常用型派遣とは

WDB株式会社経由で常用型派遣として契約した体験談【茨城在住40代女性M.Yさん談】

2019年8月2日

ここでは、WDB株式会社へ登録された、茨城在住40代女性の体験談をシェアします。
今後、研究職関係の就職・転職をご検討されている方のご参考になれば幸いです。

自己紹介

現在私は、WDB株式会社に入社後、常用型派遣(※以下、正社員型派遣)にて「ラボ作業」の仕事に従事しております。
ラボ作業とは、いわゆる実験や分析に関わるお仕事です。

WDBは、理系の仕事に特化した派遣会社です。
私は前職でも化学分析等の業務に従事しており、縁あって現在の会社に就業しました。希望通り自宅からの通勤できる職場で充実した毎日を送っております。

入社のきっかけ

私は、過去にWDBに登録していましたが就業経験はなく、別会社で化学分析の仕事をしておりました。

諸事情により会社を退職後は、WDBを含め、いくつかの派遣会社を利用して求職活動を開始しました。

ハローワークを利用しなかったのは、分析関係の仕事があまり掲載されていないためです。
ですので、最初からいくつかの派遣会社を通して求人応募をしたり、以前に登録していたWDBに記録されている登録データを更新していました。

人材派遣会社へ登録後、しばらく時間が経ってから求職活動を始める場合、派遣会社のホームページ上で開設したマイページから、職歴や取得した資格など、新しい情報に更新すると、仕事紹介が受けやすくなるメリットがあります。

あるとき、WDBのコーディネーター(※仕事紹介をする担当の方)さんから「正社員型派遣に興味はありませんか」と声掛けがありました。
話を聞いてみると、正社員型派遣というのは、「転勤型」「転勤しないスタイル」の2パターンから選べるようです。
就業先によっては、研修センターにて分析機器の研修等もあるとのこと。

正社員型派遣は、通常の派遣と違い月給制です。
安定した雇用環境に安心感とともに、大きな魅力を感じました。

私の年齢や経験を考えると、この先就業がどんどん厳しくなると考えていましたので、これも何かの縁だと思い、選考に挑戦してみようと思いました。

選考

まず履歴書と職務経歴書を作成します。
今までやって来た事を自分なりに詳細に記入しました。

書類審査と面接

提出した後、書類審査と面接があります。
面接では、提出書類をもとに、これまでどんな事をやってきたのか、どれくらいのレベルでできるのか、事細かく面談形式で確認がありました。

自身のスキルレベルに不安な部分もあったのですが、面接ではかなり詳細まで話ができたので、安心できました。

私は、自分の希望や就業希望条件については、

「経験年数はあるものの分析機器には疎いが機会があれば挑戦したい」
「残業は全く問題ない」

と正直にお話ししました。

面接では、選考前にも聞いていましたが、あらためて正社員型派遣の仕組みや詳細について説明もありました。

  • 正社員
  • 正社員型派遣
  • 一般的な派遣社員

それぞれ雇用形態別のメリットデメリットや、

  • WDBの地域や職種レベルによる採用区分について
  • 給与体系について
  • 自分が入社した場合はどの位置であるか

など、質問も数多くさせて頂きましたので双方のすり合わせが出来たと思います。
面接はしっかり時間をかけて話す良い機会となりました。

最初は就業経験の無い派遣会社だったので多少不安な気持ちもあり、就職の選択肢の一つとして考えていましたが、安心できる会社だと感じたので、WDBでの就業を優先させたいと考えたのもこの時です。

筆記試験と実技試験、研修

次に、筆記試験と実技試験がありました。
筆記・実技合わせて半日程度ですし、基礎が出来ていれば問題ありません。

筆記試験の問題は回収されてしまいましたので記憶の限りとなりますが、基本的な問題と専門分野別の問題で構成されていました。
高校の化学や生物の試験内容のような感じで、例えば濃度計算などの簡単な計算問題や、化学式などが出題されました。

