40代におすすめの派遣会社ランキング

40代から派遣やパートでお仕事を始めようとしても、なかなか条件に合わずに苦戦する方は多いと思います。

派遣会社がいくらプッシュしようとしても、派遣先から若い人材を求められたら、紹介してもらえる機会が減っていくからです。

永井
ドラマ「ハケンの品格」の篠原涼子(役:大前春子)のように、スキルを高めて自分の理想とする人生を歩んでいければいいのですが、現実はそううまくいかないんですよね。

営業マン前田
我々派遣営業マンとしては、キャリアや高いスキルのあるスタッフさんにはとくに働いて頂きたい気持ちが強いのですが…採用決定権はあくまでもクライアントである派遣先にあるので、難しいところもありますね。

では、派遣は40代を超えると年齢制限がかかり、派遣で働くことはできないのか?といえば、答えはNOです。

ここでは、40代派遣の厳しい現実を乗り越えるために必要な知識やコツと、おすすめ派遣会社について解説します。

40代おすすめ派遣会社をみる


派遣に年齢制限はない

派遣に年齢制限がないことは、法的な観点、また労働者数のデータからも明らかです。

事業主は労働者の募集及び採用について、年齢に関わりなく均等な機会を与えなければならないこととされ、年齢制限の禁止が義務化されました。

引用元:募集・採用における年齢制限禁止について | 厚生労働省

まず、厚生労働省は、求人募集の条件に年齢を設定することを禁止しています。
たとえば、「30歳未満の女性スタッフ募集」といった条件はNGということですね。

求人の年齢制限禁止ルールは、派遣だけではなく、正社員やアルバイト等すべての雇用形態で適用されます。

次に、派遣労働者の年齢層について調べてみたところ、40代以降の派遣スタッフが働く割合が高いことが分かりました。
下表をみてください。

派遣スタッフの年代 割合
30歳未満 26.7%
30~34歳 29.1%
35~39歳 21.9%
40歳以上 22.2%

出典:はたらこねっと

上表は、派遣ポータル求人サイトはたらこねっとが集計したアンケートデータによるものです。
40歳以上で働く派遣スタッフは全体の22.2%を占めていますし、幅広い年代が派遣で働いていることがわかりますね。

45~54歳の派遣労働者数-総務省労働力調査

※タップして拡大

出典:総務省

続いて、上のグラフデータをみてください。
これは、総務省が公表したデータで、平成25年度から令和元年までの45歳以上の労働者数の推移を表しています。

このグラフデータから、40代以上の労働者数は右肩上がりに増えてきていることも読み取れますね。

永井
これらのデータから、当サイトでは40代以降でも派遣で十分働けると判断しています。

営業マン前田
少子化に伴う超高齢化社会の流れは止められませんから、派遣業界で働く年代も徐々に中高年齢層が増えていくことは間違いないでしょう。

↑ 目次へ戻る ↑

派遣登録に年齢制限はなし

ここからは、具体的に40代で派遣登録はできるのかどうか?について解説しますね。
40代でも、派遣登録に申し込んで断られるケースはまずありません。

なぜなら、派遣会社としては、つねにクライアントである派遣先企業からの要望に応えられるよう、派遣先登録スタッフを保持しておくことが大事だからですね。

何より、登録スタッフが増えても人件費などコストがかさむわけではないため、派遣会社にとってはリスクがありません。

お仕事紹介には年齢制限はある

40代でも派遣登録は問題なくできると解説しました。
しかし、誰でもお仕事の紹介を受けられるかどうかでみると、話は変わってきます。

もちろん、法的な観点から言えば、派遣担当営業マンが年齢を理由にお仕事紹介をしないのは違反行為ではあります。

しかし、現実問題として、派遣先企業からの要望にマッチする人材を派遣するのが、派遣会社の仕事です。
たとえば、会社の受付嬢なら若い女性を求めるでしょうし、逆に経験値の高い秘書業務などは、むしろ40代以降のエキスパートを求めるケースもあるでしょう。

