても、子なし夫婦で夫が先に亡くなったら、やはり孤独死の危険があります。

回避策としては、町内の集まりに参加したり、地域の福祉ボランティア団体に入って活動しておくことです。
自分の変化に気づいてくれる環境を作れば、困ったときに助けてもらえることもあるでしょう。

65歳までに約1,500万円が必要!?

派遣で独身のまま老後を迎えるまでに、どれくらいの貯蓄が必要になるのでしょうか?

派遣で65歳の定年まで働き続けた方が90歳まで生きると仮定した場合、1ヵ月の年金支給額は約12万円となり、65歳までに必要な貯金額は約1,423万円となります。

一生独身なら……。オンナの一生、いくらかかる?:
https://toranet.jp/contents/money/know-how/21204/

年金見込み額計算ツール:
https://www.psrn.jp/tool/nenkin_sj.php

補足すると、首都圏など物価の高いエリアで生活し続けるとなれば、さらにお金は必要になりますね。

まとめ

すぐに就活をして安定した雇用環境を手に入れるべき!

2018年度9月末より、ついに派遣の3年ルールが適用されたことで、今後は人材派遣業界も、登録型だけでなく、無期雇用で働ける常用型派遣や、企業との直接雇用が目指せる紹介予定派遣に力を入れ始めています。

30~40代でも、今の少子化超高齢化社会の日本でなら、まだ若手の部類に入ります。可能性は十分に残されていますよ。

女性におすすめ派遣会社 ↓ ↓

派遣女性におすすめしたい記事9選

ここでは、冒頭で触れた以下の要素をテーマに作成した記事をまとめてシェアします。

  • 将来は結婚を希望しており、合コンなど婚活する時間が欲しかったから
  • 結婚したばかりなので、新婚生活を楽しみたかったから
  • 妊娠を希望していることから、自由度の高い働き方をしたかった
  • 専業主婦から社会復帰をしたくて、まずは相談した
  • 結婚などの事情で、引っ越した先でとりあえず派遣社員になった

40代から派遣を始める方、または今までも派遣で働いていた方の中で、なかなかお仕事が見つからないときの原因と対策を講じています。

40代で仕事が決まらず落ち込む男性
40代で派遣登録しても仕事が決まらない原因と対策

「40代で派遣でも仕事が決まらない」 こんな悩みを抱える方は、年齢がネックとなって採用されないのではと不安を感じていることでしょう。 確かに、「35歳の壁」などと流行語が示すように、年齢を重ねるほどお ...

50代からでも派遣で働けるのか?をテーマに、女性目線で執筆しています。

電話をかけながら書類を渡す女性
【50代が派遣を利用する厳しい現実】派遣営業マンからヒアリングしました

50代からでも、派遣に登録して働くことは十分に可能です。 近年では、高齢化社会による中高年齢層の増加に伴い、派遣で働ける求人が増えているためです。 しかし!20~30代の若年層と比較すれば、働ける求人 ...

続きを見る

なんで派遣?近所のパートでいいんじゃないの?とお考えなら、ぜひ一読を!
基本的に、派遣はパートより高時給で、短時間で稼ぎやすい雇用形態です。

私も、男性ですが工場勤務の経験があります。
その経験を元に、女性が「工場・製造・軽作業求人」で働くときに必要な基礎知識や、おすすめの職種などについて、まとめています。

笑顔の作業着姿の若い女性(屋外)3
工場派遣で女性が働くメリットデメリットとは?夜勤はツラい…

工場・製造系で働く女性は少ないため、いざエントリーしようと思っても、不安が大きくなかなか一歩踏み出せない方は多いと思います。 筆者は男性ですが、これまで派遣で半年くらいの工場勤務を2度経験があります。 ...

続きを見る

派遣の来社登録時に実施されるスキルチェックについて、PCスキルに自信のない方は、不安を感じるかもしれませんね。
ここでは、派遣会社のスキルチェックについて、有益な情報を公開しています。

派遣のスキルチェックに不安を感じる女性
超簡単!派遣登録会のスキルチェックの傾向と対策を解説します

ブランク明けに仕事を探す主婦や、社会人経験の浅い人の中には、派遣登録会のスキルチェックに過剰な不安を感じている方も多いと思います。 確かに、普段からパソコンに慣れ親しんでいない方や、ワードやエクセルを ...

続きを見る

結婚予定の方や、新婚生活を送る奥さんの中には、派遣社員の道を選ぶ方も多いんです。
しかし、安易に派遣に決めずに、失業保険や派遣のデメリットについても、理解しておく必要がありますよ。

求人のイメージ
結婚を機に正社員を退職した主婦に派遣登録を推奨する理由

正社員がもっとも安定した働き方ですが、女性は結婚を機に転居や挙式準備、あるいは育休取得の難しさなど、さまざまな理由で退職をする方は多いと思います。 僕自身、(男性ですが)これまで3年以上派遣として働い ...

続きを見る

主婦から見る派遣のメリットやデメリット、おすすめの業種・職種についてや、シングルマザーの派遣利用についての記事になります。

女性におすすめ派遣会社 ↓ ↓

営業マン前田
年々派遣を取り巻く環境は厳しくなっているように思えます。

特に登録型有期雇用派遣では長期で仕事を継続していくことは困難です。

今後は長期で派遣を継続していく為には常用雇用型スタイルの派遣会社を選択し、将来ビジョンを見据えて働くように心がけないといけません。

その点で言えば派遣会社の選択が重要になってきます

-派遣で働く

Copyright© 派遣タカラ島 , 2020 All Rights Reserved.