実技試験についても、「ビーカー」や「メスシリンダー」「ピペット」など、あくまでも基本的な器具の使用について行いました。

研修は、基本的なビジネスマナーや、安全衛生に関する研修を受けます。
こちらも半日程度かかったと記憶しています。

数日後に、無事に選考に通過したとの連絡を受けました。
しかし、正社員型派遣は一般的な転職活動とは違い、まだ安心はできません。

就業まで

入社してから、派遣先(配属先)が決まるまでの流れは、以下のようになります。

  1. 自分のスキルにマッチした派遣先をコーディネーターさんより紹介してもらう
  2. コーディネーターさんと共に、派遣先へ見学・顔合わせを行う
  3. 双方(派遣社員・派遣先企業)の合意があれば就業決定

選考に通り、WDBに入社が決まったとはいえ、WDBから派遣先(配属先)を紹介してもらえるまでは、就業スタートできませんし、無給のまま待機となります。
ですので、一社目の派遣先が決まるまでは、WDBには拘束力はなく、他で就職活動をしても問題はありません。

一度、配属先が決まれば、就業スタート日が決定すると共に、WDB入社日が確定します。
その後は、会社都合で派遣先が変わったとしても、その間の待機期間は月給制なのでお給料が出ます。

今回私の場合は、いくつか選考の時点で派遣先候補があり、その中で選定された一社目が落ちてしまいました。

一社目を断られてから、10日程度で現在の会社の紹介がありました。

入社にあたって行った筆記試験の結果も派遣先へのアピール材料としながら、見学やお話しもさせて頂き、十分に自分のアピールが出来たと思います。
結果、二社目にして就業が無事決定しました!

私の場合は、正社員型派遣に申し込みから就業先決定まで、約一ヶ月半かかりました。
就業開始日までの事務的な準備もスムーズであり、開始後もしばらくはコーディネーターさんから頻繁に連絡をもらい、フォロー体制は万全であると感じています。

一社目がダメだったのは残念でしたが、総合的にWDBさんを利用して良かったと思いますね。
幸い就業先では困ることも無く現在に至ります。

M.Yさんが利用した派遣会社サイトはこちら⤵

僕も大手派遣会社に複数登録をしてから高時給の案件を紹介して頂けるようになりました。これから派遣で働くという方は、下記の派遣会社には是非登録をしておきましょう!

第1位.アデコ【紹介予定派遣に強い】

アデコ

大手派遣会社「アデコ」は、紹介予定派遣求人に強く、就業支援に強い特徴があります。

世界60ヶ国の国と地域に、約5,000ものネットワークを保有する世界業績ナンバー1のアデコだからこそ、自信を持ってオススメします。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第2位.テンプスタッフ【国内業績トップクラス】

日本国内でトップクラスの求人数・拠点数・職種数が魅力のテンプスタッフなら、人気の事務系求人を中心に希望の仕事が見つかる可能性がアップするでしょう。

日本全国で求人を取り扱っており、拠点が豊富な上、来店不要のオンライン登録システムもあります。

↓ 公式サイトをみてみる ↓


第3位.パソナ【キャリアアップ&スキルアップ制度が充実】

パソナlp

これまでに7連続口コミ人気ランキング一位獲得をされている、創業から40年の実績あるパソナ。

女性の社会進出・推進に力を入れている大手企業ですので、オススメです。

↓ 公式サイトをみてみる ↓

4位.スタッフサービス
国内でオフィス系求人数トップクラスの「スタッフサービス」は外せない大手。派遣だけでなく、紹介予定派遣や職業紹介による就業支援も可能であり、長期的なキャリアプランを立てられるところが大きな魅力。

5位.ランスタッド
世界規模で実績のある大手。主にオフィス系と製造系の求人を取り扱う。単発求人も豊富な為、学生なども利用しやすい。

6位.マンパワーグループ
マンパワーグループはアメリカ発祥の創業50年を超える老舗派遣会社。転職者・復職者向けのキャリアカウンセリング制度に力を入れており、登録者の希望に沿ったアドバイスを行っている。

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

!(^^)! ブログランキング参加中!
ポチっと応援お願いします!!

-常用型派遣とは

Copyright© 派遣タカラ島 , 2019 All Rights Reserved.