派遣法では、派遣先から紹介して欲しい派遣スタッフを特定する行為は禁止されているものの、性別や年齢くらいの要望は派遣会社に伝えていると考えて間違いありません。

永井
現に、筆者も派遣担当営業マンを通じて、「派遣先は30代半ばくらいの男性を希望している」といった話を聞かされた経験があります。

つまり、40代でもある程度のキャリアや実績のある派遣スタッフなら、派遣先の求める人物像とマッチさえすれば、お仕事は紹介してもらえるということです。

しかし、繰り返しますが、これまで社会人としてのブランク期間が長かったり、キャリアや実績がなく年を重ねてきた方は、本腰を入れてたくさんの大手優良派遣会社に登録するなど、努力していかないと厳しいでしょう。

↑ 目次へ戻る ↑

40代派遣の厳しい現実を乗り越えるために必要なこと

これまでに、40代でも派遣登録は問題なくできるものの、お仕事が見つかるかどうかは、個々の経験やスキルによって左右されることを解説してきました。

恐らく、就業意欲が高く派遣に登録をしたものの、仕事がまったく紹介されずに日々困っている40代の方は多いのではないでしょうか。

ここでは、40代で派遣登録したのになかなかお仕事が決まらない方へ向けて、以下4つのチェック項目を作成しました。
この項目すべてをクリアできていれば、少なくとも今よりはお仕事紹介の数は増えていくはずです。

派遣会社は複数登録すべし

基本的に、派遣会社の登録は最低でも3社以上は申し込んでください。
筆者は20社以上登録していますし、もっと登録できればなお良いですね。

基本的には、当サイトでご紹介している大手の優良派遣会社に絞って、登録者数を増やしていけば、自然とお仕事紹介数も増えていきます。
ただし、登録するのは実績と資本力のある大手に絞ってください。

永井
筆者は、地元新潟でたくさんの派遣登録を繰り返したものの、まともにお仕事の紹介があったのは「スタッフサービス」「マンパワー」「ヒューマンリソシア」などがほとんどでした。

中小派遣会社は、登録しても何の連絡も来ないのもザラで、無駄な時間を過ごしたなと思います。

↑ 目次へ戻る ↑

ご自身の得意分野を生かす

これまで登録した派遣会社から紹介がない場合、そもそも希望する職種求人を取り扱っていなかったり、ご自身の職歴やスキルを生かせない求人にエントリーしているなどのミスマッチが発生している可能性があります。

たとえば、いくら優秀な事務職スキルを持つ派遣スタッフでも、登録した派遣会社が「日総工産」や「日研トータルソーシング」といった製造・工場系の求人ばかりだと厳しいということですね。

また、派遣会社は一度お仕事を紹介してもらったら終わりではなく、長期間働き続けることで評価が高まることも重要なポイントです。

永井
カンタンに言えば、派遣会社と仲良くなることも大切だということですね。

営業マン前田
確かに、派遣会社としても、いざ派遣先へ紹介する人材を選出するときに重視するのが、これまでの就業実績なのは間違いありません。

できることなら、同じ派遣会社の紹介で働き続けるのが理想ですね。

↑ 目次へ戻る ↑

未経験者は採用されやすい業界や職種を選ぶ

これまで、40代以降の方は派遣会社にこれまでのキャリアやスキルをアピールすることをお話してきました。

しかし、これまで家事や育児をやってきたため、社会人としてのブランク期間が長い方などもいらっしゃると思います。

いわゆる未経験者に該当する方は、経験不問で誰でもエントリーできる職種を選ぶことがポイントです。

たとえば、コールセンターは、若年層よりむしろ40代以降の中高年齢層が重宝される派遣先も珍しくありません。
座り仕事ですし、基本的に声だけでお仕事をするわけですから、年齢はハンデにならないんですね。

工場や製造系のお仕事に関しても、基本的に指示された内容を反復するだけの業務内容が多いため、未経験者にはおすすめです。
ただし、体力的な問題や人間関係が希薄な派遣先が多い一面もあります。

↑ 目次へ戻る ↑

希望就業条件を緩める

希望就業条件とは、「残業の有無」「通勤時間(距離)」「就業可能日数」といった項目のことです。

たとえば、駅チカで電車通勤の希望条件だった方が、自動車免許を取得して、車で郊外まで通勤可能な条件にすると、お仕事が見つかる可能性は一気にアップします。
残業なども、絶対にできない派遣スタッフより、週4~5時間までなら可能といった柔軟性があった方が、派遣会社としても紹介しやすいところがあります。

では、すべての項目を緩和すればお仕事が見つかりやすいかといえば、答えはNOです。

働く自信のない職種まで希望に入れたり、本当は家庭の事情があるのに無理に残業できると答えてしまうと、後々必ずひずみが生じて息切れしてしまうからです。

希望就業条件を見直すとき、優柔不断でなかなか決められない方は、まず自分が譲れない優先順位の高い項目を3つ決めましょう。

優先順位の高い項目例

  • 残業は月10時間まで
  • 希望職種は事務職全般に絞る
  • 通勤時間が1時間以内の派遣先を探す

営業マン前田
派遣会社の担当営業マンからしても、明確な目標や希望条件を提示している派遣スタッフの方が取り扱いやすいため、優先順位から決めることはとても大切です。

↑ 目次へ戻る ↑

40代派遣スタッフについて、派遣先はどう評価しているのか?について、インタビューをこちらの記事にまとめていますので、あわせてご覧ください➡ 40代派遣でお仕事が決まらない

40代女性から見る派遣とパートの違い

40代で派遣で働く方の中には、家事とお仕事の両立を考える主婦層も多いと思います。
そうなると、派遣とパートのどちらで働くべきか、迷ってしまいますよね。

正直、派遣とパートのどちらが良いかは一概には言えません。
ここまでお読み頂けた方はお分かりかと思いますが、希望就業条件はそれぞれ違うためです。

派遣とパートどちらにするか検討したい方は、以下の記事に比較内容をまとめていますので、よろしければご活用ください。

もっと詳しく➡ 派遣とパートの比較

↑ 目次へ戻る ↑

40代におすすめ派遣会社ランキング

40代から登録する派遣会社の探し方に関しては、とくに違ったやり方はなく、大手の優良派遣会社を選ぶようにしてください。

筆者は30代半ばから派遣で働き始めましたが、大手の優良派遣会社に関しても、ほぼすべて登録利用の経験があるので、取り扱っている求人や口コミ・評判、サポート体制は良く分かっています。
ここでは、その経験を生かして、皆さまに登録をおすすめしたい優良派遣会社ランキングをご紹介します!

第1位.テンプスタッフ

テンプスタッフオンライン登録手続き

\テンプスタッフのココがスゴい!/

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかるのは間違いありません。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあるので、どなたでもお手軽に利用ができますね。

掲載求人数
サポート力
評判・口コミ
↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.パソナ

パソナlp

\パソナのココがスゴい!/

パソナは、「派遣満足度調査」において、7回連続口コミ人気ランキング一位を獲得した実績があり、「またパソナで働きたい」と再就業を希望する派遣社員が多い特徴があります。

パソナは、女性の社会進出・推進に力を入れている大手の優良派遣会社なので、人気の事務職全般の求人紹介が得意な特徴があります。

掲載求人数
サポート力
評判・口コミ
↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.スタッフサービス

オー人事スタッフサービス

\スタッフサービスのココがスゴい!/

「オー人事」のCMでお馴染みのスタッフサービスは、事務職全般の求人数は国内トップクラスなので、事務員希望の求職者から多くの支持を集めている派遣会社です。

仕事紹介から就業が決まるまでのマッチングスピードに定評があるため、これまで他社に登録してもなかなか仕事が決まらなかった方は、一度スタッフサービスへ登録をしてみてください。

掲載求人数
サポート力
評判・口コミ
↓ 公式サイトをみてみる ↓


「正社員として事務員を目指したい」と希望される方も、ご安心ください。
スタッフサービスでは、若年層を対象とした転職支援「ミラエール」制度を導入しています。

ミラエールとは

スタッフサービスには『ミラエール」という20代の若年層を対象とした就業支援制度がある。
常用型という無期雇用で働ける制度なので、一般派遣よりも安定度が高い。

PCスキル・職種別研修制度なども充実しているため、未経験から事務職を目指したい方におすすめの制度。

第4位.ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、派遣社員に人気の事務職、地方求人に強い工場・製造系、日雇いで働ける単発求人など幅広い条件でお仕事を募集しているのが特徴です。

とくに工場・製造系求人に関しては、他社と同案件でも時給金額が高く設定されていることもあるため、全国ほとんどに拠点があるので、自宅から近い方は登録をしておいてソンはありません。

掲載求人数
サポート力
評判・口コミ
↓ 公式サイトをみてみる ↓


第5位.マンパワーグループ

マンパワーグループ

マンパワーグループは、アメリカ発祥の創業50年を超える、日本で最初に設立された派遣会社です。

マンパワーグループには、直接雇用が目指せる紹介予定派遣求人が多いため、転職志望の方は登録しておくといいでしょう。

掲載求人数
サポート力
評判・口コミ
↓ 公式サイトをみてみる ↓


第6位.テクノサービス

テクノサービス

テクノサービスは、工場系求人に特化している大手人材派遣会社です。

筆者も登録していますが、長期・短期問わずお仕事紹介の数とスピードは他社よりも優れているのが大きな特徴です。
職歴やスキルに自信が持てない中高年齢層の方でも、未経験から働ける求人がたくさんあるので、安心して登録してください。

掲載求人数
サポート力
評判・口コミ
↓ 公式サイトをみてみる ↓


↑ 目次へ戻る ↑

スーツ姿の女性43

40代派遣

40歳から派遣で働けるのか

2020/4/4    

派遣会社への登録は基本的に誰でも出来ますが、年齢を重ねるごとに仕事が決まらず待機期間を過ごす可能性も高まります。派遣登録をする一番多い年齢層は30代と40代です。そこで、40歳以降の高年齢層が派遣で働 ...

40代で職歴もスキルも実績もない人

40代派遣

40代でスキルも資格も経験もない派遣社員の特徴

2020/4/4    

僕は派遣歴3年以上ありますが、その間色々な派遣先を転々としてきました。 その期間で、色々な派遣スタッフとお会いしました。僕は30代後半ですが、意外?にもお会いする人は自分より年上の人が多く、40代~5 ...

派遣顔合わせの自己紹介・職歴・退職理由について

40代派遣

エルダー派遣とは?分かりやすく解説します!

2020/4/4    

ここでは、エルダー派遣について、「何歳からエルダーなのか?」「ヤングやミドル、シニアは何歳?」といった、よくある疑問にお答えするとともに、エルダー世代に強い、おすすめ派遣会社を提案いたします。 エルダ ...

ヘルプ・サポートイメージ

40代派遣

派遣とハローワークの徹底比較!サポート力はどちらが上か

2020/4/4    

ハローワークに一生けん命マジメに通っているのに、なかなかお仕事が決まらないことはないでしょうか? 確かに、ハローワークは地元企業求人がもっとも集まる媒体であり、お仕事探しには不可欠な機関ではありますが ...

40代で仕事が決まらず落ち込む男性

40代派遣

40代で派遣登録しても仕事が決まらない原因と対策

「40代で派遣でも仕事が決まらない」 こんな悩みを抱える方は、年齢がネックとなって採用されないのではと不安を感じていることでしょう。 確かに、「35歳の壁」などと流行語が示すように、年齢を重ねるほどお ...

にらむ女性

40代派遣

40代で派遣へ転職した後に待つ厳しい現状

「40代で派遣」いわゆるエルダー世代で働く派遣の人たちは、皆一様に正社員へ転職するときに苦労します。 これは、派遣歴が20~30代から長く続いていればいるほど、その苦労は増大する傾向にあります。派遣へ ...

Copyright© 派遣タカラ島 , 2020 All Rights Reserved.